トップページへ

有機化学1  [Organic Chemistry 1]

開講情報
1年次 後期 1単位 必修
担当教員
教授 春沢 信哉    
備考
授業の目的と概要
 有機化学とは地球上の全ての生命体を形作る構成要素である炭素化合物について勉強する学問である。我々が日頃目にする「くすり」のほとんどは有機化合物である。そして、将来、医薬品や複雑な有機化合物を合成したりする領域に進む者はもちろん、「くすり」を患者に説明したりする領域や、生物系の分野に進む者にも、その基礎となる有機化学の習得は不可欠である。何故なら生体内で繰り広げられている一見複雑な分子レベルでの反応の一つ一つは、今から学ぶ簡単な有機反応論によって説明されることが多く、また基礎的な有機立体化学を勉強することによって生体内反応の理解が飛躍的に深まるからである。
授業の方法
「有機化学1」〜「有機化学4」で、薬学の基礎科目としての有機化学の重要性を認識させ、学生が興味を抱けるよう2年間かけてゆっくりと演習を交えながら講義する。
成績評価法
試験の成績と出席/課題の提出を加味して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『ソロモンの新有機化学(上)第7版』 花房昭静、池田正澄、上西潤一(監訳) 廣川書店
参考書
書名 著者名 出版社名
『有機反応機構 第5版』 久保田尚志(訳) 東京化学同人
授業計画
項目 授業内容
1 炭素化合物と化学結合 総論、有機化合物の構造論、化学結合、電気陰性度、オクテット則
2 炭素化合物と化学結合 ルイス構造、形式電荷、共鳴
3 炭素化合物と化学結合 原子軌道、分子軌道、軌道の混成、軌道の混成(sp3,sp2,sp混成軌道)と分子の構造および性質
4 代表的な炭素化合物と化学反応 炭化水素(アルカン、アルケン、アルキン、芳香族炭化水素)、官能基による有機化合物の分類と命名法、基本的性質、極性分子と非極性分子
5 有機化合物の物理的性質と分子構造 分子間相互作用
6 有機化学反応序論:酸と塩基 酸と塩基反応と酸・塩基の強さ
7 有機化学反応序論:酸と塩基 化学構造と酸性度・塩基性度の関係
誘起効果と共鳴効果
8 代表的な有機化合物の命名法 炭化水素、ハロゲン化アルキル、アルコールのIUPAC4命名法
9 アルカンの立体配座と配座解析 Newman投影式
10 シクロアルカンの立体配座と相対的安定性 角度およびねじれひずみと置換シクロヘキサンの立体配座
11 立体化学、キラル分子 構造異性体と立体異性体:エナンチオマーとジアステレオマー
12 立体化学、キラル分子 キラル分子と(R)-(S)命名法、Fischer投影式、エナンチオマーの性質、光学活性
13 立体化学、キラル分子 環式化合物の立体異性およびその他のキラル分子、光学分割
▲PAGE TOP