トップページへ

ドイツ語1  [German 1 ]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 中村 惠    
備考
授業の目的と概要
 日本の薬学発展に深く関わりのあるドイツ語という外国語を学ぶことで、異なった考え方、異なった生活様式、異なった文化と出逢い、そのことを通して各自の心のキャパシティを拡げてもらいたい。
●一般目標(GIO)
 ドイツ語をアルファベートから学び、初級文法の仕組みを理解し・覚え、比較的容易なテキストを読めるようにする。またドイツ語圏の文化について理解を深めることもあわせて目標とする。「ドイツ語2」(前期)、「ドイツ語3」(後期)と連携して授業を行う。
授業の方法
教科書を用いて、講義プラス演習形式で授業を行う。重要な項目については小テストを行う。またビデオ・DVD・CDなど視聴覚教材を通して、ドイツの実状・文化も紹介する。
●準備学習や授業に対する心構え
授業に出席するだけでは語学は身に付かない。しっかり復習をし、覚えるべき事項は時を移さず速やかに覚えること。また予習の際は練習問題を解答し、授業中に示される正解と照らし合わせ、各自の弱点を早く発見し、その克服を常に心懸けること。提出物は必ず期日までに出すこと。
●オフィス・アワー 
基本的に、月曜・木曜・金曜の昼休み(12:10〜13:10)に、講師室にて。
成績評価法
概ね、定期試験70%、平常点(小テスト、課題の提出、授業態度など)20%、出席状況10%で評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『楽しく学ぶドイツ語』[改訂版] 橋本政義、橋本淑恵 三修社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。なお、独和辞典は、新正書法対応のものを購入すること。電子辞書は、便利さに負けて単語を覚えなくなるので、避ける方が賢明。
授業計画
項目 授業内容
1 ドイツ語のアルファベートと発音(1) アルファベートおよび母音を正しく発音できる。
2 Lektion1(1) 人称代名詞を覚え、主語に応じて動詞を変化させることができる。
3 Lektion2(1) 名詞に性があることを理解し、主な名詞の性、またその複数形を覚える。
4 Lektion3(1) seinとhabenを、また幹母音が変化する動詞を正しく現代人称変化させることができる。
5 Lektion4(1) 人称代名詞の3格・4格を正しく使うことができる。
6 Lektion5(1) 定冠詞類および不定冠詞類を性・数・格により変化させることができる。
7 Lektion6(1) 形容詞の付加語的用法に習熟する。
8 Lektion7(1) 分離動詞と非分離動詞を正しく理解し、文中での用い方に習熟する。
9 Lektion7(3) 従属の接続詞を用いた副文の構造を正しく理解し、かつ自分でも使えるようにする。
10 Lektion8(2) 未来をあらわす助動詞の用法に習熟する。
11 Lektion9(2) 動詞の過去基本形を人称変化させ、過去の出来事を表現できる。
12 映画鑑賞(1) 現代ドイツ映画をビデオあるいはDVDで鑑賞し、そこにあらわれているドイツ人の生活様式、物の考え方などを自分の文化のそれと比較する。
13 まとめ 復習と練習問題をすることで、これまで学んだドイツ語文法の知識をより一層確実なものとする。
▲PAGE TOP

ドイツ語1  [German 1 ]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 桝矢 桂一    
備考
授業の目的と概要
 ドイツ語文法の基本的知識を習得し、ドイツ語を読む事が出来るようになることを目指す。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」(共に前期)・「ドイツ語3」(後期)と連携して授業を行う。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」では格変化、配語法、関係代名詞、受動態、接続法など文法の基本的事項を習得する。
●一般目標(GIO)
 ドイツ語の基本的技能の習得を目指す。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」(共に前期)・「ドイツ語3」(後期)を通じて、初級から中級程度の独文の読解力を培うことを目標とする。
授業の方法
学生諸君が予習している事を前提に授業する。文法事項を解説し、練習問題を解く。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」を一連の授業として授業内容を構成する。『改訂版・ドイツ文法ガイドA−Z』を用い、文法の基本的知識を習得することを目指す。又、不定詞句を変形することによって様々な文が成り立つ事を示し、ドイツ語の語順を理解する一助としたい。その際には、『大学のドイツ文法 緑版』を使用する。
●準備学習や授業に対する心構え
学生諸君が予習している事を前提に授業を行うので、予習は必須である。また、授業で学習したことを、自ら繰り返し練習することが望ましい。
成績評価法
学期末に試験を実施する。予習など授業での努力も成績評価の対象とし、総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『改訂版・ドイツ文法ガイドA−Z』 保阪良子 同学社
『大学のドイツ文法 緑版』(Schulgrammatik für Studenten Gründe Ausgabe) 岡田朝雄、岩崎英二郎 朝日出版社
参考書
書名 著者名 出版社名
独和辞典などについては、最初の授業時に紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
2 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
3 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
4 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
5 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
6 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
7 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
8 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
9 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
10 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
11 配語法 主文と副文・不定詞句・分離動詞・接続法の習得を目標とする。
12 配語法 主文と副文・不定詞句・分離動詞・接続法の習得を目標とする。
13 配語法 主文と副文・不定詞句・分離動詞・接続法の習得を目標とする。
▲PAGE TOP

