トップページへ

人間と文化2  [Humanities 2 (Clinical Anthropology)]

開講情報
1年次 後期 1単位 必修
担当教員
非常勤講師 桝矢 桂一    
備考
授業の目的と概要
 人間学とは、文字通り、「人間」を問う学問である。では、臨床人間学とはどのような学問であるのか。単に「人間」を問うのではなく、個々の顔を持った「人間」を問うのである。個々の人間は日常を生き、生活の現実の場に根差し生きている。身体的に病を患っているとしても、その人は依然として「生きており」、生活している。「臨床」という観点は、そのような人間の生活の現場に立ち合い、そこでの人間(存在)を問うのでなければならない。
  例えば、身体的な病とは何らかの症状を持つものであり、医学的・生物学的にその症状は人間に害をもたらす。これを人間から取り除く事が医療であるとしても、その医療が対象となる病を患う人の日常的個別的存在の多様性を顧みないならば、それは単に唯物論的な仕方で病にのみ向き合っているに過ぎず、「臨床的」であるとは言えない。「臨床的」であるとは、個別の人間存在に向き合うのでなければならない。人間とは、過去を生きた存在であり、未来に向かっている存在であり、今を生きる者である。単なる事物の存在とは異なる人間存在についての視点が、臨床という観点の核にあると考えられる。事物が有るという事態とは決定的に異なる、今を生きる人間の存在について考察し、「臨床」という観点に立脚した人間存在というものを明らかにしたい。
授業の方法
上記の目的のために、従来の哲学思想の中から、ハイデッガーらの思想に着目する。ハイデッガーに依拠し、人間存在を「死への存在」として捉えつつ、物の有り様とは異なる人間存在について論じる。又、中村雄二郎は「臨床の知」を支えるものの一つとして「身体性をそなえた行為」をあげる(中村雄二郎著、『臨床の知とは何か』、1992年、岩波書店)が、その「身体性」とはどのようなものであるのか吟味したい。
成績評価法
学期末に実施する試験により評価する。
授業計画
項目 授業内容
1 はじめに 「臨床的」であることについて
2 人間学とは何か 西洋思想史における人間学の位置付け
3 人間の在り様 ハイデッガーの「現存在」・人間の死の問題など
4 人間の在り様 ハイデッガーの「現存在」・人間の死の問題など
5 人間の在り様 ハイデッガーの「現存在」・人間の死の問題など
6 身体性の問題
7 身体性の問題
8 身体性の問題
9 身体性の問題
10 身体性の問題
11 身体性の問題
12 身体性の問題
13 まとめ
▲PAGE TOP