トップページへ

有機化学実習  [Practice in Organic Chemistry]

開講情報
3年次 前期 1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 浦田 秀仁 教授 春沢 信哉 講師 和田 俊一
助教 箕浦 理佐    
備考
授業の目的と概要
 「有機化学1〜4」で学ぶ反応のうち、比較的高度な技術を要するGrignard反応など代表的な反応を題材に取り上げ、特に安全面や環境面に配慮しながら、実験器具の使用法など有機化学実験の基本操作法について学ぶ。また、通常の講義ではほとんど学習対象としない『反応混合物から目的化合物を取り出す精製・単離過程』は、有機化合物の性質を考え・知る上で重要である。こうした『過程』を実際に体験し、有機化学の理論を見つめ直す機会としてもらいたい。
授業の方法
実習講義による概略説明ののち、3人1組で実験を行う。
成績評価法
筆記試験および実習レポートにより評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『有機薬品製造化学 第4版』 栗原拓史、内藤猛章 (編集) 廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義 「有機化学実習」の目的と内容および実験器具の取り扱いについて
2 NaBH4による還元反応 t-Butyl Acetoacetateの官能基選択的還元
3 Wittig-Horner反応 E,E -1,4-Diphenyl-1.3-butadieneの合成
4 Diels-Alder反応 3,6-Diphenyl-cis-1,2,3,6-tetrahydro-
phthalic Anhydrideの合成
5 Fisherのエステル化 Methyl Benzoateの合成
6 Grignard反応 Triphenylmethanolの合成
7 求電子置換反応 Nitrobenzeneの合成
8 実習試験
▲PAGE TOP