トップページへ

分析化学実習  [Practice in Analytical Chemistry]

開講情報
2年次 前期 1単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 千熊 正彦 講師 齊藤 睦弘 助教 佐藤 卓史
備考
授業の目的と概要
 「分析化学実習」では、定量分析の知識や技術の修得を目的とし、容量分析や機器分析に関する実習を行う。
授業の方法
実習全体の内容に関して講義を行った後、数名ずつのグループに分かれて実習を行う。
成績評価法
レポート、出席、実習態度、筆記試験、等をもとにして総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
実習テキスト
授業計画
項目 授業内容
1 実習講義 実習全体の講義
2 器具点検と試液調製 器具の点検、洗浄、および試液の調製
3 容量分析(1)〜酸塩基滴定〜 医薬品の定量
4 容量分析(2)〜酸化還元滴定〜 医薬品の定量
5 光分析(1) 医薬品の定量
6 光分析(2) 反応の解析
7 高速液体クロマトグラフィー(1) 医薬品の定性
8 高速液体クロマトグラフィー(2) 医薬品の定量
▲PAGE TOP