トップページへ

病原微生物学  [Pathogenic Microbiology]

開講情報
2年次 後期 1.5単位 必修
担当教員
非常勤講師 中川 俊正    
備考
授業の目的と概要
 自然界には無数の病原体がありますが、ヒトに病原性をおよぼすものを病原微生物とよびます。細菌やウイルスなどさまざまな病原体が人間に侵入し、共存しながら時に有害事象を引き起こします。薬剤師は医療の担い手として、薬を通じて病原微生物をどう制御するのか、その仕組みを知らなければなりません。本講では、病原微生物とヒトの免疫のかかわりから始まり、感染症、アウトブレーク、免疫不全など多くの事例を通じてヒトと病原微生物とのかかわりを学習します。
授業の方法
配布資料と教科書で授業を行います。
成績評価法
出席状況、定期試験を総合して評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
『感染と微生物の教科書』 田爪正気 他 研成社
授業計画
項目 授業内容
1 性病 微生物の大きさと形、性差による症状の違いなど
2 輸血と肝炎ウイルス ウイルスの構造、血液を介した感染
3 HIVとワクチン 抗原と抗体、中和抗体、ワクチン、ウイルス分離
4 インフルエンザと飛沫感染 ウイルスの組織、種特異性、抗原変異、飛沫
5 空気感染と結核 細胞性免疫、抗結核薬、薬剤耐性
6 肺炎 肺胞と間質、感染源の分類、抗菌薬の分類、免疫不全
7 細菌感染とアウトブレーク 環境由来と人体常在菌、院内感染、接触感染
8 食中毒 毒素型と感染型、糞口感染、疫学的推定
9 MRSAなどの薬剤耐性菌 薬剤耐性化機序、感染と保菌、抗MRSA薬
10 ヘルペスや他のウイルス 潜伏感染、免疫抑制、薬疹、ウイルス性疾患全般
11 真菌、原虫、感染症 カンジダ、マラリアなど
12 感染経路別予防策 感染症の分類、CDCのガイドライン、院内感染対策
13 まとめ 問題演習による知識の整理
▲PAGE TOP