トップページへ

生化学2  [Biochemistry 2]

開講情報
2年次 後期 1単位 必修
担当教員
准教授 井上 晴嗣    
備考
授業の目的と概要
 生体系が、生命の維持のために栄養物や細胞成分由来の化合物を再利用し、またはエネルギーを取り出すために、それらを分解する過程のことを異化という。また、簡単な化合物から生体分子を合成する過程のことを同化または生合成という。そして、それらの過程の全体を代謝という。一般に、栄養分子などが異化反応で発エルゴン的に酸化されるときに遊離する自由エネルギーは、ATPなどの高エネルギー化合物を中間体として組合わされ、吸エルゴン的な同化反応のほか、機械的仕事、分子の能動輸送などが効果的に進行するために使われる。
 「生化学2」では、「基礎細胞生物学1」、「基礎細胞生物学2」、および「生化学1」などで学んだことを基礎として、代謝と生体エネルギー論の基礎を学ぶ。なお、開講初年度につき、授業計画が大きく変わる可能性もあるので、随時「生化学2」のホームページ(作成中)で確認していただきたい。
授業の方法
教科書および配布プリントを用いて講義形式で行う。
成績評価法
最終成績は、定期試験の成績に小テストの点数や出席点を試験の点数に応じて一定の比率で加算した合計とする。
教科書
書名 著者名 出版社名
『レーニンジャーの新生化学(上・下)(第4版)』 川嵜敏祐、中山和久 (監訳) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『キャンベル・ファーレル生化学(第4版)』 川嵜敏祐 (監訳) 廣川書店
『ヴォート基礎生化学(第2版)』 田宮信雄 他 (訳) 東京化学同人
『ヴォート生化学(上・下)(第3版)』 田宮信雄 他 (訳) 東京化学同人
『生物系薬学II生命をミクロに理解する』 日本薬学会 (編) 東京化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 生体エネルギー学と代謝 代謝の概要
2 生体エネルギー学の原理 生体エネルギー学と熱力学、ホスホリル基転移とATP、生物学的酸化還元反応
3 解糖、糖新生およびペントースリン酸経路(1) 解糖、解糖への供給経路、発酵(ピルビン酸の嫌気代謝)
4 解糖、糖新生およびペントースリン酸経路(2) 糖新生、ペントースリン酸経路
5 代謝調節の原理 グリコーゲン代謝の制御、解糖と糖新生の協調的調節
6 クエン酸回路(1) アセチルCoAの生成、クエン酸回路の反応
7 クエン酸回路(2) クエン酸回路の調節、グリオキシル酸回路
8 酸化的リン酸化 ミトコンドリアにおける電子伝達反応、ATP合成、酸化的リン酸化の調節
9 脂肪酸の異化 脂質の消化・動員・運搬、脂肪酸の酸化、ケトン体
10 脂質の生合成 脂肪酸およびエイコサノイドの生合成、トリアシルグリセロールの生合成、膜リン脂質の生合成、コレステロールの生合成
11 アミノ酸の酸化と尿素の生成 アミノ基の代謝運命、窒素排泄と尿素回路、アミノ酸の分解経路
12 アミノ酸、ヌクレオチドおよび関連分子の生合成 窒素代謝の概観、アミノ酸の生合成、アミノ酸に由来する分子、ヌクレオチドの生合成と分解
13 哺乳動物の代謝のホルモンによる調節と統合 燃料代謝のホルモンによる調節、肥満と体重調節
▲PAGE TOP