トップページへ

人間と文化4e(ドイツ語・フランス語)  [Humanities 4e (German / French)]

開講情報
2年次 後期 1単位 選択
担当教員
備考
授業の目的と概要
 この講義は2年次前期までに第二外国語(ドイツ語・フランス語)の修得を終えた学生たちに、更なる研鑽を積む機会を提供するために設けられたものである。その目的は、これまでは英語圏、特にアメリカの文献にのみ親しんできた学生たちに、ドイツ語あるいはフランス語の種々の文献に触れ、これまでとは異なる視点から世界を観察し、自らの国を見直すための一つの契機を提供することである。
 西洋文明と一口にいわれているけれども、実際にはそれぞれの国と言語にこれまでの歴史や文化が深く関わりあい、距離的には近くても、場合によっては、大きく異なる考え方をもっていることを知ってもらいたい。そして、現代において各国が当面している問題もまた、長い歴史の中から生まれたものであることを理解し、日本の現状を考えていく契機となることを願う。
●一般目標(GIO)
 医療・薬学関連の世界にすすもうとする学生たちに、世界の人々や文化の多様性を紹介・認識してもらう。さまざまな考え方に接することによって、人間的な成長の糧となる広い視野を持ってもらう。差異によって人を差別しない寛容な心を養ってもらう。
●到達目標(SBOs)
 言語の学習を通して日本とは異質な文化、歴史や社会生活に触れ、自分たちとは異なる世界に興味を持ってもらう。日本とは異なる政治や社会の実情に触れることによって、広い視点で、多様なものの見方を養ってもらう。日本の文化、歴史、社会の実情と比較し、将来の日本のあり方を考えてもらう糧となることを望む。
クラス分けの決定
・学生はシラバスと第1回目の講義を参考に、希望する講義を選択する。
・授業の概要・方法・成績評価法・教科書・参考書等については第1回目の講義で説明する。
担当者一覧
Aクラス Bクラス
濱中教授 
松島教授 
中村非常勤講師  
濱中教授 
松島教授 
中村非常勤講師
人間と文化4e(ドイツ語・フランス語) 開講クラス一覧(クラス)
担当者 テキスト・内容紹介
教授 濱中 久美子 ●授業の目的と概要
 2年前期までに修得したドイツ語の知識を活かして、初級から中級の種々のドイツ語文を文法に従って、正確に読み、理解する練習をし、ドイツ語の読む力をレベル・アップする。民話、ニュース、医学・薬学系のトピックス、あるいは全般的に科学に関するトピックスなどの教材を当方が用意する。その他、視聴覚教材を用いて、ドイツの歴史や文化、現代ドイツ社会についての理解を深める。
@最初の授業で、用意した教材のどれを読むかを受講者と相談の上、決める。一つの教材を最後まで読んでいくことも可能である。 
A受講者は互いに話し合いの上、発表の順番を決定し、発表順に講読を行う。 
B視聴覚教材によって、ドイツの歴史、文化、社会を知り、日本社会との違いやその理由を考えてほしい。その過程において視野を広げ、違った考え方を理解し、受容する心の能力を育ててもらいたい。
●授業の方法
1)最初の授業で用意した教材のどれを読むかを受講者との話し合いによって、決める。いくつかを読んでいくことも、一つの教材を集中して読むことも可能。
2)演習形式で、毎回発表担当者を決めて、授業を進める。
3)視聴覚教材を用いて、ドイツ社会の実情や問題にふれ、日本と比較して考えてもらう。
●準備学習や授業に対する心構え
予習をしてくること。授業にはできるだけ出席すること。授業中は、どんなことでも活発に意見を述べてほしい。
●成績評価法
成績は出席状況、授業での発表とその内容、試験結果などを総合的に判断して評価する。
●教科書
プリントを配付する。
教授 松島 哲久 ●授業の目的と概要
 フランス語をさらに勉強したい学生諸君を対象として、フランス語の素晴らしさ、明晰な論理、思想の豊かさを伝えたい。
 一般目標としては、フランス語を聴き、話し、書くことができ、異文化間コミュニケーションを可能とする能力を身につけることである。
 到達目標としては、フランス語を正確に発音でき、フランス文を辞典を引きながらでも読解できることを目指す。
●授業の方法
こちらが準備したプリントをテキストとして使用して、現代フランス思想のいくつかの文献、時事的な新聞記事を読んで行く。授業は半ば解説、半ば演習形式で行う。
●準備学習や授業に対する心構え
予め日本語の訳をしてもらう学生を指名しておくので、前日までにその訳文を提出してもらう。
●成績評価法
出席、発表、質問への応答、授業最後の時間での筆記試験を総合評価する。
●教科書
プリント
非常勤講師 中村 惠 ●授業の目的と概要
 最初の三回は、ウォルト・ディズニーの映画『シンデレラ』の原作、『グリム童話』の「灰かぶり」をドイツ語で丁寧に読む。読解力を養うとともに、原作のもつ素朴な味わい、また残虐さにも触れてもらいたい。四回目以降のテキストについては受講生との相談で決める。
●授業の方法
どちらかと言えば演習に比重を置きつつ、解説と演習の二本柱で授業を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
予習は必ずしてから、授業に臨むこと。
●成績評価法
出席状況、授業への関与度・発表、定期試験の結果等を総合的に判断して評価する。
●教科書
プリント使用。
▲PAGE TOP