トップページへ

有機スペクトル解析学  [Spectroscopic Analyses in Organic Chemistry]

開講情報
2年次 後期 1単位 必修
担当教員
准教授 有本 正生    
備考
授業の目的と概要
 天然物化学から得られる化合物や有機合成化学から得られる化合物はすべて有機化合物であり、また、医薬品の成分も有機化合物である。その構造を把握することにより、反応機構や薬理効果を理解できるのである。有機スペクトル解析は、その構造を解くために最も重要な情報を与えてくれます。この講義において、各種スペクトルの基本を習得し、応用に役立たせることを目的とする。
授業の方法
各種スペクトルを原理からスペクトルの読み方についての基本を解説し、実際のスペクトルチャートを見ながら、有機化合物の構造決定を行っていく。
成績評価法
試験の成績に出席率およびレポート等を加味して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『有機化合物のスペクトル解析入門』 L.M.ハーウッド、T.D.W.クラリッジ 化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 構造決定に用いる機器分析の概要
2 紫外可視吸収スペクトル1 原理、測定法、紫外可視吸収
3 紫外可視吸収スペクトル2 スペクトルの応用(演習)
4 赤外吸収スペクトル1 原理、測定法、特性吸収帯
5 赤外吸収スペクトル2 スペクトルの応用、官能基の帰属(演習)
6 H核磁気共鳴スペクトル1 原理、測定法、ケミカルシフト値および影響を与える要因
7 H核磁気共鳴スペクトル2 積分曲線、シグナルの分裂、スピン結合定数、重水素置換、化合物の構造決定
8 H核磁気共鳴スペクトル3 スペクトルより化合物の構造決定(演習)
9 C核磁気共鳴スペクトル 得られる情報の解析、炭素のケミカルシフト
10 質量分析法1 原理、測定法、ピークの種類、同位体元素のMSスペクトル
11 質量分析法2 高分解能スペクトルによる組成式の決定、マススペクトルの解析(演習)
12 旋光度、旋光分散、円二色性 原理、測定法、旋光度と絶対配置、
比旋光度の計算
13 有機スペクトルの総合演習 スペクトルに関する総合的な演習
▲PAGE TOP