トップページへ

衛生薬学1  [Hygienic Sciences 1]

開講情報
2年次 前期 1.5単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 教授 藤本 陽子 講師 佐久間 覚  
備考
授業の目的と概要
 衛生薬学とは、文字に示される如く、生を衛(まも)るという素朴な人類の知恵を、化学をバックボーンとして科学的に体系づけた学問であり、わが国の薬学を特色づける分野として伝統が保たれている。ことに最近は、環境衛生、食品衛生ならびに保健衛生に関する種々の問題が提起され、衛生薬学の領域もますます広範になりつつある。
 生物体を取り巻く地圏、水圏、気圏からなる環境は人間の健康と密接な関係を有するもので、環境中の有害因子を制御することが環境衛生の目的である。人間が自らを生き、そして生活するために必要な衣食住は、文明の発展に伴って多様化し、人間を取り巻く環境も急速に変化してきた。人間は、環境の変化から生ずる種々の影響に対処するため、あるいは、種々の病因から健康を維持するために、生活の中に衛生という科学的概念を取り入れ、生命の健全化をはかってきた。しかしながら、生産活動の高度な発展は、20世紀後半において、生活環境を破壊し、健康をおびやかす要因までつくり出すに至った。環境問題は日増しに重要性をおび、もはや全世界の共通課題となっている。すなわち、現代は、公害と環境保全の時代であり、生命現象を細胞レベルで捉え、人間の生存にかかわる環境問題と取り組み、よりよい環境を築いていくことは、現代社会に住む我々に残された最も重要な課題の一つであると思われる。
 「衛生薬学1」では、生態すなわち環境と生物の関わり、ならびに環境中の有害化学物質の毒性とそれらの生体内代謝について講述する。われら人間が生きていくこの環境、only one earth(かけがえのない地球)が一日も早くその望ましい姿を取り戻すことを願いつつ。
授業の方法
教科書およびプリントを中心に講述する。
成績評価法
『授業科目の履修要項』に準じ、筆記試験により判定する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『考える衛生薬学第3版2刷』 伊藤誉志男、鈴木和夫、平山晃久 廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 地球環境と生態系 地球環境の成り立ち、生態系の構成員
2 地球環境と生態系 化学物質の環境内動態、食物連鎖、生物濃縮
3 有害化学物質の毒性 重金属
4 有害化学物質の毒性 農薬
5 有害化学物質の毒性 農薬
6 有害化学物質の毒性 ポリ塩化ビフェニル、ダイオキシン
7 有害化学物質の毒性 内分泌かく乱化学物質
8 化学物質の安全性評価と規制 化学物質の毒性を評価するための試験法
9 化学物質の安全性評価と規制 1日許容摂取量、化審法
10 化学物質の代謝・代謝的活性化 有害化学物質の吸収・分布・代謝(第一相と第二相反応)・排泄
11 化学物質による発がん
発がん性物質の代謝的活性化、変異原性試験
12 化学物質による中毒と処置 化学物質の中毒症状
13 化学物質による中毒と処置 化学物質の解毒処置法
▲PAGE TOP