ドイツ語1  [German 1 ]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 神野 ゆみこ    
備考
授業の目的と概要
 ドイツ語の文法を中心に授業する。初級程度のドイツ語を読めるようにするのが目標である。概要は次のとおり。
1)ドイツ語独特のアルファベートや単語の読み方を習得する。
2)品詞論−動詞類語形変化・名詞類語形変化・不変化詞の説明。
3)文章論−文成分と格の概念・文の構造の説明(単一文と複合文)。
 文法の復習をかね、適宜プリントを配布する。初級程度のドイツ語テキストを読んでもらう。その際、ドイツ語を正確に読み、発音できるように練習する。また適時、視聴覚教材を用いて、ドイツの文化に親しんでもらい、日本との相違を考えてもらう。授業は「ドイツ語2」(前期)、「ドイツ語3」(後期)と連携して行う。
●一般目標
 ドイツ語の最初歩をアルファベートから学ぶ。基本的なドイツ文法を理解し、初級レベルのドイツ語テキストを辞書を用いて、読むことができるようになる。それによって、ドイツ語文化圏への興味を惹起し、視聴覚教材を用いて、ドイツ語やその文化圏の社会や文化の理解を深める。
授業の方法
1)テキストの文法内容の説明後、練習問題を解答し、復習する。
2)重要な動詞・冠詞(類)・(代)名詞類などの変化形の暗誦を行う。
3)適時、問題練習や書き取りなどの課題レポートを出す。
4)ドイツ紹介のため、CD、ビデオなどの視聴覚教材を用いる。
●準備学習や授業に対する心構え
1)授業にはできるだけ出席する。
2)宿題や課題が出された場合には授業での発表を積極的におこない、提出物は期日を守って提出すること。
3)辞書を調べたり、書く手間を惜しまないこと。
●オフィスアワー
金曜日の昼休みと4時限終了後、講師室に来てください。
成績評価法
定期試験の成績、出席状況、授業における発表とレポート提出、授業態度などを総合的に判断して評価する。なお授業時間中の発表は平常点として成績に加味するので、必ず行うこと。
教科書
書名 著者名 出版社名
『楽しく学ぶドイツ語[改訂版]』 橋本政義、橋本淑恵 三修社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。なお、独和辞典は、新正書法対応のものを購入すること。詳しくは初回の授業で紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 Lektion 0:文字と発音(1) ドイツ語ならびにドイツ語圏の文化の紹介を行う。ドイツ語のアルファベートと発音規則(母音・子音)を習得する。簡単な挨拶の練習をする。辞書の説明も行う。
2 Lektion 0:文字と発音(3) ドイツ語のアルファベートと発音規則の総復習を行う。これまで習った表現を復習し、さらに時刻表現を習得する。
3 Lektion 1 動詞の現在人称変化に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
4 Lektion 2 名詞と冠詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
5 Lektion 3 不規則変化動詞・命令形に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
6 Lektion 4 人称代名詞・前置詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
7 Lektion 5 冠詞類・疑問代名詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
8 Lektion 6 形容詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
9 Lektion 7(1) 分離動詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
10 Lektion 7(2) zu不定詞と副文に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
11 Lektion 8 話法の助動詞・未来についての発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
12 Lektion 9 動詞の三基本形と過去形に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
13 長文講読(1) これまでの文法の総復習を兼ねて、長文問題に取り組む。
▲PAGE TOP

