トップページへ

病原微生物学  [Pathogenic Microbiology]

開講情報
2年次 後期 1.5単位 必修
担当教員
非常勤講師 中川 俊正    
備考
授業の目的と概要
 病原微生物には細菌やウイルスなどさまざまなものがあります。これらの微生物はヒトと共存している場合が多く、宿主の防御能力と微生物の病原性とのバランスが保たれている場合には何も起こりませんが、それらが崩れる、あるいは何らかの外的要因が加わる時に感染症を惹き起こします。本講義では、病原微生物の基本的な作用とともにヒトや環境の要因を同時に学ぶことにより、微生物が病原性を発揮するさまざまな場面について事例を通し学習します。
授業の方法
教科書を用いて授業を行います。必要に応じて資料を配布します。
成績評価法
小テスト、定期試験および出席状況を総合して評価します。
教科書
書名 著者名 出版社名
『感染と微生物の教科書』 田爪正気 他 研成社
授業計画
項目 授業内容
1 病原微生物学の基礎知識 病原体の大きさと形
2 感染症とは何か 感染が成立するには
3 感染防御 免疫の役割、病原体別の感染防御
4 細菌感染症 ブドウ球菌、腸チフス、コレラなど
5 細菌感染症2 緑膿菌、セラチア、結核など
6 ウイルス感染症 麻疹、水痘、ヘルペスなど
7 真菌・原虫感染症 カンジダ、疥癬、マラリアなど
8 食中毒 毒素型と感染型、細菌、ウイルスなど
9 感染症の予防と治療1 ワクチン、滅菌、消毒
10 感染症の予防と治療2 抗菌剤と薬剤耐性菌
11 院内感染対策 日和見感染、針刺し事故など
12 感染経路別予防策 空気感染予防策、隔離など
13 まとめ 新興、再興感染症など
▲PAGE TOP