トップページへ

臨床薬物動態学  [Clinical Pharmacokinetics]

開講情報
4年次 後期 薬学科:1.5単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 掛見 正郎 教授 田中 一彦 准教授 井尻 好雄
講師 宮崎 誠    
備考
授業の目的と概要
 薬物治療では、適切な診断に基づき治療薬が選択され、患者に適した投与方法や投与量が決定される。しかし、その治療効果は患者毎に異なるため、患者の様子を観察しながら投与量などを調節しなくてはならない。このとき、薬剤師に求められるのは、薬物の体内動態と患者の生理的および病理的変化との関係に基づき投与方法や投与量を変更できる能力である。
 臨床薬物動態の概念は、個々の患者における客観的かつ合理的な薬物治療、すなわちテーラーメイド治療を遂行する上で薬剤師をはじめ医療関係者に必要であるばかりでなく、治験(第I〜III相臨床試験)における薬物動態を適切に解釈、推測する上で臨床開発従事者にも欠くことができない。
 本講座の前半では、薬物動態と薬理効果との速度論的解析、集団における薬物動態の解析と個別の体内動態の推定(ポピュレーションファーマコキネティクス:PPK)、薬物による時間治療について解説する。後半では、治療的薬物モニタリング(TDM)および薬物動態と薬理効果・重篤副作用や薬物相互作用との関連性について事例をあげ解析することで、臨床薬物動態の基礎理論から実際の臨床応用までを学ばせるものである。
●一般目標(GIO)
 薬物治療の個別化に関する基本的知識を習得し、個々の患者に応じた投与計画の立案を目指す。
授業の方法
教科書あるいはプリント等を用いた講義形式で行う。必要に応じてパワーポイントを用いることもある。
●準備学習や授業に対する心構え
PPKの分野では、統計学的理論に基づいた内容が非常に多くなる。授業までに「数理統計学」(2年生科目)と「生物統計学演習」(3年生科目)の復習は必須である。
【キーワード】
数理統計学分野) 平均と分散、母集団と母集団分布、推定値、正規分布、カイ二乗分布、帰無仮説、対立仮説、棄却域、有意水準、確率変数、確率分布、確率密度関数、最尤原理
生物統計学演習分野) 相関、回帰曲線
●オフィス・アワー
前半) B棟2階/薬剤学研究室(月〜金の10:00〜18:00 但し会議等で不在のときもあります)
後半) B棟2階/臨床薬剤学研究室(月〜金の16:30〜17:30 但し会議等で不在のときもあります)
成績評価法
定期試験・課題演習ならびに出席状況より総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
前半) 『広義 薬物動態学』 掛見正郎 (編集) 京都廣川書店
後半) 『実践処方例とその解説』 田中一彦・井尻好雄・荒川行生 (監修) じほう
授業計画
項目 授業内容
1 ファーマコダイナミックス1 薬物体内動態と薬効・バイオマーカーの関係を説明できる。直接反応モデルを説明できる。
2 ファーマコダイナミックス2 間接反応モデルを説明できる。
3 PPKの理論 集団の解析法を説明できる。
NONMEM法における個体間変動と個体内変動の考え方を説明できる。
4 PPK解析1 データセットおよびコントロールファイルの内容、解析の手順を説明できる。
5 PPK解析2 共変量の探索からファイナルモデルの構築までの方法を説明でき、解析結果を理解できる。
6 PPK解析3 解析結果のバリデーション方法を説明できる。
ベイズ推定法を説明できる。
7 時間薬理学と時間治療 生体リズムおよび生体リズムを考慮した薬物の用法について説明できる。
8 TDM総論 治療的薬物モニタリング(TDM)の意義を説明できる。
9 TDMと薬物相互作用(吸収) TDMと薬物相互作用(吸収)に関して説明できる。
10 TDMと薬物相互作用(分布) TDMと薬物相互作用(分布)に関して説明できる。
11 TDMと薬物相互作用(代謝) TDMと薬物相互作用(代謝)に関して説明できる。
12 TDMと薬物相互作用(排泄) TDMと薬物相互作用(排泄)に関して説明できる。
13 TDMと薬物副作用の考え方 重篤副作用とその初期症状に関して説明できる。
▲PAGE TOP