トップページへ

実験動物科学  [Laboratory Animal Sciences]

開講情報
3年次 後期 1単位 選択
担当教員
准教授 安田 正秀    
備考
授業の目的と概要
 実験動物科学とは、実験動物ならびに動物実験法に関する科学である。ヒトの健康を扱う医学・薬学・生物学等において、動物実験とは、動物からヒトに関する情報を集める手続きで、通常は動物になんらかの拘束ないし処置が加えられて、動物が示す反応を観察することである。科学的な立場から言えば、動物実験を企画する最大の理由は、再現性の高い、正確な実験結果を手に入れることである。たとえば、新しく開発された薬物のヒトに対する薬理効果・安全性は最終的には臨床試験で確認しなくてはならないとしても、研究過程(前臨床試験)においては、遺伝ならびに環境要因が明確にされている実験動物を利用することは当然である。前臨床試験における動物実験規範では適正な実験施設で、整備された機器・器材および遺伝ならびに環境要因が明確な良質の動物を用いて、経験豊かな有能な職員により適正な実験手順に従って実験を行わなければ質の良い、再現性の高い実験結果は得られない。「実験動物科学」では医薬品開発創製に関わる実験動物および動物実験法の極めて基本的な事項に加え、最近の話題を平易に解説する。また、動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)が平成17年6月22日に改正され、平成18年7月より施行された。その改正法の中で第41条に「動物を科学上の利用に供する場合の配慮」について明示され、Russell & Burchが提唱した動物実験に於ける3Rsの概念が織り込まれた。これを受け、平成18年4月28日付けで環境省より告示第88号「実験動物の飼養及び保管並びに軽減に関する基準」が出させるなど、法的規制も変わりつつあることなども併せて講述する。
授業の方法
総論と各論に分け、総論では動物実験および実験動物の概念、動物実験の必要性および動物実験に関わる各項目について講述する。また、各論においては、個々の事項について適宜プリントを用い詳細に講述する。
成績評価法
定期試験ならびに出席状況等を総合的に判断して評価する。
参考書
書名 著者名 出版社名
『実験動物学「総論」』 田嶋嘉雄 (編集) 朝倉書店
『実験動物学「各論」』 田嶋嘉雄 (編集) 朝倉書店
『実験動物学』 田嶋嘉雄 (監修) 朝倉書店
『実験動物の基礎I総論』 日本実験動物協会 丸善
『新実験動物学』 前島一淑 他 朝倉書店
『実験動物入門』 中野健司 他 川島書店
授業計画
項目 授業内容
1 総論 動物実験・実験動物の概念・動物実験を行う目的と理由 動物実験は動物に処置を加えて動物が示す反応を読みとることである
2 総論 動物実験の現状と展望 動物実験に関わる世論、法的規制等を踏まえ、実験者のとるべき姿勢について考えてみよう
3 各論 動物実験基本的な考え方 動物実験は、動物、環境およびヒトの三要素より構成される
4 各論 個体統御 I 個体統御は、遺伝理論に基づいた動物の遺伝統御から始まる
5 各論 個体統御 II 遺伝統御により、実験動物はどのように分類されるのか?
6 各論 個体統御 III バイオテクノロジーの発展に伴い、人工動物(核移植動物、遺伝子移植動物、キメラ等)が作られ話題を呼んでいる。人工動物の作出方法およびその特徴・有用性は?
7 各論 環境統御 I 一定の演出型を有する実験動物を得るには、動物が置かれる環境を統御する必要がある
8 各論 環境統御 II 一定の演出型を有する実験動物を得るには、動物が置かれる環境を統御する必要がある
9 各論 環境統御 III 一定の演出型を有する実験動物を得るには、動物が置かれる環境を統御する必要がある
10 各論 実験動物の微生物統御 実験動物の飼育環境および動物実験環境の場において、感染症(人畜共通感染症を含む)の原因となり得るあるいは生理状態・寿命を乱すような微生物を統御することは、今日我々が取り組む最大の課題である
11 各論 バイオハザード・感染動物実験 病因微生物を使用する実験を行う場合、実験者は微生物の性質および実験施設・安全設備の機能と限界を理解し、実験の安全性を確保しなければならない
12 各論 医薬品GLP 医薬品GLP(医薬品の安全性に関する非臨床試験の基準に関する省令)が制定されるに至った過程とその内容は?
13 各論 医薬品GLP・ヒトへの外挿 臨床試験は、非臨床試験の成績を基にして企画される
14 まとめ
▲PAGE TOP