トップページへ

基礎有機化学実習  [Practice in Fundamental Organic Chemistry]

開講情報
1年次 後期 1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 田中 麗子 准教授 有本 正生 講師 宇佐美 吉英
講師 山田 剛司 助教 市川 隼人  
備考
授業の目的と概要
 有機化学実習の基本操作を習得し、かつ、有機反応の理解を深めるための基本的な医薬品の合成を行う。
 本実験を通じて、再結晶、蒸留、融点測定、薄層クロマト等の操作により、混合物から如何にして純粋な化合物を単離するか。また、どのようにして確認を行うかを学び、基本的な技術を習得する。
授業の方法
実習講義により概略を理解させた後、3人1組になって下記の実験を行う。
成績評価法
試験およびレポートにより評価する。
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義、ガラス細工
「基礎有機化学実習」の目的と内容、実験器具の操作法及び実験に使用するマイクロピペットやキャピラリー等を作製する
2 茶葉からの抽出によるカフェインの単離・融点測定 市販の茶から水で煮沸し、エキスを作り抽出による分離でカフェインを単離
3 アスピリンの合成と再結晶による精製 サリチル酸からアスピリンを合成し、再結晶法により精製する
4 鎮痛薬からの薬効成分の分離精製とTLCによる同定 有機溶媒に対する成分の溶解度の差により分離、TLCによる同定を行う
5 Cannizzaro反応を行い、生成物の抽出分離(1) 酸化・還元反応で生成する化合物の抽出分離を行う
6 カラムクロマトグラフィーによる分離精製(2) 未反応の原料と生成するアルコールをカラムクロマトグラフィーで分離する
7 蒸留による物質の精製(1) 油状の化合物を酸とアルコールから合成し、抽出分離を行う
8 蒸留による物質の精製と確認試験(2) 生成した油状化合物を蒸留により精製する
▲PAGE TOP