トップページへ

生物統計学演習  [Biostatistics]

開講情報
3年次 後期 1単位 必修
担当教員
非常勤講師 林 恭平    
備考
授業の目的と概要
 人間を始めとした生物を対象とした統計は、統計学の数学的な理論の上に、対象となる生物に由来する状況・特性を考慮して適正な統計手法を採用し、分析・考察することが必要となる。このことを意識した統計学を生物統計学と呼んでいる。この授業では、この生物統計学の考え方を理解し、問題に適応した統計手法を選択することから始め、その手法によるデータの収集、データの処理・加工、さらに結果の意味を分析し、結論に至る一連の過程を修得することを目標にする。
授業の方法
既に履修した統計学を、生物統計学の観点から分類・整理することから始め、それぞれの統計手法の基本的な考え方と方法、問題点を指摘した後、具体的な例題を対象にして演習を行う。さらに実用的な生物統計学での利用としてのコンピュータの活用についても教示したい。
成績評価法
基本的には定期試験の成績で評価するが、授業での演習の結果も参照する。
教科書
書名 著者名 出版社名
特に指定しないが『パソコンと統計処理の基礎知識』 浅野弘明、林 恭平 日本看護協会出版会
参考書
書名 著者名 出版社名
講義の中で示す
授業計画
項目 授業内容
1 統計手法の分類 記述統計、推測統計、ノンパラメトリック等
2 記述統計:状況を把握する 分布、統計量、正規分布
3 推測統計:推定と検定 確率、推測統計の考え方、方法
4 区間推定:平均値と比率 推定の考え方、方法
5 平均値の差の検定 母集団と標本、標本間の差の検定
6 分割表の検定 比率の検定、分割表の検定
7 ノンパラメトリック検定 ノンパラメトリック検定の考え方、その方法
8 相関関係 複数の変量間の関係を表現する方
9 分散分析 分散分析の考え方、方法
10 多変量解析 多変量解析の考え方、その方法
11 医療統計学 医療固有の統計学の問題、疫学
12 コンピュータの利用 コンピュータによる統計処理
13 統計手法の整理 統計手法の適応、問題点
14 例題演習 問題演習
▲PAGE TOP