トップページへ

人間と文化1a(人間と法)  [Humanities 1a (Human and Law)]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択
担当教員
非常勤講師 土居 俊平    
備考
授業の目的と概要
 本講義の目的は、具体的事例の検討を通して、法とは何かを理解してもらうことにある。特に、本講義では法的なものの見方・考え方を具体的事例の検討を通して養成していくことに重点をおきたい。講義対象としてはいわゆる六法科目(憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法)を対象とし、特に主要三法といわれる憲法・民法・刑法については重点的に時間を割り振る。
授業の方法
毎時間、具体的事例を提示し受講生諸君に一定時間考えてもらう。その上で、担当教員が具体的事例の解説を施すのはもちろん、当該事例に関連する内容についても幅広く指摘していくこととする。
成績評価法
定期試験を最重要視する。更に、講義時間中に具体的事例について考えてもらい答案の形にまとめて提出してもらうことも予定しているので、答案に対する評価も成績評価に反映させる予定である。なお、講義秩序を乱す者(私語を交わす者、携帯を触っている者、他教科の予習等内職をする者、途中退出する者をはじめとして担当教員が講義秩序を乱していると判断する者)に対しては厳しく減点するのはもちろん、即刻退出もしくは受講を禁止する等の厳しい措置を講ずるつもりなので十分に注意した上で受講せられたい。
教科書
書名 著者名 出版社名
『設例・法学入門』 土居靖美 他(編) 嵯峨野書院
『岩波コンパクト六法平成18年版』(『六法』憲法・民法・刑法・商法・民事訴訟法・刑事訴訟法の条文がのっている本のこと、どの出版社のものでも可、最新版=平成18年版を購入すること)→開講時、少なくとも六法は必ず準備した上で教室にきてもらいたい。 奥田昌道 岩波書店
参考書
書名 著者名 出版社名
講義中、適宜指摘する。
授業計画
項目 授業内容
1 開講にあたって
2 憲法@
3 憲法A
4 憲法B
5 民法@
6 民法A
7 民法B
8 刑法@
9 刑法A
10 刑法B
11 その他の六法科目について(予備)
12 医療過誤・薬害問題概観
13 最終講
▲PAGE TOP