トップページへ

ドイツ語2  [German 2 ]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
教授 濱中 久美子    
備考
授業の目的と概要
 「ドイツ語1」と同じく文法を中心に授業する。初級程度のドイツ語を読めるようにするのが目標である。概要は次のとおり。
1)ドイツ語独特のアルファベートや単語の読み方を習得する。
2)品詞論−動詞類語形変化・名詞類語形変化・不変化詞の説明。
3)文章論−文成分と格の概念・文の構造の説明(単一文と複合文)。 
適宜プリントを配付し、文法の復習をかねて、初級程度のドイツ語文を読んでもらう。その際には正確に読み、発音できるよう練習する。また適時、視聴覚教材を用いて、ドイツの風土、風習などに親しんでもらい、日本との相違を考えてもらう。
 なお「ドイツ語1」と同じく、電子辞書は用いない。従来の辞書(新正書法対応のもの)を購入(あるいは借りるなど)すること。
●一般目標(GIO)
 ドイツ語の最初歩をアルファベートから学ぶ。基本的なドイツ文法を理解し、初級レベルのドイツ語テキストを辞書を用いて、読むことができるようになる。それによって、ドイツ文化圏への興味を惹起し、視聴覚教材を用いて、ドイツ語やドイツ文化圏の社会や文化の理解を深める。
授業の方法
1)テキストの文法内容の説明後、練習問題を解答し、復習する。
2)重要な動詞・冠詞(類)・(代)名詞類などの変化の暗誦を行う。また、復習のため、小テストを行う。
3)適時、問題練習や書き取りなどの課題レポートを出す。
4)ドイツ紹介のため、CD、ビデオなどの視聴覚教材を用いる。
●準備学習や授業に対する心構え
1)授業にはできるだけ出席すること。
2)宿題や課題が出された場合は授業での発表を積極的におこない、提出物は期日を守って提出すること。
3)辞書を調べたり、書く手間を惜しまないこと。
●オフィスアワー
月曜日、木曜日の昼休みと午後に、研究室に来てください。
成績評価法
出席状況、小テスト、課題の提出、平常授業時間中の発表、定期試験の結果などを総合的に判断して評価する。   
教科書
書名 著者名 出版社名
『怖くはないぞドイツ文法』 春日正男・松澤 淳 朝日出版社
参考書
書名 著者名 出版社名
「ドイツ語1」と同じ
授業計画
項目 授業内容
1 ドイツ語の発音と挨拶 ドイツ語の発音の特徴を理解し、未知の単語もつづりを見て、発音できるようになる。挨拶、買い物などができるよう、初歩的な日常会話を習得する。ドイツ語の初級文法の仕組みを体系的に理解する。また、習得した文法知識によって、初級のテキストを読むことができるようになる。ドイツ語圏の社会や文化の理解を深める。
母音と子音の発音、週、12ヶ月、四季、挨拶を習得する。
2 Lektion 1 動詞の現在形の復習と練習問題をする。
sein, habenの暗誦と練習問題をする。今後、適時、視聴覚教材を用いて、ドイツ文化や社会の現実を紹介する。
3 Lektion 2 名詞の複数形の説明と練習問題をする。
4 Lektion 3 命令形の説明と練習問題をする。
5 Lektion 4 指示代名詞、疑問代名詞の説明と練習問題をする
6 Lektion 5 前置詞の説明と練習問題をする。
7 Lektion 6 従属の接続詞、定動詞後置の説明と練習問題をする。
8 Lektion 7 非分離動詞の説明、および分離動詞と再帰代名詞の復習と練習問題をする。
9 Lektion 8 形容詞の名詞用法の説明と練習問題をする。
10 Lektion 9 過去形の変化の説明と練習問題をする。
11 Lektion 10  完了形の復習と練習問題をする。
12 予備日 文法知識を駆使して、初級の簡単なテキストを実際に読む。
13 文法復習と質問の受付 これまでの文法を復習し、定期試験その他についての全般的な質問を受ける。
▲PAGE TOP

