トップページへ

分析化学実習  [Practice in Analytical Chemistry]

開講情報
2年次 前期 1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 学長 千熊 正彦 講師 齊藤 睦弘 助教 佐藤 卓史
備考
授業の目的と概要
 「分析化学実習」では、定量分析の基本的知識や技術の習得を目的とし、容量分析や機器分析の実習を行う。実習により、器具や機器の使用法を体得するとともに、定量原理についての理解を深めることも目指す。
授業の方法
実習全体の内容に関して講義を行った後、数名ずつのグループに分かれて実習を行う。
成績評価法
レポート、出席、実習態度、筆記試験、等をもとにして総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
実習テキスト
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義 実習全体の講義
2 器具点検と試液調製 貸与器具の過不足を確認し、保存可能な試液の調製を行う。
3 容量分析(1)〜酸塩基滴定〜 酸・塩基標準液の標定を行った後、錠剤中に含まれるアスピリンの定量を薬局方に準じて行う。
4 容量分析(2)〜酸化還元滴定〜 チオ硫酸ナトリウム標準液の標定を行った後、マンニトールの定量を薬局方に準じて行う。
5 紫外可視吸光分析(1) 可視部での吸光度測定により、錠剤中に含まれるアスピリンの定量を行う。
6 紫外可視吸光分析(2)、蛍光分析 紫外部での吸光度測定により、異なる紫外吸収スペクトルをもつ2種の薬物の分別定量を行う。
フルオレセインナトリウム水溶液の励起スペクトルおよび蛍光スペクトルを測定する。
7 高速液体クロマトグラフィー(1) 逆相クロマトグラフィーにおける保持時間に基づいて薬物の定性を行う。
8 高速液体クロマトグラフィー(2) 逆相クロマトグラフィーにより、複合製剤(錠剤)中のイブプロフェン含量および動物血漿中イブプロフェン濃度を測定する。
▲PAGE TOP