ドイツ語2  [German 2 ]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 中村 惠    
備考
授業の目的と概要
 日本の薬学発展に深く関わりのあるドイツ語という外国語を学ぶことで、異なった考え方、異なった生活様式、異なった文化と出逢い、そのことを通して各自の心のキャパシティを拡げてもらいたい。
●一般目標(GIO)
 ドイツ語をアルファベートから学び、初級文法の仕組みを理解し・覚え、比較的容易なテキストを読めるようにする。またドイツ語圏の文化について理解を深めることもあわせて目標とする。「ドイツ語1」(前期)、「ドイツ語3」(後期)と連携して授業を行う。
授業の方法
教科書を用いて、講義プラス演習形式で授業を行う。重要な項目については小テストを行う。またビデオ・DVD・CDなど視聴覚教材を通して、ドイツの実状・文化も紹介する。
●準備学習や授業に対する心構え
授業に出席するだけでは語学は身に付かない。しっかり復習をし、覚えるべき事項は時を移さず速やかに覚えること。また予習の際は練習問題を解答し、授業中に示される正解と照らし合わせ、各自の弱点を早く発見し、その克服を常に心懸けること。提出物は必ず期日までに出すこと。
●オフィス・アワー 
基本的に月曜・木曜・金曜の昼休み(12:10〜13:10)に、講師室にて。
成績評価法
概ね、定期試験70%、平常点(小テスト、課題の提出、授業態度など)20%、出席状況10%で評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『楽しく学ぶドイツ語』[改訂版] 橋本政義、橋本淑恵 三修社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。なお独和辞典は、新正書法対応のものを購入すること。電子辞書は便利さに負けて単語を覚えなくなるので、避ける方が賢明。
授業計画
項目 授業内容
1 ドイツ語のアルファベートと発音(2) 子音を正しく発音できる。
未知の単語も綴りを見て発音できる。
2 Lektion1(2) 平叙文および疑問文における動詞の位置について説明できる。
3 Lektion2(2) 定冠詞および不定冠詞を性・数・格により変化させることができる。
4 Lektion3(2) 三種類の二人称に対して命令文を作ることができる。
5 Lektion4(2) 前置詞の格支配を理解し、正しく使うことができる。
6 Lektion5(2) 何を尋ねるかにより、疑問代名詞を使い分けることができる。
7 Lektion6(2) 形容詞の名詞化について正しく理解し、文中にあらわれる際的確に意味を捉えることができ、また自分で表現する場合も正しく使えるようになる。
8 Lektion7(2) Zu不定詞を用いた文の意味を正しく捉え、かつ自分でも表現の際に使えるようにする。
9 Lektion8(1) 話法の助動詞を用いた文の構造を正しく理解し、かつ自分でも使えるようにする。
10 Lektion9(1) 動詞の三基本形の作り方に習熟する。
11 数字 数字(基数と序数)を用いた表現に習熟する。
12 映画鑑賞(2) 現代ドイツ映画をビデオあるいはDVDで鑑賞し、そこにあらわれているドイツ人の生活様式、物の考え方などを自分の文化のそれと比較する。
13 まとめ 復習と練習問題をすることで、これまで学んだドイツ語文法の知識をより一層確実なものとする。
▲PAGE TOP

ドイツ語2  [German 2 ]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 桝矢 桂一    
備考
授業の目的と概要
 ドイツ語文法の基本的知識を習得し、ドイツ語を読む事が出来るようになることを目指す。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」(共に前期)・「ドイツ語3」(後期)と連携して授業を行う。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」では格変化、配語法、関係代名詞、受動態、接続法など文法の基本的事項を習得する。
●一般目標(GIO)
 ドイツ語の基本的技能の習得を目指す。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」(共に前期)・「ドイツ語3」(後期)を通じて、初級から中級程度の独文の読解力を培うことを目標とする。
授業の方法
学生諸君が予習している事を前提に授業する。文法事項を解説し、練習問題を解く。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」を一連の授業として授業内容を構成する。『改訂版・ドイツ文法ガイドA−Z』を用い、文法の基本的知識を習得することを目指す。又、不定詞句を変形することによって様々な文が成り立つ事を示し、ドイツ語の語順を理解する一助としたい。その際には、『大学のドイツ文法 緑版』を使用する。
●準備学習や授業に対する心構え
学生諸君が予習している事を前提に授業を行うので、予習は必須である。また、授業で学習したことを、自ら繰り返し練習することが望ましい。
成績評価法
学期末に試験を実施する。予習など授業での努力も成績評価の対象とし、総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『改訂版・ドイツ文法ガイドA−Z』 保阪良子 同学社
『大学のドイツ文法 緑版』(Schulgrammatik für Studenten Gründe Ausgabe) 岡田朝雄、岩崎英二郎 朝日出版社
参考書
書名 著者名 出版社名
独和辞典などについては、最初の授業時に紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
2 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
3 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
4 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
5 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
6 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
7 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
8 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
9 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
10 ドイツ語文法基礎 文字と発音・名詞と冠詞・人称変化・不規則変化動詞・命令形・代名詞・前置詞・冠詞類・形容詞の理解と習得を目標とする。
11 配語法 主文と副文・不定詞句・分離動詞・接続法の習得を目標とする。
12 配語法 主文と副文・不定詞句・分離動詞・接続法の習得を目標とする。
13 配語法 主文と副文・不定詞句・分離動詞・接続法の習得を目標とする。
▲PAGE TOP

