トップページへ

ドイツ語4  [German 4 ]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
教授 加藤 義春    
備考
授業の目的と概要
 ドイツの地理・社会・文化・芸術・歴史にわたって編まれた総合教材を用い、種々のドイツ事情を楽しみながら、中級ドイツ語への橋渡しを目指す。
●一般目標(GIO)
  初級文法の習得を踏まえて、中級程度の平易な文章を読解する力と簡単な日常表現を身につけることを目的とする。
授業の方法
テクストの和訳と文法の反復練習をしながら、確実な読解力を養成する。繰り返し音読することによって、発音を確かなものとする。練習問題を用いて、基本構文からなる簡単な日常表現を身につける。
●準備学習や授業に対する心構え
毎回の予習・復習が、何よりも肝要である。
●オフィス・アワー 
(火)・(木)の12:10〜13:10、不在の場合は(金)の12:10〜13:10、加藤研究室にて
成績評価法
定期試験の成績に平常点(出席状況と報告)も加味して、総合的に評価する。  
教科書
書名 著者名 出版社名
Wissenswerte süber Deutschland (ドイツ=カタログ) T.Oshio, G.Greve 朝日出版社
授業計画
項目 授業内容
1 Hobbies 動詞(規則・不規則)の現在人称変化を正しく活用することができる
2 Sport  名詞の性/格/冠詞の変化/等を正しく用いることができる
3 Literatur  定(不定)冠詞類/人称代名詞を正しく用いることができる
4 Geographie  前置詞の格支配/前置詞と定冠詞の融合形/等を正しく理解できる
5 Musik  主な・形容詞の比較変化/諸用法/形容詞の名詞化を理解できる
6 Schule,Ausbildung,Beruf  主な・再帰動詞(代名詞)/非人称のes/熟語的表現/zu不定詞を理解できる
7 Sprachgeschichte  動詞の過去人称変化/3基本形/重要な不規則変化動詞を正しく用いることができる
8 (Sprachgeschichte)  能動文と受動文/状態受動/等を正しく用いることができる
9 Neue deutsche Geschichte   分離(非分離)動詞/副文(構造)を正しく用いることができる
10 Politik 話法の助動詞とその現在人称変化を正しく用いることができる
11 (Politik) 話法の助動詞の3基本形を理解し、未来の助動詞を正しく用いることができる
12 Religion 完了形(sein支配とhaben支配)を正しく用い、現在完了と過去について理解できる
13 Wirtschaft  関係代名詞と疑問代名詞(それらの構文)を正しく用いることができる
14 Anhang 接続法とその変化語尾を理解できる
▲PAGE TOP

ドイツ語4  [German 4 ]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
教授 濱中 久美子    
備考
授業の目的と概要
1)ドイツ語の文法を駆使して、正確に初級のドイツ語文を読む練習をする。
2)ドイツ語文法の復習をする。
3)ドイツの歴史や文化・現代ドイツの歴史や社会事情を知ってもらう。異文化に接することによって、視野をひろげてほしい。
●一般目標(GIO)
 薬学と関係が深いドイツ語を学ぶことによって、日本とは異なったドイツの歴史や文化に触れ、違いを受け入れる寛容の心と広い視野を養ってほしい。
授業の方法
1)テキストの講読を行う。その際ドイツ語の正しい発音と読みかたの練習をし、1年次に習得した文法の復習をする。
2)各学生にはあらかじめテキストの一部を分担して、授業中に発表してもらい、発表後、その内容をレポートとして提出してもらう。この分担発表は必ず行ってもらう。
3)適時、AV資料を用いて、ドイツの文化・歴史や現代の社会事情などを知ってもらう。
●準備学習や授業に対する心構え
@授業にはできるだけ出席する。
A提出物は期限を守る。
B授業での発表は必ず行うこと。
●オフィス・アワー 
月曜日、木曜日の昼休みと午後、研究室に来てください。
成績評価法
定期試験の成績、出席状況、授業における発表とレポート提出などを総合的に判断して評価する。なお授業時間中の発表は平常点として成績に加味するので、必ず行うこと。
教科書
書名 著者名 出版社名
『改訂版・ニューシステム14(CD付き)』 西本美彦、Angelika Nishimoto 同学社
参考書
書名 著者名 出版社名
特になし
授業計画
項目 授業内容
1 文法の復習 @テキストを用いて、文法知識を生かして読む、書く、聞く、話すのレベルアップを目指す。実際に使える文法を目指す。Aドイツの歴史、社会文化を視聴覚教材を用いて理解し、日本との相違の理由を考え、広い視野をやしなってもらう。
昨年度の文法の復習(接続法II)と練習問題をする。
次回の発表担当者を決定する。今後適時AV資料を用いて、ドイツの社会の実状、歴史、文化などを紹介する。
2 発音練習とSystem1 ドイツ語のアルファベートと発音の練習。簡単な挨拶の練習。テキストを読み、和訳する。練習問題をする。
3 System2 System2のを読みかたを練習し、和訳する。練習問題をする。
4 System 3,4 System3の読み方を練習し、和訳する。System4の読み方を練習する。
5 System 4,5 System4の読み方を練習し、和訳する。練習問題をする。System 5の読み方を練習する。
6 System 5,6 System5の読み方を練習し、和訳する。練習問題をする。System6の読み方を練習する。
7 System 6,7 System 6の読み方を練習し、和訳する。練習問題をする。System7の読み方を練習する。
8 System 7,8 System7の読み方を練習し、和訳する。練習問題をする。System8の読み方を練習する。
9 System 8,9 System8の読み方を練習し、和訳する。System 9の読み方を練習する。
10 System 9,10 System9の読み方を練習し、和訳する。練習問題をする。System10の読み方うを練習する。
11 System10,11 System10の読み方を練習し、和訳する。練習問題をする。System11の読み方を練習する。
12 System11,12 System111,12の読み方を練習し、和訳する。練習問題をする。
13 System13,14 System13,14の読み方を練習し、和訳する。練習問題をする。何らかの都合で授業中の発表ができなかった学生のための予備の発表日とする。またそのほか定期試験の範囲を発表する。
▲PAGE TOP

