トップページへ

基礎有機化学  [Fundamental Organic Chemistry]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
講師 和田 俊一    
備考
授業の目的と概要
 有機化学は「炭素化合物の化学」と言われるように、炭素原子を含む化合物を対象とした学問であり、我々を取り巻く環境と密接な関わりを持っている。特に人間は有機物質によって構成され、生体内のほとんどの反応は有機物質が関与している。また、我々が扱う医薬品の多くが有機反応で作られた有機化合物や天然有機化合物である。これらの観点から、薬学生の基礎知識として有機化学を学び、有機化合物の構造や化学的性質を理解することは極めて重要である。
 「基礎有機化学」では高校の有機化学の復習を交え、大学で必要不可欠な有機化学の基礎知識をしっかり身につけ、新入学生の実力から大学専門科目に進むための高度な知識の習得を目指す。
授業の方法
主として講義形式で行う。教科書の他に必要に応じて授業内容に則したプリントを用意する。
成績評価法
学期末に行う定期試験の成績に授業中の演習、出席状況等を加味して総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『有機化学入門』 池田正澄 他 廣川書店
HGS分子構造模型A型セット 丸善(株)
参考書
書名 著者名 出版社名
『絶対わかる有機化学』 斎藤勝裕 講談社サイエンティフィク
『ハート基礎有機化学』 秋葉欣哉 他(訳) 培風館
『ポイント有機化学演習』 池田正澄 (編) 廣川書店
授業計画
項目 授業内容
1 化学結合(1) 総論、原子の構造、イオン結合と共有結合
2 化学結合(2) 分子軌道法に基づく化学結合
3 異性体(1) 構造異性体、幾何異性体、鏡像異性体、光学異性体ならびに配座異性体
4 異性体(2) 構造異性体、幾何異性体、鏡像異性体、光学異性体ならびに配座異性体
5 アルカンとシクロアルカン アルカンとシクロアルカンの名前の付け方、性質、反応性
6 ハロゲン化アルキル ハロゲン化アルキルの名前の付け方、性質、反応性
7 アルケンとアルキン アルケンとアルキンの名前の付け方、性質、反応性
8 芳香族化合物 芳香族化合物の名前の付け方、性質、反応性
9 アルコールおよびフェノール アルコールおよびフェノールの名前の付け方、性質、反応性
10 エーテルおよびエポキシド エーテルおよびエポキシドの名前の付け方、性質、反応性
11 アルデヒドとケトン アルデヒドとケトンの名前の付け方、性質、反応性
12 カルボン酸とその誘導体 カルボン酸、エステル、酸ハロゲン化物、酸無水物、酸アミドの名前の付け方、性質、反応性
13 アミン アミンの名前の付け方、性質、反応性
▲PAGE TOP