トップページへ

コミュニティファーマシー  [Community Pharmacy]

開講情報
4年次 後期 薬学科:1.5単位 必修
担当教員
准教授 恩田 光子    
備考
授業の目的と概要
 本科目における講義は、「実務実習モデル・コアカリキュラム」のうちの「実務実習事前学習」で示されている講義項目の一部を構成する。地域における薬局の役割、具体的業務内容はもとより、コミュニケーションに関する資質向上をめざす。
●一般目標(GIO)
 コミュニティファーマシー(地域薬局)のあり方と業務を理解するために、薬局の役割や業務内容、医薬分業の意義、セルフメディケーションに関する基本的知識と、それらを活用するための基本的態度を修得する。
授業の方法
テキストと適時配付するプリントに沿って講義を展開する。
●準備学習や授業に対する心構え
網羅すべき範囲に比べ、講義時間が限られているため、講義中に十分説明できなかった部分や確認しておくよう指示した事項については、教科書や資料を用いて自習に努めること。
●オフィス・アワー 
随時(B棟3階 臨床実践薬学第二研究室)
成績評価法
定期試験、出席状況および毎回の講義終了時に行う確認テストに基づいて評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『薬局調剤の基本』 上村直樹 他 羊土社
『薬局管理の基本』 上村直樹 他 羊土社
参考書
書名 著者名 出版社名
『薬学生のための薬剤経済学』 恩田光子 他 廣川書店
『よくわかる薬局開設の手引き』 秋葉保次 他 薬事日報社
授業計画
項目 授業内容
1 地域薬局の役割 @地域薬局の役割を列挙できる。
A学校薬剤師の役割を説明できる。
休日/夜間体制、教育活動、災害時活動
薬局の機能と地域連携
2 医薬分業 @医薬分業のしくみと意義を概説できる。
A医薬分業の現状を概説し、将来像を展望できる。
Bかかりつけ薬局の意義を説明できる。
3 薬局及び薬剤師と倫理 @薬局の形態及び業務運営ガイドラインを概説できる。薬剤師に関わる倫理規定薬局開設・薬局調剤・守秘義務等に関する規定、薬局開設者と管理薬剤師の役割と遵守事項 等
4 保険調剤(1) @保険薬剤師療養担当規則及び保険医療養担当規則を概説できる。
保険薬局と保険調剤
5 保険調剤(2) 保険調剤の流れとその内容
6 保険調剤(3) 服薬指導と薬歴管理
@服薬指導の意義を法的、倫理的、科学的根拠に基づいて説明できる。
薬歴管理の意義とその概要
7 リスクマネジメント @薬剤師業務の中で起こりやすい事故事例を列挙し、その原因を説明できる。
A誤りを生じやすい投薬例を列挙できる。
薬剤師業務での事故事例とその原因
特に注意を要する薬剤
調剤過誤防止の考え方
8 医薬品管理 @医薬品の流通のしくみを概説できる。
医薬品の生産と流通、薬局における在庫管理、品質管理
A薬局製剤の意義、調整上の手続き・品質管理などについて説明できる。
9 情報管理 患者情報、医薬品情報等の収集・管理
10 コミュニケーション 患者さんとのコミュニケーション
チーム医療に必要なコミュニケーション
11 調剤報酬 @調剤報酬および調剤報酬明細書(レセプト)について説明できる。
12 在宅医療 在宅医療及び居宅介護における薬局と薬剤師の役割を説明できる。
13 セルフメディケーション @地域住民のセルフメディケーションのために薬剤師が果たす役割を討議する。
A主な一般用医薬品を列挙し、使用目的を説明できる。
B漢方薬、生活改善薬、サプリメント、保健機能食品について概説できる。
▲PAGE TOP