トップページへ

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
教授 土井 光暢    
備考
授業の目的と概要
 化学の本質の理解を深めるためには、化学の計算力を十分につける必要があります。化学計算は、単に講義を聴いているだけでは決して身につくものではなく、自分自身で問題を繰り返し解き、整理していくことにより自分のものとすることができます。特に、実験科学を柱とする薬学の分野においては、その必要性が更に高くなってきます。そこで、ここでは高校での化学を含めた化学の基本事項を復習しながら、基礎的な化学計算力の習得を目的とした授業と演習を行います。
授業の方法
化学計算を中心に演習形式で行います。基本的事項を解説した後、練習問題を解くことで確実な理解を目指します。
成績評価法
試験、平常点、課題などを総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
教科書は指定せず、プリントを用いて進めます。
参考書
書名 著者名 出版社名
『ポイント化学計算』 坂本正徳 廣川書店
『《基礎固め》化学』 小島一光 化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 化学の基礎の基礎 (1) 原子の構造、素粒子、量子論と量子数
2 化学の基礎の基礎 (2) 共有電子対、電子配置、電気陰性度
3 化学の基礎の基礎 (3) 物質量、化学反応式
4 化学の基礎の基礎 (4) 熱反応式、有効数字、SI単位、数値の取り扱い方
5 化学の基礎の基礎 (5) 溶液の濃度、百分率、モル濃度、溶解度
6 化合物の名称、酸化還元 有機化合物の慣用名、酸化状態と化合物名、酸化剤・還元剤
7 酸と塩基 酸塩基の定義、pH
8 電離平衡 平衡定数、酸塩基電離定数、弱酸塩基溶液のpH
9 緩衝作用 1価の弱酸塩溶液のpH、塩の加水分解
10 溶解度積、溶液の性質 溶解度積、凝固点降下、沸点上昇、浸透圧
11 反応速度 1次反応速度式、半減期、擬1次反応
12 吸光度測定 透過度、吸光度、ランベルト・ベールの法則
13 まとめ
▲PAGE TOP

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
教授 三野 芳紀    
備考
授業の目的と概要
 化学は物質に関する科学であり、将来の基礎となる化学の考え方を理解することが大切です。化学の本質の理解を深めるためには、化学の計算力を十分につける必要があります。化学計算は、単に講義を聴いているだけでは決して身につくものではなく、自分自身で問題を繰り返し解き、整理していくことにより初めて本当に自分のものとすることができます。特に、実験科学を柱とする薬学の分野においては、その必要性が更に高くなってきます。それを踏まえて、この「化学演習」では、高校からの橋わたし的な役目も兼ねながら、これから必要になってくる化学計算を演習していきます。また、化学計算だけでなく、化学の基礎知識の習得も視野に入れて、演習していくつもりです。
授業の方法
その日の関連事項を解説した後、全員で練習問題を解いてもらうと同時に、何人かに指定して、板書あるいは口頭で解答してもらい、授業を進めます。重要なところは、確実に理解してもらうため、繰り返し復習し、ゆっくりと進ませます。毎週、宿題をだすので、自分の力で解き、理解するよう努力して下さい。
成績評価法
試験、平常点、課題などを総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
演習問題、解説のプリントを配付する。
授業計画
項目 授業内容
1 化学の基礎 周期律、価電子、共有電子対、電子配置、電気陰性度など
2 溶液の濃度 濃度表示法と計算、濃度の相互関係
3 酸と塩基1 酸、塩基、中和滴定に関する計算など
4 酸と塩基2 酸、塩基、中和滴定に関する計算など
5 酸化と還元1 酸化剤と還元剤の強さ、酸化還元滴定に関する計算など
6 酸化と還元2 酸化剤と還元剤の強さ、酸化還元滴定に関する計算など
7 化学平衡1 平衡定数を用いた計算など
8 化学平衡2 pHの計算、溶解度と溶解度積の計算など
9 含量計算 容量分析における対応量の計算、対応量に基づく含量計算など
10 反応速度 反応速度に影響を与える因子、一次反応の速度式、反応速度定数
11 その他 機器分析の基礎1 電磁波を用いる分析法1
12 その他 機器分析の基礎2 電磁波を用いる分析法2
13 その他 機器分析の基礎3 電磁波を用いる分析法3
▲PAGE TOP

