トップページへ

薬学/医学概論  [Introduction to pharmaceutical sciences and general clinical medicine]

開講情報
1年次 前期 0.5単位 必修(☆印は担当代表者)
担当教員
☆ 学長 栗原 拓史 教授 田中 一彦 教授 田中 孝生
備考
授業の目的と概要
薬学概論: 日本薬学会から発行されている冊子を用いて、これから薬学を学ぼうとする新入学生へ、21世紀の”薬学”について展望する。併せて、一度は耳にした事のある化合物の“なまえ“と歴史的な背景を医療への歩みと関連付けながらまとめられた本(参考書参照)を参考にして、「くすり」の歴史を辿りつつ、 ”薬学とは何か“について解説する。さらに、薬剤師として社会で活躍していく将来像の一端を
「これからの薬剤師像(医療薬学」、「薬を使う(医療薬学)」「薬を管理する(社会薬学)」に分け、それぞれの立場で実体験された専門家からの話を聞くことにする。
医学概論: 薬学教育において、病棟活動における服薬指導などを遂行できうる高度な職能を付加するために、医療現場に即した知識の“広がり”と“充実”を図らなければならない。その一環として、早期における医療薬学導入教育として位置づける講義を行う。
授業の方法
複数の講師により、必ずしも教科書にとらわれることなく、ビデオ、スライドや資料などを用いて、講義をすすめる。
成績評価法
講義への出席と課題レポート(薬学概論)
試験の結果に、講義への出席を加味する。(医学概論)
教科書
書名 著者名 出版社名
『薬学としごと』、『これから薬学をはじめるあなたに』 日本薬学会
参考書
書名 著者名 出版社名
『歴史の中の化合物』 山崎幹夫 東京化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 薬学とは何か 薬の歴史と歴史の中の化合物 
−くすりと医療の歩み−
2 薬を使う 医療の現場における実態   
医療人としての薬局薬剤師の働きと使命
3 これからの薬剤師像 医療の現場における実態
薬学教育6年制に求められる薬剤師像と使命
4 薬を管理する 薬と社会のかかわり
医薬品の流通と管理
5 身体を知る(その1) 基準値の重要性
6 身体を知る(その2) 症候の重要性
▲PAGE TOP