トップページへ

機能形態学1  [Physiological Anatomy 1]

開講情報
1年次 後期 1単位 必修
担当教員
教授 高岡 昌徳    
備考
授業の目的と概要
 人体の構造と機能を学ぶことは、ヒトの健康を守り、疾病の予防や治療にかかわる分野の基礎学習の中で、最も重要な位置を占める。また、人体の病的状態を理解するためにも、正常な人体の仕組みを学ぶ意義は大きい。本講義では、人体の構造と機能に関する基礎的な知見について講述する。
授業の方法
人体を構成する主要器官及び器官系について、形態・構造及びその機能と調節機構を解説する。
成績評価法
定期試験、授業への出席状況、小テストなどを総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『機能形態学』 櫻田 忍、櫻田 司 南江堂
授業計画
項目 授業内容
1 概論 人体の構成と機能
2 概論 人体の調節機構
3 末梢神経系 自律神経
4 末梢神経系 自律神経
5 末梢神経系 自律神経
6 末梢神経系 体性神経
7 末梢神経系 体性神経
8 中枢神経系 脊髄
9 中枢神経系 脊髄
10 中枢神経系 大脳皮質と辺縁系
11 中枢神経系 大脳基底核
12 中枢神経系 間脳
13 中枢神経系 脳幹
▲PAGE TOP