トップページへ

人間と文化4e(ドイツ語・フランス語)  [Humanities 4e (German / French)]

開講情報
2年次 後期 1単位 選択
担当教員
備考
授業の目的と概要
 この講義では「ドイツ語3」・「フランス語3」までの学習で培った、語学の読解能力をさらに高め、あわせてドイツあるいはフランス(EU)と日本との歴史や社会、置かれている状況の違いを認識することを目指す。それによって、視野を広め、今後の考察の参考としてもらいたい。
1.科学・歴史・文学・社会的現状などの種々の内容のテクストを講読し、中級以上の読む力を養う。どの内容のテクストを用いるかは学生との話し合いによって決定する。(ただし初回のテクストは教員の選択による)
2.視聴覚教材を用いて、ドイツあるいはフランスの歴史・宗教・社会の現状などを日本社会の現状と比較し考察する。
クラス分けの決定
・学生はシラバスと第1回目の講義を参考に、希望する講義を選択する。
・授業の概要・方法・成績評価法・教科書・参考書等については第1回目の講義で説明する。
担当者一覧
Aクラス Bクラス
加藤教授 
松島教授 
桝矢非常勤講師  
加藤教授 
松島教授 
桝矢非常勤講師
人間と文化4e(ドイツ語・フランス語) 開講クラス一覧(クラス)
担当者 テキスト・内容紹介
教授 加藤 義春 授業の目的と概要
 この授業では、「ドイツ語4」までの学習で培ったドイツ語の読解能力をさらに高め、あわせてドイツと日本との歴史や社会、置かれている状況の違いを認識することを目指す。つまり、人権・環境問題、病気の社会史、経済・社会・政治的現状など種々の内容のテクストを講読し、中級以上のドイツ語を読む力を養いながら、異文化理解の視野を広げ、医療の一端を担う薬学を学ぶ学生として素養を深めてもらいたい。

授業の方法
 種々のテクストを和訳し文法の復習をしながら、それぞれの内容の比較史的理解に力点を置くことによって、現代が直面する諸問題を学生諸君とともに考察していきたい。

成績評価法
 出席・報告・リポート試験などを、総合的に評価する。

教科書
 配布するプリントを、テクストとする。

授業計画
 初回のテクストは教員の選択により、2回目以降どのような内容のテクストを用いるかは、逐次、学生諸君との話し合いによって決定しながら、授業を進めていきたい。
教授 松島 哲久 フランス語をさらに勉強したい学生諸君を対象として、フランス語の素晴らしさ、明晰な論理、思想の豊かさを伝えたい。プリントで現代フランス思想のいくつかの文献を読み、半ば解説、半ば演習形式で行う。
非常勤講師 伊藤 信也  ドイツ現代思想の思想家によるテキストから比較的読みやすい論文を選び、その思想家についての解説を加えながら少しずつ読んでいきます。複数のテキストを提示し、そのうち一本を使用します。第二次大戦や戦後世界に関する論考を扱う予定です。
▲PAGE TOP