トップページへ

分析化学  [Analytical Chemistry]

開講情報
1年次 後期 1単位 必修
担当教員
学長 千熊 正彦 講師 齊藤 睦弘  
備考
授業の目的と概要
 物質を扱う実験科学では、一般に物質の性質あるいは量の変化を測定したうえで、解析が行われ、結論が得られる。「分析化学」は、試料の成分を識別し、必要とする成分の量を決定するための学問であり、物質を扱う実験科学すべての基礎となるものである。科学の発展は、分析化学の進歩に支えられているといっても過言ではない。
 本講義は、医薬品を含む化学物質をその性質に基づいて分析するために必要な基本的知識を習得すること、並びに水溶液中での物質の反応を理解するために各種の化学平衡に関する基本的知識を習得することを目的とする。
授業の方法
おおよそ教科書に沿って講義するが、必要に応じてプリントを配付し、それに基づいて解説する。
成績評価法
定期試験の成績、演習の成績及び出席状況を総合評価するが、定期試験の成績を重視する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『パートナー分析化学I』 齊藤 寛 他 南江堂
参考書
書名 著者名 出版社名
『わかりやすい分析化学問題集』 田中秀治、嶋林三郎 廣川書店
『わかりやすい分析化学入門(第2版)』 吉岡正則 他 廣川書店
『薬学のための分析化学』 桜井 弘 (編) 化学同人
『分析化学』 姫野貞之、市村 彰 化学同人
『化学平衡と分析化学 』 神崎 ト 他 廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 分析化学序論 濃度の表現法、国際単位(SI)、化学平衡と質量作用の法則
2 酸・塩基平衡(1) 酸・塩基とは、酸・塩基の電離平衡と電離定数
3 酸・塩基平衡(2) 電解質の電離平衡
4 酸・塩基平衡(3) 緩衝液の性質
5 酸・塩基平衡(4) 酸・塩基滴定の基礎
6 酸・塩基平衡(5) 非水溶液における酸・塩基平衡
7 沈殿生成平衡(1) 溶解度積と溶解度との関係
8 沈殿生成平衡(2) 沈殿生成平衡の解析
9 金属錯体生成平衡(1) 金属錯体(配位化合物)とは
10 金属錯体生成平衡(2) 金属錯体生成平衡と安定度定数
11 酸化還元平衡の基礎 酸化還元とは、標準酸化還元電位、ネルンスト式
12 分配平衡 分配平衡とは
13 演習 種々の化学平衡の計算演習
▲PAGE TOP