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
准教授 友尾 幸司    
備考
授業の目的と概要
 化学とは、諸物質の構造や性質、およびこれら物質相互間の反応を研究する学問です。生体内における様々な反応や薬の働きなどを化学的に解明する目的をもつ薬学を学ぶ上で、化学の深い理解は非常に重要です。「化学演習」では、化学の基本事項を確認しながら、化学計算演習を通して基礎化学の修得を目的としています。
授業の方法
基本事項の解説を行うと共に、受講者自ら練習問題に取り組むことで、確実な理解を目指します。
成績評価法
定期試験、平常点、課題などを総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
特に指定せず、プリントを配布します。
参考書
書名 著者名 出版社名
『一般化学』 芝原寛泰、斉藤正治 化学同人
『《基礎固め》化学』 小島一光 化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 化学の基礎(1) 物質の構成、物質の分類
2 化学の基礎(2) 電子の配置、荷電子、周期律
3 化学の基礎(3) 原子軌道、原子間結合、イオン結合、金属結合
4 化学の基礎(4) 共有結合、混成軌道と分子の構造、分子の極性
5 化学計算の基礎 モル、アボガドロ、単位、濃度、密度
6 溶液の物理的性質 物質の三態、ボイル・シャルル、溶液の束一性、吸光度定量
7 酸と塩基 酸と塩基の定義
8 酸と塩基 中和
9 酸化と還元(1) 酸化と還元
10 酸化と還元(2) 酸化還元反応
11 化学平衡(1) 化学平衡、電離平衡、
12 化学平衡(2) 酸塩基平衡、溶解平衡
13 反応速度 一次反応速度、半減期
▲PAGE TOP

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
講師 齊藤 睦弘    
備考
授業の目的と概要
 薬学にとって化学は必須の学問であり、大学の化学を学習するためには、高校化学の内容を十分に理解し、応用できることが必要です。皆さんの多くは、高校で化学が得意であったかもしれません。しかし、試験に出る計算問題はできても、実習における溶液調製のための計算となるとできない人が案外多いものです。
 「化学演習」では、高校化学の内容を含めた化学の基礎的事項を復習するとともに、実践的な化学計算力を高めるための講義と演習を行います。
授業の方法
講義と演習を行います。
成績評価法
主として試験によりますが、演習なども加味して総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
プリントを配付します。
参考書
書名 著者名 出版社名
『ポイント化学計算』 坂本正徳 廣川書店
『《基礎固め》化学』 小島一光 化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 化学の基礎 原子の構造、周期表、化学結合
2 化学計算の基礎1 原子量と分子量、モル、化学反応式
3 化学計算の基礎2 単位、測定値の取り扱い
4 溶液の濃度と性質 濃度表示、沸点上昇と凝固点降下
5 酸と塩基1 酸・塩基の強弱
6 酸と塩基2 酸・塩基平衡と溶液のpH
7 沈殿と溶解 沈殿の生成と溶解
8 酸化と還元1 酸化数、酸化剤・還元剤
9 酸化と還元2 酸化還元反応の反応式
10 容量分析 含量の求め方
11 化学反応速度1 反応速度定数、反応の次数
12 化学反応速度2 一次反応速度式
13 化合物命名法 無機化合物の命名
▲PAGE TOP

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
講師 佐久間 覚    
備考
授業の目的と概要
 薬学には、修得すべき多くの「化学」関連科目があります。それらの内容は今まで聞いたこともない、また、かつて学んだ高校化学とは大きなギャップがあるものばかりです。しかしながら、高校レベルの化学の基礎知識と化学計算能力が備わっていてはじめて、これら専門性の高い「化学」関連科目の修得が可能となるのも事実です。
 「化学演習」では、高校で化学を選択した学生にはその内容の復習を、選択してこなかった学生にはそのレベルにまで化学の知識と能力を引き上げることを目的としています。具体的には高校レベルの化学の基礎知識の講義と、演習形式での化学計算の反復学習を行い、本授業の最後には基本的な化学計算を担当受講者全員ができるようになることを目標とします。
授業の方法
授業はプリントを用いて行います。基本的には毎回、小テストを実施し、受講者自ら練習問題に取り組むことで、確実な理解を目指します。
成績評価法
授業への出席状況、定期試験、小テスト等をもとに、総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
教科書は指定せず、プリントを用いて進めます
参考書
書名 著者名 出版社名
「化学」で指定する教科書
授業計画
項目 授業内容
1 化学の基礎(1) 物質の構成粒子、物質の分類など
2 化学の基礎(2) 共有電子対、電子配置、電気陰性度など
3 化学の基礎(3) イオン結合、共有結合、金属結合など
4 化学の基礎(4) 原子軌道、混成軌道、分子の極性など
5 化学の基礎(5) 酸と塩基、中和、酸化と還元など
6 化学の基礎(6) 化学平衡、電離平衡など
7 化学計算の基礎(1) 実験値の取扱い方と有効数字、SI単位など
8 化学計算の基礎(2) 酸化数、酸化剤と還元剤、酸化還元反応など
9 化学計算の基礎(3) 比重、比率、溶解度など
10 化学計算の基礎(4) モル濃度、規定度など
11 化学計算の基礎(5) 化学平衡、反応速度など
12 化学計算の基礎(6) 電離度、電離平衡など
13 化学計算の基礎(7) 水素イオン濃度とpHなど
▲PAGE TOP

