トップページへ

機器分析学  [Instrumental Analysis in Analytical Chemistry]

開講情報
2年次 前期 1単位 必修
担当教員
講師 齊藤 睦弘    
備考
授業の目的と概要
 薬は化学物質であり、その作用は投与された薬の量や血中濃度に基づいて解析されます。従って、試料中に存在する物質の量や濃度の決定を目的とする分析化学は、薬学においても最も基礎となる学問の一つです。薬学分野では、薬物ばかりでなく、自然界の様々な化学物質が測定対象となりますが、現在、それらの多くが高度に進化した分析機器を用いて測定されています。「機器分析学」では、薬学領域において、主として定量分析を目的として汎用される機器分析法について概説します。
授業の方法
教科書を用いて講義形式で行います。
成績評価法
主として試験により評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
『NEW薬学機器分析』 伊藤允好 他 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『入門機器分析化学』 庄野利之、脇田久伸 三共出版
『薬学生の機器分析』 木下俊男、西川 隆 廣川書店
『機器分析入門』 日本分析化学会九州支部 (編) 南江堂
授業計画
項目 授業内容
1 機器分析概論 薬学と機器分析、機器分析の特徴
2 電磁波分析法(1) 電磁波、吸光度、ランベルト・ベールの法則
3 電磁波分析法(2) 紫外可視吸光度測定法
4 電磁波分析法(3) 紫外可視吸光度測定法の応用
5 電磁波分析法(4) 蛍光分析法の基礎、蛍光測定法
6 電磁波分析法(5) 原子スペクトル分析、原子吸光光度法
7 電磁波分析法(6) 原子吸光測定法、発光分析法
8 電気分析法(1) 電気化学測定、電気伝導率測定法
9 電気分析法(2) 電位差滴定法、電流滴定法
10 分離分析法(1) クロマトグラフィーの基礎、分離機構
11 分離分析法(2) 液体クロマトグラフィー(1)
12 分離分析法(3) 液体クロマトグラフィー(2)、ガスクロマトグラフィー
13 分離分析法(4) 電気泳動法
▲PAGE TOP