トップページへ

免疫学  [Immunology]

開講情報
3年次 前期 1単位 必修
担当教員
非常勤講師 武内 徹    
備考
授業の目的と概要
 免疫反応は自己成分と非自己成分とを認識して働く生体防御機構である。本授業では免疫反応にかかわる組織・細胞・分子、自己・非自己の認識機構、免疫応答の機構、免疫に関連する疾患と治療について解説する。
授業の方法
スライドを用いた講義とプリント
成績評価法
小テスト、定期試験等の筆記試験
教科書
書名 著者名 出版社名
『基礎免疫学』 松島綱治、山田幸宏 (訳) エルゼビア・ジャパン
参考書
書名 著者名 出版社名
『免疫学イラストレイテッド』 多田富雄 (監訳) 南江堂
『免疫生物学:免疫系の正常と病理』 笹月健彦 (監訳) 南江堂
『免疫学最新イラストレイテッド』 小安重夫 (編集) 羊土社
『免疫学イラストマップ』 烏山 一 (編集) 羊土社
『薬系 免疫学』 植田 正、前仲勝実 (編集) 南江堂
授業計画
項目 授業内容
1 免疫学概論 免疫現象、生体防御に関わる組織・細胞・分子
2 抗原と抗体 抗原の種類、抗体の構造・種類・機能
3 補体 補体の構造と機能
4 自然免疫 食細胞、Fcレセプター、補体レセプター、TLR
5 抗原提示 抗原提示機構
6 液性免疫 抗体産生とクラススイッチ
7 細胞性免疫 細胞傷害性T細胞、NK細胞
8 サイトカイン サイトカイン・ケモカインの構造と機能
9 リンパ球の分化と成熟 T細胞・B細胞の分化
10 過敏症 I〜IV型アレルギー
11 腫瘍と移植 形質転換した細胞や外来細胞に対する免疫
12 自己免疫疾患 関節リウマチ、全身性エリテマトーデス
13 免疫不全症 先天性および後天性免疫不全症
14 免疫と医薬品 免疫抑制剤、生物学的製剤、非ステロイド性抗炎症薬
▲PAGE TOP