トップページへ

人間と文化4a(人間と宗教)  [Humanities 4a (Human and Religion)]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択
担当教員
非常勤講師 鶴 真一    
備考 4bと同時開講
授業の目的と概要
 宗教はさまざまなかたちで、「生・老・病・死」を説明し人々に癒しを提供してきましたし、医療が発達した現代にあっても、宗教の説明原理が説得力をもつものとして機能しています。その意味では、医療に携わる者にとって、宗教的思考や心性を理解することは、一つの「素養」であると言えるでしょう。不合理なものと片づけるのではなく、人々が宗教に意味を見出し、生きる糧を得ているという現実に対する理解を深めることがこの授業の目的です。
授業の方法
毎回プリントを配布し、それに基づいて講義形式で授業を進めていきます。
成績評価法
「出席」、「課題提出状況」、「レポート」の三つを総合的に考慮して評価します。第一回目の授業で詳しく説明しますので、必ず出席して下さい。
教科書
書名 著者名 出版社名
なし
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に適宜指示します。
授業計画
項目 授業内容
1 ガイダンス
宗教をどう見るか

宗教の意味
2 宗教と科学 宗教に対する視点
3 日本人の宗教観 現代日本人の宗教意識
4 日本の宗教(1) 仏教
5 日本の宗教(2) 道教・儒教
6 日本の宗教(3) 神道
7 日本の宗教(4) 民俗信仰
8 世界の諸宗教(1) 原始仏教とインドの諸宗教
9 世界の諸宗教(2) ユダヤ教
10 世界の諸宗教(3) キリスト教
11 世界の諸宗教(4) イスラーム
12 新興宗教(1) 世界の新興宗教
13 新興宗教(2) 日本の新興宗教
▲PAGE TOP