トップページへ

異文化言語演習1  [Seminar in Cross-Cultural Communication 1]

開講情報
3年次 前期 1単位 必修
担当教員
備考
授業の目的と概要
 本ゼミでは、これまで培ってきた学力を基礎に、英語の文献を講読し、実用に耐える読書力を涵養する。国際化、グローバリゼーションと言われて久しいが、世界は確実に狭くなりつつある。言語力を一層確実なものとし、異文化を正しく理解することの必要性は、ますます高まっている。
・開講するゼミはA,Bクラス、それぞれ8ゼミとする。
・1ゼミあたりの定員は18名(予定)とする。
・第1回目はゼミを紹介(登録)する機会とする。
・第2回目から、本格的にゼミを開始する。
クラス分けの決定
・学生はシラバスを参考に、希望するゼミを選ぶ。
・第1回目に希望するゼミに参加し、その場で登録する。
・人数が定員を超えるとき、登録者の決定は、その場での抽選による。
・抽選にもれた場合は、第2希望のゼミに行き、その場で登録する。
・さらに定員超過で抽選にもれた場合、所属ゼミが決定するまで、同じ手順を繰り返す。
担当者一覧
Aクラス Bクラス
加藤 義春   松島 哲久
楠瀬 健昭  中村 惠
桝矢 桂一   伊藤 信也 
桂山 康司   藤本 幸治
加藤 義春   松島 哲久
楠瀬 健昭  中村 惠
桝矢 桂一   戸田 有一 
桂山 康司   藤本 幸治
異文化言語演習1 開講クラス一覧(クラス)
担当者 テキスト・内容紹介
教授 加藤 義春 テクスト:Ryuhei(龍平−僕は生きたい,桐原書店)
 薬害被害者として、HIVに感染していることを自ら公表し裁判を闘った川田龍平氏 ― 彼の痛切なメッセージの英訳版を読み、日本社会で薬害問題が繰り返し起こることの意味を共に考えたい。また、紹介する文献を通して、感染症と文明・病気と社会の歴史についても、知見を深めてもらいたい。
教授 松島 哲久  生命倫理・医療倫理関係の英語必須文献を主たるテキストとして講読して行く。テーマは体外授精、クローンなど生の始まりに関する生命倫理問題から脳死・臓器移植、安楽死・尊厳死などの生の終わりに関するものまで全般的に扱うことにする。とりわけ薬学・薬剤師に関する倫理・法令については詳しく見ていくことにしたい。
テクストはこちらが準備したプリントを使用する。成績評価は出席状況、訳読、授業内試験で総合的に評価して行う。
教授 楠瀬 健昭 テクスト:Rachel Carson, Silent Spring (Penguin Books, 2000)
 環境問題に関する古典的名著『沈黙の春』を読む。
本書は、科学的な調査研究をもとに、有機塩素系殺虫剤や農薬などの化学物質による環境汚染を取り上げ、野生生物や自然生態系への影響、人間の体内での濃縮、次世代に与える影響にまで言及し、環境汚染の恐ろしさを知らせるべく、かつて人類に警鐘を鳴らした。その存在は、現代にあって、ますます重要性を増している。
第8章And No Birds Singを読む。
非常勤講師 中村 惠 P.L.Travers 作 Mary Poppins(英光社)からいくつかの章を選び、丁寧に読んでいく。この作品は児童文学の範疇に入れられることが多いが、ひとりの、ひじょうにユニークな個性をもった大人の女性を主人公とした物語で、学生諸君の鑑賞にも十二分に耐えうるものである。
非常勤講師 桝矢 桂一 [Aクラス]
Gregory, Richard Langton, 1966, Eye and Brain: The Psychology of Seeing, Princeton, New Jersey: Princeton University Press, 1997, 5th edition.
 グレゴリーの議論をふまえつつ、事物が実在するとはいかなることか、我々は実在する事物を「見る」ことができるのか、学生諸君と共に考えたい。

[Bクラス]
Sontag, Susan, 1973, On Photography, New York: St. Martin’s Press, 1990.
 スーザン・ソンタグの写真論。写真とは何であるか、学生諸君と共に考えたい。
非常勤講師 戸田 有一  英語を日本語に訳す学び等とともに重要なのは、英語を英語のままで理解するという学びです。この演習では、@英英辞書の説明部分を読んで単語を推測する、A英語論文の要約を読んで論文題目を推測する、B論文全体を速読して重要な文章を抜き出すというトレーニングを通じて、日本語を用いないで英語の学びを行います。
 用いるテキストは、心理学や教育関連の論文です。どちらかといえば、精読ではなく速読をします。プリント教材を用意します。
非常勤講師 伊藤 信也  古在、川島、冨永、猿橋編“My Life”(内田老鶴圃・刊)を使用します。この本は「猿橋賞」の受賞者による手記をまとめたものです。「猿橋賞」とは、「女性科学者に明るい未来をの会」(1980年創立)が「自然科学の分野で、顕著な研究業績を収めた女性科学者」(他薦時50歳未満)のうち、毎年一名に贈られる賞です。この賞の名は、地球化学者の猿橋勝子氏(2007年に87歳で逝去)が賞を提唱したことにちなんだものです。日本の女性科学者の生い立ちを易しい英語で読んでいきます。
非常勤講師 桂山 康司 【授業の目的と概要】
レイモンド・ウィリアムズ(Raymond Williams)著『キーワード辞典(Keywords)』にある、「文化(culture)」の項目を英文で読むことを通じて、‘culture’ という言葉の語義を概観した上で、‘culture’の語義史上、重要と思われる歴史的テキストを数点選んで精読する。単に表面上の文意を頭で理解することだけで満足せず、曖昧性から決して逃れられない言葉の働きの持つ、ふくよかでニュアンス豊かな表現の広がりを肌で感じ取ることができるようになることを目指す。

【授業の方法】
更なる読解力の向上を目指し、とりわけ、言語表現に対する感性を鍛錬するために、精読を心がける。そのためには、学習者における緻密な予習の励行が必須。

【成績評価法】
期末試験の成績を中心にして、それに日常の活動、出席を加味して評価する。

【教科書】 
プリントを使用する。
非常勤講師 藤本 幸治 【授業の目的と概要】
 この授業では、日本と国際理解の問題を考える折、避けては通れない大国、アメリカ合衆国について、テキストを読み解くことによって理解を深め、アメリカにおける産業、芸術、政治経済、文化を媒体に今アメリカで最も影響力を持つ人物達の素顔に迫る。
【授業の方法】
 外国語学習者用に編纂された読みやすい内容ではあるが、文法や構文にも注意を払い、正確な内容把握に努めながら教師、学生の双方で読み下していく。また、各話題に関連する文化情報や英語についての一般教養も提供していきたい。
【成績評価法】
 出席、小テスト、授業参加態度などを複合して評価する。
【教科書】
 Hoffman, Edward(2008) Cultural Leaders in America Today, Asahi Press: Tokyo 
(邦題:『今アメリカを動かす人たち』エドワード・ホフマン 朝日出版社)
【授業計画】
 原則として1回の授業で1章ずつ消化していく。毎回の予習と復習は必須である。
▲PAGE TOP