トップページへ

ドイツ語4  [German 4 ]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
教授 加藤 義春    
備考
授業の目的と概要
 初級文法の習得を踏まえて、中級ドイツ語への橋渡しを目指す。ドイツの地理・社会・文化・芸術・歴史にわたって編まれた総合教材を用い、種々のドイツ事情を楽しみながら、平易な文章を読解する力と、簡単な日常表現を身につけてもらいたい。
授業の方法
テクストを和訳し、文法の復習をしながら、確実な読解力を習得する。
テープを聞き、繰り返し音読することによって、発音を確かなものとする。
練習問題を用いて、幾つかの簡単な日常表現を身につける。
毎回の予習・復習が肝要である。
成績評価法
定期試験の成績に平常点も加味して、総合的に評価する。  
教科書
書名 著者名 出版社名
Wissenswertesüber Deutschland (ドイツ=カタログ) T.Oshio、G.Greve 朝日出版社
授業計画
項目 授業内容
1  1.Kapitel Hobbies
2  2.Kapitel Sport
3  3.Kapitel Literatur
4  4.Kapitel Geographie
5  5.Kapitel Kunst
6  6.Kapitel Musik
7  7.Kapitel Schule,Ausbildung,Beruf
8  8.Kapitel Sprachgeschichte
9  9.Kapitel Neue deutsche Geschichte 
10 10.Kapitel Politik
11 11.Kapitel Religion
12 12.Kapitel Wirtschaft
13  Anhang
▲PAGE TOP

ドイツ語4  [German 4 ]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
教授 濱中 久美子    
備考
授業の目的と概要
1)ドイツ語の文法を駆使して、正確に初級のドイツ語文を読む練習をする。
2)ドイツ語文法の復習をする。
3)ドイツの歴史や文化・現代ドイツの社会事情を知ってもらう。異文化に接することによって、視野をひろげてほしい。
授業の方法
1)テキストの講読を行う。その際ドイツ語の正しい発音と文法の復習をする。
2)各学生にはあらかじめテキストの一部を分担して、授業中に発表してもらう。この分担発表は必ず行ってもらう。
3)適時、AV資料を用いて、ドイツの文化・歴史や現代の社会事情などを知ってもらう。
成績評価法
定期試験の成績、出席状況、授業における発表、課題提出などを総合的に判断して評価する。なお授業時間中の発表は平常点として成績に加味するので、必ず行うこと。
教科書
書名 著者名 出版社名
『ヴァインスベルクー私の郷里の町』 Angelika Werner、吉田 卓、三浦哲夫 朝日出版社
参考書
書名 著者名 出版社名
特になし
授業計画
項目 授業内容
1 Lektion 1 テキストの説明、授業の方針説明。テキストのLektion1の読み方練習。各学生の発表担当部分の決定。
2 Lektion1,2 Lektion1の和訳と練習問題をする。Lektion2の読み方練習。次回からの発表担当者の決定。AV資料によるドイツ紹介。
3 Lektion 2,3 Lektion2の和訳と練習問題をする。Lektion3の読み方練習。AV資料によるドイツ紹介。
4 Lektion 3,4
Lektion3の和訳と練習問題をする。Lektion4の読み方練習。AV資料によるドイツ紹介。
5 Lektion 4,5 Lektion4の和訳と練習問題をする。Lektion5の読み方練習。AV資料によるドイツ紹介。
6 Lektion 5,6 Lektion5の和訳と練習問題をする。Lektion6の読み方練習。AV資料によるドイツ紹介。
7 Lektion 6,7 Lektion6の和訳と練習問題をする。Lektion7の読み方練習。AV資料の内容等についての簡略な感想文を書いてもらう。
8 Lektion7,8 Lektion7の和訳と練習問題をする。Lektion8の読み方練習。
9 Lektion8,9 Lektion8の和訳と練習問題をする。Lektion9の読み方練習。
10 Lektion9,10 Lektion9の和訳と練習問題をする。Lektion10の読み方練習。
11 Lektion10,11 Lektion10の和訳と練習問題をする。Lektion11の読み方練習。
12 Lektion 11,12 Lektion11の和訳と練習問題をする。Lektion12の読み方練習。
13 Lektion12と定期試験等の質問日。予備の発表日 Lektion12の和訳と練習問題をする。何らかの都合で授業中の発表ができなかった学生のための予備の発表日とする。またそのほか定期試験の範囲の発表。試験範囲内の質問を受け付ける。
▲PAGE TOP

ドイツ語4  [German 4 ]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 中村 惠    
備考
授業の目的と概要
 ベルリンの大学で学ぶ大学生を主人公とした比較的容易なテキストを題材に、読む・書く・聴く・話す、四つの能力のレベルアップを目指す。また、文法知識の復習も随時行い、使える文法を習得してもらいたい。さらにベルリンの建造物等を手がかりに、ドイツの歴史・文化にも興味を持ってもらいたい。
授業の方法
テキストの音読・和訳を中心に、また日常生活で使える表現をピックアップしながら、時にはリスニングも取り入れつつ授業を進める。
毎回担当者(3〜4名)を決め、発表してもらい、その内容はレポートとして提出してもらう。視聴覚教材も用いて、ドイツの文化も紹介してゆきたい。
成績評価法
出席状況、授業中の発表、レポート、定期試験の結果などを総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『ベルリン・キャンパスライフ』 荻野蔵平、Andrea Raab 朝日出版社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 文法 接続法第I式について学ぶ。
2 文法 接続法第II式について学ぶ。
3 文法 接続法についての練習問題をする。
4 Lektion 1 学生食堂での会話。動詞の現在人称変化の復習。
5 Lektion 2 学生課での会話。定冠詞・不定冠詞の復習。
6 Lektion 3 講義内容についての会話。動詞の命令形。
7 Lektion 4 図書館での会話。前置詞の復習。
8 Lektion 5 学生寮での会話。接続詞の復習。
9 Lektion 6 散歩しながらの会話。形容詞の格変化の復習。
10 Lektion 7 履修相談の際の会話。話法の助動詞の復習。
11 Lektion 8 チューターとの会話。動詞の三基本形の復習。
12 Lektion 9 コンパでの会話。関係代名詞の復習。
13 Lektion 10 休暇前の会話。受動態の復習。
14 まとめ 今までのまとめと練習問題をする。
▲PAGE TOP