ドイツ語2  [German 2 ]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 中村 惠    
備考
授業の目的と概要
 日本の薬学発展に深く関わりのある、ドイツ語という外国語を学ぶことで、異なった考え方、異なった生活様式、異なった文化と出逢い、そのことを通して各自の心のキャパシィティを拡げてもらいたい。
●一般目標(GIO)
 ドイツ語をアルファベートから学び、初級文法の仕組みを理解し、比較的容易なテキストを読めるようにする。またドイツ語圏の文化について理解を深めることもあわせて目標とする。「ドイツ語1」(前期)、「ドイツ語3」(後期)と連携して授業を行う。
授業の方法
 教科書を用いて、講義プラス演習形式で授業を行う。重要な項目については小テストを行う。またビデオ・DVD・CDなど視聴覚教材を通して、ドイツの実状・文化も紹介する。
●準備学習や授業に対する心構え
 授業に出席するだけでは語学は身に付かない。しっかり復習をし、覚えるべき事項は時を移さず速やかに覚えること。また予習の際は練習問題を解答し、授業中に示される正解と照らし合わせ、各自の弱点を早く発見し、その克服を常に心懸けること。提出物は必ず期日までに出すこと。
●オフィス・アワー 
基本的に月曜・木曜・金曜の昼休み(12:10〜13:10)講師室にて。
成績評価法
出席状況、小テスト、課題の提出、授業中の態度や発表、定期試験の結果などを総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『怖くはないぞドイツ文法』 春日正男、松澤 淳 朝日出版社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。なお独和辞典は、新正書法対応のものを購入すること。電子辞書は便利さに負けて単語を覚えなくなるので、避ける方が賢明。
授業計画
項目 授業内容
1 ドイツ語のアルファベートと発音(2) 子音を正しく発音できる。
未知の単語も綴りを見て発音できる。
2 第1課(1) seinとhabenの現在人称変化を覚え、平叙文および疑問文における動詞の位置について説明できる。
3 第2課(2) 定冠詞および不定冠詞を性により、数により、また格により変化させることができる。
4 第3課(2) 三種類の二人称に対して命令文を作ることができる。
5 第4課(2) 指示代名詞を性・数・格により変化させ、正しく用いることができる。また何を尋ねるかにより、疑問代名詞を使い分けることができる。
6 第5課(2) 前置詞の格支配を習得し、正しく使うことができる。
7 第6課(3) 並列の接続詞と従属の接続詞を正しく使うことができる。
8 第7課(2) 再帰動詞を含む文の意味を正しく捉えることができる。また自分でも再帰動詞を使った表現ができる。
9 第8課(1) 形容詞の性・数・格による変化を正しく理解し、自分でも正しく使うことができる。
10 Anhang 100までの基数・序数に関して、年号月日に関して、そして時刻に関して正しく言えて書ける。
また聞いた際、文章中にあらわれた時、正しく理解することができる。
11 第9課(2) 動詞の過去基本形を正しく人称変化させることができる。
12 映画鑑賞(2) 現代ドイツ映画をビデオあるいはDVDで鑑賞し、そこにあらわされているドイツ人の生活様式、物の考え方等を自分の文化のそれと比較する。
13 まとめ 復習と練習問題をすることで、これまで学んできたドイツ語文法の知識をより一層確実なものとする。
▲PAGE TOP

ドイツ語2  [German 2 ]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 桝矢 桂一    
備考
授業の目的と概要
 ドイツ語文法の基本的知識を習得し、ドイツ語を読む事が出来るようになることを目指す。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」(共に前期)・「ドイツ語3」(後期)と連携して授業を行う。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」では格変化、配語法、関係代名詞、受動態、接続法など文法の基本的事項を習得する。
●一般目標(GIO)
 ドイツ語の基本的技能の習得を目指す。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」(共に前期)・「ドイツ語3」(後期)を通じて、初級から中級程度の独文の読解力を培うことを目標とする。
授業の方法
 学生諸君が予習している事を前提に授業する。文法事項を解説し、練習問題を解く。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」を一連の授業として授業内容を構成する。『新正書法版・身につくドイツ文法』を用い、文法の基本的知識を習得することを目指す。又、不定詞句を変形することによって様々な文が成り立つ事を示し、ドイツ語の語順を理解する一助としたい。その際には、『大学のドイツ文法 緑版』を使用する。
●準備学習や授業に対する心構え
 学生諸君が予習している事を前提に授業を行うので、予習は必須である。また、授業で学習したことを、自ら繰り返し練習することが望ましい。
成績評価法
理解度に応じて評価する。学期末に試験を実施する。予習など授業での努力も成績評価の対象とする。
教科書
書名 著者名 出版社名
『新正書法版・身につくドイツ文法』 大岩信太郎 同学社
『大学のドイツ文法 緑版』(Schulgrammatik für Studenten Gründe Ausgabe) 岡田朝雄、岩崎英二郎 朝日出版社
参考書
書名 著者名 出版社名
独和辞典などについては、最初の授業時に紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
2 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
3 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
4 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
5 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
6 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
7 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
8 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
9 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
10 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
11 配語法 主文と副文・不定詞句・分離動詞・接続法の習得を目標とする。
12 配語法 主文と副文・不定詞句・分離動詞・接続法の習得を目標とする。
13 配語法 主文と副文・不定詞句・分離動詞・接続法の習得を目標とする。
▲PAGE TOP