ドイツ語4  [German 4 ]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 中村 惠    
備考
授業の目的と概要
 日本の薬学の発展に深く関わりのある、ドイツ語という外国語を学ぶことで、異なった考え方、異なった生活様式、異なった文化と出逢い、そのことを通して各自の心のキャパシィティを拡げてもらいたい。
●一般目標(GIO)
 様々なトピックを盛り込んだ、初級文法終了者向けに書かれた、比較的容易なテキストを題材に、読む・書く・聴く・話す、四つの能力のレベルアップを目指す。文法知識の復習も随時行い、使える文法の習得を目指す。またテキストの内容等に関連して、ドイツの歴史・文化にも興味をもってもらいたい。
授業の方法
教科書を用いて、講義プラス演習形式で授業を行う。毎回担当者(3〜4名)を決め、発表してもらい、その内容はレポートとして提出してもらう。視聴覚教材を通して、ドイツの実状・文化も紹介する。
●準備学習や授業に対する心構え
予習・復習は必須。また授業中や復習時には、恥ずかしがらずに大きな声で音読ないし口頭練習をすること。重要な文は時を移さず暗記し、単語を変えて自分自身の表現として使えるようにすること。提出物は必ず期日までに出すこと。
●オフィス・アワー 
基本的に、月曜・木曜・金曜の昼休み(12:10〜13:10)、講師室にて。
成績評価法
出席状況、小テスト、課題の提出、授業中の態度や発表、定期試験の結果などを総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『改訂版・ニューシステム14』(テキスト+CDセット) 西本 美彦、西本アンゲリカ 同学社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 System1 ドイツ語で自己紹介ができる。
2 System2 名詞の格・複数形に注目しつつ、少し長目のドイツ語文が読める。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。
3 System3 定冠詞類・不定冠詞類に注目しつつ、少し長目のドイツ語文が読める。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。
4 System4 動詞の現在人称変化に注目しつつ、少し長目のドイツ語文が読める。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。
5 System5 前置詞に注目しつつ、少し長目のドイツ語文が読める。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。
6 System6 性・数・格による形容詞の変化に注目しつつ、少し長目のドイツ語文が読める。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。
7 System7 動詞の過去形を用いてドイツ語で手紙を書くことができる。
8 System8 現在完了形に注目しつつ少し長目のドイツ語が読める。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。
9 System9 話法の助動詞に注目しつつ、少し長目のドイツ語文が読める。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。
10 System10 少し長目のドイツ語文のなかから分離動詞を拾い上げつつ、文全体の意味を正しく捉えることができる。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。
11 System11 再帰動詞に注目しつつ、少し長目のドイツ語が読める。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。そして現代ドイツ映画を見て、既習のドイツ語を聞き取る。
12 System12 関係代名詞に注目しつつ、少し長目のドイツ語が読める。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。そして前回に引き続き現代ドイツ映画を見て、そこにあらわされているドイツ人の生活様式を自分の文化のそれと比較してみる。
13 System13 受動態に注目しつつ、少し長目のドイツ語文が読める。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。そして前回、前々回に引き続き現代ドイツ映画を見て、そこにあらわされているドイツ人の物の考え方を自分の文化のそれと比較してみる。
14 System14 接続法に注目しつつ、少し長目のドイツ語が読める。またキーセンテンスを用いて自分のことが表現できる。そして3回にわたって見たドイツ映画に関して、監督が伝えようとしているメッセージは何なのかということを自分なりに考えてみる。
▲PAGE TOP