トップページへ

病態生化学  [Pathobiochemistry]

開講情報
3年次 後期 1.5単位 必修
担当教員
講師 藤森 功    
備考
授業の目的と概要
 生体内の代謝反応や情報伝達経路の異常による疾病の発症メカニズムとその治療手段について理解する。
授業の方法
教科書およびスライド等を用いて行う。
成績評価法
定期試験、レポート、出席状況などを総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『病態生理・生化学I』 井上圭三、富田基郎 共立出版
参考書
書名 著者名 出版社名
『第4版 レーニンジャーの新生化学(上・下)』 山科郁男 (監修)、川嵜敏祐 (監訳) 廣川書店
『ホートン 生化学 第3版』 鈴木紘一、笠井献一、宗川吉汪 (監訳) 東京化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 概論
2 疾患の生化学I 糖質代謝
3 疾患の生化学II アミノ酸・タンパク質代謝
4 疾患の生化学III 核酸の代謝
5 疾患の生化学IV ビタミン
6 疾患の生化学V 脂質合成・代謝
7 疾患の生化学VI 血液の疾患
8 疾患の生化学VII 内分泌系疾患
9 疾患の生化学VIII 免疫異常と疾患
10 疾患の生化学IX 遺伝子異常
11 代謝疾患I 生活習慣病
12 代謝疾患II
13 代謝疾患III 代謝異常症
▲PAGE TOP