ドイツ語2  [German 2 ]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 長谷川 健一    
備考
授業の目的と概要
 初級から中級程度のテキストの講読に必要な文法知識の習得を目指すが、これと並行してドイツ語圏の文化に対する関心を深めてもらう。概要は以下の通り。
(1)発音規則に則り、単語を正しく発音できるように練習する。
(2)初級レベルの文法を習得し、比較的平易なテキストを読む練習をする。
(3)ドイツ語圏の歴史や文化、そして現代ドイツの社会事情を知ることを通じて視野を広げ、物事を複眼的に見る態度を養ってもらう。
●一般目標
 ドイツ語の発音規則ならびに基本的なドイツ語文法を理解し、辞書を用いて初級レベルのテキストを読めるようにする。また、ドイツ語圏の文化について理解を深めることも目標とする。「ドイツ語1」(前期)、「ドイツ語3」(後期)と連携して授業を行う。
●到達目標
(1)ドイツ語の発音の特徴を理解し、未知の単語も綴りを見て正しく発音できる。
(2)ドイツ語の初級文法の仕組みを体系的に理解する。
(3)簡単な挨拶、自己紹介、買い物の際に使う表現など、初歩的な日常会話の表現を習得する。
授業の方法
教科書を用いて文法事項の解説を行い、適宜補助プリント等も利用しながら練習問題に取り組む。重要な文法事項については小テストを実施する。テーマに応じて課題レポートを出すこともある。また、ビデオ、DVD、CDなどの視聴覚教材や補助プリント等を用いて、ドイツ語圏の文化についての紹介を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
授業に必ず出席すること。欠席した場合には、教師・友人に授業の内容や宿題を尋ねるなどして、次の時間までに各自フォローしておくこと。学習の際には復習に力を入れ、宿題・課題(提出期限は厳守)に真剣に取り組むこと。その際に出てきた疑問点は放置せずに、必ず教師に質問するように。尚、配布したプリント類(A4サイズ)はファイリングし、辞書と一緒に毎回持参すること。
●オフィスアワー
月曜日の昼休みに講師室に来て下さい。質問は授業後も受け付けます。相談の内容によっては、上記以外にも別途時間を設けて対応します。
成績評価法
定期試験の成績、出席、授業態度、課題提出、小テストの成績等を総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『楽しく学ぶドイツ語』[改訂版] 橋本政義、橋本淑恵 三修社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。なお、独和辞典は、新正書法対応のものを購入すること。詳しくは初回の授業で紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 Lektion 0:文字と発音(2) ドイツ語のアルファベートと発音規則(母音・子音)を習得する。簡単な自己紹介の表現、数字・月名・季節等の読み方を練習する。
2 Lektion 1 動詞の現在人称変化についての文法説明と練習問題を行う。
3 Lektion 2 名詞と冠詞についての文法説明と練習問題を行う。
4 Lektion 3 不規則変化動詞・命令形についての文法説明と練習問題を行う。
5 Lektion 4 人称代名詞・前置詞についての文法説明と練習問題を行う。
6 Lektion 5 冠詞類・疑問代名詞についての文法説明と練習問題を行う。
7 Lektion 6 形容詞についての文法説明と練習問題を行う。
8 Lektion 7(1) 分離動詞についての文法説明と練習問題を行う。
9 Lektion 7(2) zu不定詞と副文についての文法説明と練習問題を行う。
10 Lektion 8 話法の助動詞・未来についての文法説明と練習問題を行う。
11 Lektion 9 動詞の三基本形と過去形についての文法説明と練習問題を行う。
12 予備日 とりわけ重要度の高い文法事項についての復習と補足説明を行う。
13 長文講読(2) これまでの文法の総復習を兼ねて、長文問題に取り組む。
▲PAGE TOP

ドイツ語3  [German 3]

