トップページへ

英語1  [English 1]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
教授 坂田 勝治    
備考
授業の目的と概要
・「科学英語」の入門コースとして、初歩的な科学英文を読む。本書は、"Everything is connected to everything." というエコロジーの基本的な原則に基づき、環境、健康、福祉に関する諸問題はお互いに密接なつながりがある、という考えに基づいて書かれている。これらの科学を題材にした英語の文章に触れて、基本的な科学用語の語彙を増加させ、論理的思考力を要する英語になれることを目的とする。
・併行して、TVの海外英語ニュース番組を観て、リスニング力を身につける練習をする。
・英語の基本的な文章構造の理解と、長文の英語に慣れることに重点をおいて、読解力の養成を図る。
・読むに際しては、「翻訳」などにとらわれず、「英文そのものを読んで分かる」ように、「結局どういうことが書いてあるのか」が分かるように努める。
・英語を「道具」として情報を手に入れ、それを考察する。
授業の方法
・授業は演習形式で行うので、予習は絶対に不可欠である。
・「英語演習」という観点から、「授業への参加」をきわめて重視する。
・テキストを媒体として、クラスでの直接的な質疑を通じて、英語力の総合的な訓練を行う。
・「結局どういうことが書いてあるのか」を中心に問題点を提起する。
成績評価法
・「定期試験+授業での活動+出席」で総合評価する。
・「授業での活動」には、発表態度、小テストの受験及び課題の提出などを含む。
・小テストは期末に行う試験と同様に、重要である。
教科書
書名 著者名 出版社名
Making Connections--Health, Welfare, and Environment 『21世紀の健康・福祉・環境』 JBruce Allen and M. Shishido Seibido
授業計画
項目 授業内容
1 オリエンテーション
2 The Tirednes Epidemic: A Signal to Wake Up?
3 Addictions: All in the Family
4 Environmental Welfare Pioneers: Ishimure Michiko and Rachel Carson 
5 Health and Welfare: Where To? Who For? What For?
6 Dementia and Alzheimer's Disease: Aging, Forgetting, and Caring
7 Physical Therapists: Partners in Finding the Way Back to Health
8 Genetic Testing and Technology: Designing Our Future?
9 Cosmetic Surgery and Health: The Gray Area between Medicine and Fashion
10 Taking the World's Temperature: Getting a Fever--or the Chills?
11 Beat the Heat: Cool Advice for a Hot World
12 Welfare for the Elderly: New Challenges, New Ideas
13 The STD Family: Time for a Refresher Course
14 (Total Review---Question and Answer)  
▲PAGE TOP

英語1  [English 1]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
助教授 阿部 功    
備考
授業の目的と概要
 医療に携わるものは、高齢者問題を避けて通ることはできない。ここに取り上げたTender Loving Care(介護医療の心得)は、介護医療に関わる諸問題を英語を通して理解することを課題としている。英語力の涵養を図ると共に知的関心領域の拡張を心がけてほしい。併せて、リスニング演習を行なう。
授業の方法
演習方式で進める。発表者はもとより出席者一人一人が予習をしていることを前提に、講義を進める。 
成績評価法
出席と試験(レポートを課すことがある)  
教科書
書名 著者名 出版社名
TENDER LOVING CARE Jim Knudsen 南雲堂
Listening Navigator for the TOEIC Test S. Eguma et.al 成美堂
授業計画
項目 授業内容
1 Introduction 使用テキストの紹介とリスニングの進め方を指示
2 1.Our Aging Population 15分間、リスニング演習を行う
3 2.The Gold Plan         同上
4 3.A Lesson In Caring         同上
5 4.Emotional Well-being         同上
6 5.Danger Signs         同上
7 6.For Children Only         同上 
8 7.The Power Of Music         同上
9 8.Multicultural Care         同上
10 9.Asisted Living         同上
11 10.Bedside Manner         同上
12 11.Euthanasia         同上 
13 12.You're Never Too Old         同上
14 ENGLISH TEST
▲PAGE TOP

英語1  [English 1]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
助教授 楠瀬 健昭    
備考
授業の目的と概要
 長文を読む力を養う。長文が読めるようになるためには、段落の構造、構文の理解、単語や連語の把握とともに文章の背景の知識、常識が必要です。それらの点に留意しながら、想像力を駆使して、長文を読もう。英語から日本語への表面的な変換に終始するのではなく、著者の意図を読み取ろう。そうしてこそ、本来の意味で読めたことを実感し、英語を書く、話す、聞き取ることへと結びつく。
授業の方法
村上春樹の小説を英訳で読む。
授業のはじめに前回読んだ範囲から書き取りテストを行う。
長文読解は演習形式。
成績評価法
出席+発表+英語テストによる総合評価 
教科書
書名 著者名 出版社名
Vintage Murakami Haruki Murakami Vintage
授業計画
項目 授業内容
1 Introduction Listening & Reading
2 Norwegian Wood  Listening & Reading
3 Norwegian Wood Listening & Reading
4 Barn Burning Listening & Reading
5 Barn Burning Listening & Reading
6 Shizuko Akashi Listening & Reading
7 Shizuko Akashi Listening & Reading
8 Honey Pie Listening & Reading
9 Honey Pie Listening & Reading
10 Lieutenant Mamiya's Long Story 1 Listening & Reading
11 Lieutenant Mamiya's Long Story 1 Listening & Reading
12 Lieutenant Mamiya's Long Story 2 Listening & Reading
13 Lieutenant Mamiya's Long Story 2 Listening & Reading
14 Ice Man Listening & Reading
▲PAGE TOP

英語1  [English 1]

開講情報
1年次 前期 1単位 必修
担当教員
非常勤講師 樋口 久    
備考
授業の目的と概要
 科学の分野における英語を読む基礎力を養うため、基礎語彙を扱った教材をこなす。
授業の方法
基本的に教科書に沿って進めつつ、適宜小テストを行なう。1章を2回の授業で終わるのを目安にするが、別表の「授業計画」はあくまでも目安である。時間的余裕があれば、適宜映画の予告編なども教材として使用する。
成績評価法
出席・参加状況と、授業時間内に実施する小テストを総合して評価する。語学は習慣によって身につけるものであることを忘れないでほしいと願う。
教科書
書名 著者名 出版社名
College Vocabulary 2 Chaudron Gille Houghton Mifflin (ISBN 0-618-23025-4)
授業計画
項目 授業内容
1 Chapter 1 Money Matters
2 Chapter 1 Money Matters
3 Chapter 2  Founding Principles
4 Chapter 2 Founding Principles
5 Chapter 3 Math Problems
6 Chapter 3 Math Problems
7 Chapter 4 Global Migration
8 Chapter 4 Global Migration
9 Chapter 5 The Science of Food
10 Chapter 5 The Science of Food
11 Chapter 6 Psychology
12 Chapter 6  Psychology
13 (小テスト・その他の教材のための予備時間)
▲PAGE TOP