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
講師 坂口 実    
備考
授業の目的と概要
 化学は薬学の基礎の一つです。化学の様々な考え方や理論を理解するためには、化学の計算力が必要です。高校や受験で化学を選択した人が多いと思いますが、実践的な場面では、持っている知識を応用できない人が案外多いものです。「化学演習」では、高校で学んだ化学の基礎的事項を改めて確認しながら、実践的な化学計算力を高めるための講義と演習を行います。
授業の方法
化学計算を中心に演習形式で行います。基本的事項を解説した後、練習問題を解くことで、今後の関連講義や実習に対応できるよう確実な理解を目指します。
成績評価法
学期末に行う定期試験の成績と、授業中の演習、出席状況から総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
資料を配布します。
参考書
書名 著者名 出版社名
『《基礎固め》化学』 小島一光 化学同人
『大学への橋渡し「一般化学」』 芝原寛泰、斉藤正治 化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 化学計算の基礎 (1) 実験値の取り扱い方と有効数字、SI単位
2 化学計算の基礎 (2) 指数計算、対数計算、その他の計算
3 化学計算の基礎 (3) 溶液の濃度、濃度の相互関係
4 化学の基礎 (1) 原子の構造(素粒子、量子論と量子数)
5 化学の基礎 (2) 化学結合(分子軌道と共有結合など)
6 化学量論 物質量、化学反応と化学量論
7 酸と塩基・化学平衡 (1) 酸、塩基、中和
8 酸と塩基・化学平衡 (2) 電離平衡、溶液のpH、緩衝液
9 酸と塩基・化学平衡 (3) 溶液のpH、緩衝液
10 溶解度 溶解度、溶解度積、沈殿平衡
11 酸化と還元 酸化数、酸化還元の反応式、酸化剤と還元剤の強さ
12 反応速度 反応速度、反応速度定数、一次反応の速度式
13 まとめ
▲PAGE TOP

化学演習  [Exercises in Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
講師 宮崎 誠    
備考
授業の目的と概要
 「化学」は地球上の様々な物質の性質や変化を理解し、その本質を明らかにしようとする学問です。自然科学である薬学や医学はいずれも、この化学と密接に関係しており、化学を応用することで発展してきました。化学は、これまでにも中学や高校で習ってきていますが、“定性的”な理解で留まっている事項も少なくありません。しかし、薬学は化学を実践する場です。この演習では、これから薬学を学んでいく上で、化学を実践可能なものとすべく、高校までに習った化学(有機化学を除く)の基礎的事項の復習から、“定量的”な扱いまでを演習します。
授業の方法
基礎的事項を整理した解説を交えながら演習を行います。演習では各自で練習問題に取り組んでもらい、必要に応じ宿題を課します。
成績評価法
試験や宿題、出席・演習状況を通して、総合的に評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
原則、プリントを配布しますので、特定の教科書は用いません。
参考書
書名 著者名 出版社名
『検定外 高校化学』 坪村 宏 他 化学同人
高校で使った化学の教科書
授業計画
項目 授業内容
1 化学の基礎 有効数字の扱い、SI単位系ほか
2 物質の構成と化学結合 物質の構成、原子とイオン、化学結合
3 物質量と化学反応式1 原子量・分子量と物質量、化学反応の量的関係
4 物質量と化学反応式2 原子量・分子量と物質量、化学反応の量的関係
5 物質の状態変化 粒子の熱運動と拡散、物質の三態と状態変化、液体の蒸気圧と沸騰
6 溶液の性質1 溶解のしくみ、固体の溶解度、溶液の濃度
7 溶液の性質2 溶解のしくみ、固体の溶解度、溶液の濃度
8 溶液の性質3 束一性、コロイド溶液
9 反応の速さと平衡1 化学反応の速さ、化学平衡
10 反応の速さと平衡2 化学反応の速さ、化学平衡
11 酸と塩基1 酸と塩基、中和反応と塩
12 酸と塩基2 酸と塩基、中和反応と塩
13 酸化還元反応 酸化還元反応
14 まとめ
▲PAGE TOP