トップページへ

ドイツ語3  [German 3]

開講情報
1年次 後期 1単位 選択必修
担当教員
教授 濱中 久美子    
備考
授業の目的と概要
1)「ドイツ語1」、「ドイツ語2」に引き続き、ドイツ語1・2と同テキストを用いて文法を学ぶ。なお「ドイツ語1」、「ドイツ語2」の文法説明が完了していない場合は、それを補う。
2)ドイツ文化・社会などの理解を深めてもらう。
授業の方法
1)「ドイツ語1」のテキストを引き続き用い、ドイツ文法をすべて修得・復習する。
2)文法修得後、あるいは修得期間中に初級のドイツ語文を読む練習を開始する。テキストはプリントで配付する予定。
3)適時、小テストを行ったり、課題レポートを提出してもらう。
4)ドイツに関するビデオや映画を見てもらい、ドイツの実情・日本との違いなどを種々な面から把握してもらう。 
成績評価法
定期試験の成績、出席や発表の状況、その他の課題提出などを総合的に判断して評価する。授業時間中における発表は平常点として加味するので、必ず行うこと。
教科書
書名 著者名 出版社名
EXE12(エクセ12-ドイツ文法(新改訂版)) 西本美彦、西本アンゲリカ 朝日出版社
授業計画
項目 授業内容
1 復習と練習、EXE(9) 「ドイツ語1」・「ドイツ語2」のテキストのうち未習得の部分を補う.
分離・非分離動詞の形態と用法の説明。
2 EXE(9) 再帰代名詞・再帰動詞の形態と用法の説明。前回の復習と問題練習。
3 EXE(9)、EXE(10) 前回の復習と問題練習。定関係代名詞の形態と用法の説明。指示代名詞の形態と用法の説明。前置詞と定関係代名詞の融合形の説明。
4 EXE(10) 前回の復習と問題練習。不定関係代名詞の形態と用法の説明。
5 EXE(10) 前回の復習と問題練習。AV資料を用いる。
6 EXE(11) AV資料を用いる。受動態の形態と用法の説明。
7 EXE(11) 受動態以外の受動表現を説明。前回の復習と問題練習。
8 EXE(11) 時刻の表現・曜日・月名を学ぶ。前回の復習と問題練習。
9 EXE(12) 接続法の形態と時称および用法の説明。
10 EXE(12) 同上。前回の復習と問題練習。
11 講読(1) 初級の読み物の講読を行う。
12 講読(2) 同上。
13 講読(3) 同上。
▲PAGE TOP

ドイツ語3  [German 3]

開講情報
1年次 後期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 中村 惠    
備考
授業の目的と概要
 初級から中級程度のテキストの読解に必要な文法知識を習得する。「ドイツ語1」、「ドイツ語2」(ともに前期)と連携して授業を行う。
授業の方法
(1)テキストに沿ってそれぞれの文法項目を説明したのち、練習問題をする。テキストの練習問題で十分でない時は適宜プリントを使用する。
(2)重要な項目については小テストを行う。
(3)折に触れ、ヴィデオ・CDなど視聴覚教材を通してドイツ語の実状・文化も紹介する。
成績評価法
出席状況、小テスト、課題の提出、授業中の発表、定期試験の結果などを総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『エクセ12−ドイツ文法(新改訂版)』 西本美彦、西本アンゲリカ 朝日出版社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。なお、独和辞典は、新正書法対応のものを購入すること。電子辞書は不可。
授業計画
項目 授業内容
1 EXE 9 (1) 分離動詞について学ぶ。
2 EXE 9 (2) 再帰代名詞・再帰動詞について学ぶ。
3 EXE 10 (1) 関係代名詞・関係文について学ぶ。
4 EXE 10 (2) 先行詞を必要としない関係代名詞について学ぶ。
5 EXE 11 (1) 受動態について学ぶ。
6 EXE 11 (2) 自動詞の受動文について学ぶ。
7 EXE 11 (3) 様々な受動的表現について学ぶ。
8 時刻などの表現 曜日名・月名ならびに時刻・日付の言い方について学ぶ。
9 EXE 12 (1) 接続法第1式について学ぶ。
10 EXE 12 (2) 接続法第2式について学ぶ。
11 EXE 12 (3) 接続法についての練習問題をする。
12 ヴィデオ鑑賞 ドイツの現代映画をヴィデオで鑑賞する。
13 予備日 今までのまとめと練習問題をする。
▲PAGE TOP

ドイツ語3  [German 3]

開講情報
1年次 後期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 桝矢 桂一    
備考
授業の目的と概要
 ドイツ語文法の基本的知識を習得し、ドイツ語を読む事が出来るようになることを目指す。「ドイツ語1」、「ドイツ語2」(共に前期)、「ドイツ語3」(後期)と連携して授業を行う。「ドイツ語3」では「ドイツ語1」、「ドイツ語2」で取り扱わなかった文法事項を含め、詳細にドイツ語文法を扱う。又、初級から中級程度のドイツ語を講読する。
授業の方法
学生諸君が予習している事を前提に授業する。文法事項を解説し、練習問題を解く。更に、ドイツ語の文章を講読する。
成績評価法
習熟度に応じて評価する。学期末に試験を実施する。予習など授業での努力も成績評価の対象とする。
教科書
書名 著者名 出版社名
『文法システム15』 西本美彦、Nishimoto, Angelika、高田博行 同学社
『大学のドイツ文法 緑版』(Schulgrammatik für Studenten Gründe Ausgabe) 岡田朝雄、岩崎英二郎 朝日出版社
授業計画
項目 授業内容
1 高度なドイツ語文法について
2 高度なドイツ語文法について
3 高度なドイツ語文法について
4 高度なドイツ語文法について
5 高度なドイツ語文法について
6 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語の講読
7 ドイツ語講読
8 ドイツ語講読
9 ドイツ語講読
10 ドイツ語講読
11 ドイツ語講読
12 ドイツ語講読
13 ドイツ語講読
▲PAGE TOP