トップページへ

基礎薬剤学  [Basic Pharmaceutics]

開講情報
3年次 前期 1.5単位 必修
担当教員
講師 岩永 一範    
備考
授業の目的と概要
 薬物は通常、原末のままで用いられるのではなく、様々な添加物と共に錠剤、カプセル剤等のような「製剤」としてヒトに投与される。その製剤は主薬がより効果的に薬理作用を発揮し、かつ安全な治療が行われるように設計されている。このような製剤の開発についての領域を取り扱うのが「製剤学」であるが、その背景には様々な物理化学的な理論が存在し、これらの理論が非常に合理的に応用されている。「基礎薬剤学」では、この製剤学を学ぶのに必要不可欠である薬物の溶解や分散等の物理化学的な知識を習得することを目的とする。
授業の方法
教科書に基づいて講義を行うが、適宜プリントやパワーポイントを用いて説明を行う。
成績評価法
出席および試験により評価を行う。
教科書
書名 著者名 出版社名
『わかりやすい物理薬剤学 第4版』 辻 彰、河島 進 (編) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『新薬剤学』 辻 彰 (編) 南江堂
授業計画
項目 授業内容
1 総論 「薬剤学」とは?
2 固形製剤に関連する物理化学的性質1 粒子径と比表面積について
3 固形製剤に関連する物理化学的性質2 粉体の性質(1)
4 固形製剤に関連する物理化学的性質3 粉体の性質(2)
溶解度と溶解速度(1)
5 固形製剤に関連する物理化学的性質4 溶解度と溶解速度(2)
6 液体製剤に関連する物理化学的性質1 界面張力
7 液体製剤に関連する物理化学的性質2 界面活性剤
8 液体製剤に関連する物理化学的性質3 分散系製剤(1)
9 液体製剤に関連する物理化学的性質4
半固形製剤に関連する物理化学的性質1
分散系製剤(2)
レオロジー(1)
10 半固形製剤に関連する物理化学的性質2 レオロジー(2)
11 医薬品の安定性に関する理論1 医薬品の安定性と速度論(1)
12 医薬品の安定性に関する理論2 医薬品の安定性と速度論(2)
反応速度に影響を及ぼす因子
13 まとめ
▲PAGE TOP