トップページへ

衛生薬学4  [Hygienic Sciences 4]

開講情報
3年次 後期 1.5単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
教授 天野 富美夫 ☆ 教授 三野 芳紀  
備考
授業の目的と概要
 疾病を予防し、健康を保持増進し、人類としての肉体的、精神的、社会的能力を最高度に発揮させるための自然科学および社会医学原理を学び、実施に適応する科学、技術を修得する。そのためにはわが国の疾病構造の変遷を理解し、その要因の解明と対策の樹立について予防医学的視点から広く学習する。
 また我々を取り巻く自然環境、人工環境、労働環境などにおける諸問題に関して知識を深めるとともに、健康影響を正しく把握し、評価するための免疫学的考察力を修得する。さらに包括的な生活の場である地域社会における個人と集団の特性を公衆衛生学的手法により認識し、将来薬剤師として必要な基礎的な理論と技術を修得する。
●一般目標(GIO)
 社会における集団の健康と疾病の現状及びその影響要因を把握するために、保健統計と疫学に関する基本的知識、技能、態度を習得する。
 公衆衛生の向上に貢献するために、感染症、生活習慣病、職業病についての現状とその予防に関する基本的知識、技能、態度を習得する。
授業の方法
主に教科書、参考書、プリントなどを用いて講述する。
●準備学習や授業に対する心構え
予習、復習を行うとともに、新聞、放送などで報道される関連記事には常に興味をもっておくこと。
●オフィス・アワー 
三野: 平日の午後4:30以降、ただし、(月)と(木)は会議のため不在の可能性あり。B棟5階環境分析学研究室
天野: 平日の昼休み12:20〜13:00、B棟3階生体防御学研究室
成績評価法
定期試験、授業への出席状況、中間テストなどを総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『考える衛生薬学』 菅野三郎 他 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『国民衛生の動向』 厚生統計協会 (編) 厚生統計協会
『労働衛生のしおり』 厚生労働省労働基準局 (編) 中央労働災害防止協会
『衛生薬学』 石井秀美、杉浦隆之 他 朝倉書店
『食品衛生学』 菊川清見、那須正夫 (編) 南江堂
授業計画
項目 授業内容
1 保健統計1 集団の健康と疾病の現状を把握する上での人口統計の意義を概説できる。
人口静態と人口動態について説明できる。
国勢調査の目的と意義を説明できる。
2 保健統計2 死亡に関するさまざまな指標の定義と意義について説明できる。
人口の将来予測に必要な指標を列挙し、その意義について説明できる。
人口の将来予測に必要な指標を列挙し、その意義について説明できる。
死因別死亡率の変遷について説明できる。
日本における人口の推移と将来予測について説明できる。
高齢化と少子化によりもたらされる問題点を列挙し、討議する。
3 疫学1 疾病予防における疫学の役割を説明できる。
疫学の3要因(病因、環境要因、宿主要因)について説明できる。
疫学の種類(記述疫学、分析疫学など)とその方法について説明できる。
患者・対照研究の方法の概要を説明し、オッズ比を計算できる。
4 疫学2 要因・対照研究(コホート研究)の方法の概要を説明し、相対危険度、寄与危険度を計算できる。
医薬品の作用・副作用の調査における疫学的手法の有用性を概説できる。
疫学データを解釈する上での注意点を列挙できる。
5 健康と疾病 健康と疾病の概念の変遷と、その理由を説明できる。
世界保健機関(WHO)の役割について概説できる。
疾病の予防について、第一次、第二次、第三次予防という言葉を用いて説明できる。
疾病の予防における予防接種の意義について説明できる。新生児マススクリーニングの意義について説明し、代表的な検査項目を列挙できる。
疾病の予防における薬剤師の役割の役割について討議する。
6 感染症とその対策1 現代における感染症(日和見感染、院内感染、国際感染症など)の特徴について説明できる。
振興感染症及び再興感染症について代表的な例をあげて説明できる。
7 感染症とその対策2
一、二、三類感染症及び代表的な四、五類感染症を列挙し、分類の根拠を説明できる。
8 感染症とその対策3
母子感染する疾病を列挙し、その予防対策について説明できる。
性行為感染症を列挙し、その予防対策と治療について説明できる。
9 感染症とその対策4
予防接種法の定める定期予防接種の種類をあげ、接種時期などを説明できる。
10 生活習慣病 生活習慣病の種類とその動向について説明できる。
生活習慣病のリスク要因を列挙できる。
食生活と喫煙などの生活習慣と疾病の関わりについて説明できる。
11 母子保健、学校保健 母子保健について説明できる。
学校保健及び学校薬剤師の任務について説明できる。
12 老人保健、産業保健1 老人保健の諸問題と対策について説明できる。
産業保健の現状と健康管理について説明できる。
13 産業保健2 主な職業病を列挙し、その原因と症状を説明できる。
▲PAGE TOP