トップページへ

薬用天然物化学  [Chemistry of Natural Products]

開講情報
3年次 前期 1.5単位 必修
担当教員
准教授 谷口 雅彦    
備考
授業の目的と概要
 薬学の重要な役割の一つに病気の治療と予防を目的とする医薬品の創製がある。多くの医薬品の素材となるリード化合物は天然資源から発見、開発されたものである。「薬用天然物化学」では天然由来の医薬品の基原、作用、主要成分の化学構造と試験法および生合成を中心に、国試レベルでの解説を行う。
授業の方法
教科書を指定し、これに準じた講義を行い、必要に応じて追加説明をする。
成績評価法
定期試験の他、小試験などにより学力の向上をはかる。また授業中の態度、出席率なども加味して総合的に判断する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『薬学生のための天然物化学』 木村孟淳 (編) 南江堂
授業計画
項目 授業内容
1 植物成分の生合成 一次代謝と二次代謝
2 糖類 糖類の命名法と立体化学
単糖類、少糖類、多糖類
3 脂質、ポリケチド 脂肪酸、ポリアセチレン、アントラキノン
4 芳香族植物成分 フェニルプロパノイド、クマリン、リグナン、フラボノイド、タンニン
5 芳香族植物成分 フェニルプロパノイド、クマリン、リグナン、フラボノイド、タンニン
6 芳香族植物成分 フェニルプロパノイド、クマリン、リグナン、フラボノイド、タンニン
7 テルペン化合物 モノテルペン
8 テルペン化合物 セスキテルペン、ジテルペン
9 テルペン化合物 トリテルペン、サポニン
10 テルペン化合物 強心配糖体
11 アルカロイド トロパンアルカロイド、フェネチルアミンアルカロイド、ベンジルイソキノリンアルカロイド
12 アルカロイド トロポロンアルカロイド、インドールアルカロイド
13 アルカロイド キノリンアルカロイド、テルペン系アルカロイド
▲PAGE TOP