トップページへ

医療薬剤学1  [Introductory Lectures on Hospital Pharmacy Practice]

開講情報
3年次 後期 1.5単位 必修
担当教員
教授 荒川 行生    
備考
授業の目的と概要
 本科目では病院薬局において行われている実務について概説する。すなわち、病院薬剤師にとっての主たる実務項目である調剤、医薬品管理、医薬品情報管理、薬剤管理指導、製剤、体内薬物モニタリング、試験、治験管理および専門的チーム医療などについて、それらの理解に必要な背景的基礎事項および病院での実際を系統的に講ずる。本科目における講義は、実務実習モデル・コアカリキュラムのうちの実務実習事前学習で示されている講義内容の一部を含むもので、4年次で行う「臨床導入実習」と有機的につながる序論となるものであり、5年次で行われる「病院実務実習」のための準備学習の専門的基礎となることを目的とする。なお、保険薬局実務については本科目と対をなす「コミュニティファーマシー」で、調剤についての各論は「医療薬剤学2」で講じられる。
授業の方法
教科書を主として用い、プリントおよびパワーポイントを補足的に使用する。
成績評価法
定期試験の成績で評価することを基本とするが、その他にもレポート、出席等を加味して総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『病院薬局研修ガイドブック』 黒川信夫 (監修)、荒川行生 (編) ドラッグマガジン
参考書
書名 著者名 出版社名
『スタンダード薬学シリーズ10 実務実習事前学習−病院・薬局実習に行く前に』 日本薬学会 (編) 東京化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 病院薬局学総論 薬剤師の使命と倫理、病院および病院薬局の組織と機能、医療関連制度
2 調剤概論(1) 調剤の基礎、新薬論
3 調剤概論(2) 一般調剤
4 調剤概論(3) 注射剤調剤、輸液療法の基礎
5 医薬品管理 医薬品管理業務、法的規制のある医薬品の管理
6 医薬品情報管理(1) 情報資料、EBMにおける医薬品情報
7 医薬品情報管理(2) 医薬品情報管理業務
8 薬剤管理指導(1) 服薬指導の基礎
9 薬剤管理指導(2) 薬剤管理指導業務
10 院内製剤 製剤の基礎、院内製剤各論
11 体内薬物モニタリング 臨床薬物動態学とTDMの基礎、体内薬物モニタリング業務
12 治験管理 臨床試験の基礎、治験管理業務
13 専門的チーム医療 チーム医療論、チーム医療各論
▲PAGE TOP