トップページへ

生化学2  [Biochemistry 2]

開講情報
2年次 前期 1単位 必修
担当教員
教授 池田 潔    
備考 前・後期実施
授業の目的と概要
 生体系が、生命の維持のために栄養物や細胞成分由来の化合物を再利用し、またはエネルギーを取り出すために、それらを分解する過程のことを異化という。また、簡単な化合物から生体分子を合成する過程のことを同化または生合成という。そして、それらの過程の全体を代謝という。一般に、栄養分子などが異化反応で発エルゴン的に酸化されるときに遊離する自由エネルギーは、ATPなどの高エネルギー化合物を中間体として組合わされ、吸エルゴン的な同化反応のほか、機械的仕事、分子の能動輸送などが効果的に進行するために使われる。
 1年次において「基礎細胞生物学1」、「基礎細胞生物学2」、および「生化学1」などで学んだことを基礎として、代謝と生体エネルギー論の基礎を学ぶために、2年次では「生化学2」と「生化学3」を履修する。この「生化学2」では、代謝の概説から始めて、主として糖質代謝、その調節機構などを学ぶことになるが、理解をより深めるために、まず、糖質を含む関連の生体分子の構造と性質などについて学習する。
授業の方法
教科書および配布プリント(演習問題集など)を用いて講義形式で行うが、演習形式で行うこともある。
成績評価法
学期末の定期試験の成績に、中間試験や課題レポートの成績、出席状況などを加味して総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『第4版 レーニンジャーの新生化学』 山科郁男(監修)、 川嵜敏祐(監訳) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『第4版 キャンベル生化学』 川嵜敏祐(監訳) 廣川書店
『第2版 ヴォート 基礎生化学』 田宮信雄 他(訳) 東京化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 糖と多糖(復習) 単糖、多糖、糖タンパク質の構造と性質
2 代謝の概説(1) 代謝反応の熱力学、高エネルギー化合物
3 代謝の概説(2)  反応の共役、酸化還元反応
4 グルコースの異化代謝(1) 解糖の反応、発酵(ピルビン酸の嫌気代謝)
5 グルコースの異化代謝(2) 解糖の調節、グルコース以外のヘキソースの代謝、ペントースリン酸経路、グルクロン酸経路
6 グリコーゲン代謝(1) グリコーゲンの分解と生合成
7 グリコーゲン代謝(2) グリコーゲン代謝の制御
8 糖新生 糖新生経路、糖新生の調節、コリ・サイクル、その他の糖生合成経路
9 クエン酸サイクル(1) アセチルCoAの生合成、クエン酸サイクルの概要
10 クエン酸サイクル(2) クエン酸サイクルの調節、グリオキシル酸経路
11 電子伝達と酸化的リン酸化(1) ミトコンドリア、シャトル機構、電子伝達
12 電子伝達と酸化的リン酸化(2) 酸化的リン酸化など
13 光合成 葉緑体、明反応と暗反応
▲PAGE TOP