開講情報
1年次 後期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 中村 惠    
備考
授業の目的と概要
 日本の薬学発展に深く関わりのあるドイツ語という外国語を学ぶことで、異なった考え方、異なった生活様式、異なった文化と出逢い、そのことを通して各自の心のキャパシティを拡げてもらいたい。
●一般目標(GIO)
 ドイツ語をアルファベートから学び、初級文法の仕組みを理解し・覚え、比較的容易なテキストを読めるようにする。またドイツ語圏の文化について理解を深めることもあわせて目標とする。「ドイツ語1」、「ドイツ語2」(ともに前期)と連携して授業を行う。
授業の方法
教科書を用いて、講義プラス演習形式で授業を行う。重要な項目については小テストを行う。またビデオ・DVD・CDなど視聴覚教材を通して、ドイツの実状・文化も紹介する。
●準備学習や授業に対する心構え
授業に出席するだけでは語学は身に付かない。しっかり復習をし、覚えるべき事項は時を移さず速やかに覚えること。また予習の際は練習問題を解答し、授業中に示される正解と照らし合わせ、各自の弱点を早く発見し、その克服を常に心懸けること。提出物は必ず期日までに出すこと。
●オフィス・アワー 
基本的に月曜・金曜の昼休み(12:10〜13:10)に、講師室にて。
成績評価法
概ね、定期試験70%、平常点(小テスト、課題の提出、授業態度など)20%、出席状況10%で評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『楽しく学ぶドイツ語』[改訂版] 橋本政義、橋本淑恵 三修社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。なお独和辞典は、新正書法対応のものを購入すること。電子辞書は、便利さに負けて単語を覚えなくなるので、避ける方が賢明。
授業計画
項目 授業内容
1 復習 前期学習事項を復習し、後期学習の土台作りをする。
2 Lektion10(1) 現在完了形の文の構造を理解し、正しく用いることができる。
3 Lektion10(2) 現在分詞、過去分詞の付加語的ないし副詞的用法に習熟する。
4 Lektion11(1) 再帰代名詞について学び、再帰動詞と結びついた再帰表現に習熟する。
5 Lektion11(2) 非人称のesを主語とする表現に習熟する。
6 Lektion11(3) 形容詞・副詞の比較級・最上級の作り方を学び、それらを用いた表現に習熟する。
7 Lektion12(1) 定関係代名詞を用いた文の構造を理解し、自分でも表現できるようにする。
8 Lektion12(2) 不定関係代名詞を用いた表現に習熟する。
9 Lektion13(1) 受動文の構造を理解し、能動文を受動文に言い換えて表現できる。
10 Lektion13(2) 自動詞を用いた受動文の構造を理解し、自分でも表現の際に用いることができる。
11 Lektion14(1) 接続法第1式の動詞の人称変化に習熟し、間接話法・要求話法などで正しく用いることができる。
12 Lektion14(2) 接続法第2式の動詞の人称変化に習熟し、非現実話法で正しく用いることができる。
13 まとめ 復習と練習問題をすることで、これまで学んだドイツ語文法の知識をより一層確実なものとする。
▲PAGE TOP

ドイツ語3  [German 3]

開講情報
1年次 後期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 桝矢 桂一    
備考
授業の目的と概要
 ドイツ語文法の基本的知識を習得し、ドイツ語を読む事が出来るようになることを目指す。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」(共に前期)・「ドイツ語3」(後期)と連携して授業を行う。初級から中級程度のドイツ語を講読する。その際、「ドイツ語1」・「ドイツ語2」で取り扱わなかった文法事項を含め、詳細にドイツ語文法を扱いながら、授業を行う。
●一般目標(GIO)
 ドイツ語の基本的技能の習得を目指す。「ドイツ語1」・「ドイツ語2」(共に前期)・「ドイツ語3」(後期)を通じて、初級から中級程度の独文の読解力を培うことを目標とする。
授業の方法
学生諸君が予習している事を前提に授業する。ドイツ語の文章を講読する。
●準備学習や授業に対する心構え
学生諸君が予習している事を前提に授業を行うので、予習は必須である。
成績評価法
学期末に試験を実施する。予習など授業での努力も成績評価の対象とし、総合的に評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『改訂版・ドイツ文法ガイドA−Z』 保阪良子 同学社
『大学のドイツ文法 緑版』(Schulgrammatik für Studenten Gründe Ausgabe) 岡田朝雄、岩崎英二郎 朝日出版社
授業計画
項目 授業内容
1 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
2 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
3 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
4 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
5 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
6 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
7 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
8 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
9 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
10 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
11 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
12 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
13 ドイツ語講読 初級から中級程度のドイツ語を講読し、読解力を培うことを目標とする。
▲PAGE TOP

ドイツ語3  [German 3]

開講情報
1年次 後期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 長谷川 健一    
備考
授業の目的と概要
 「ドイツ語1」「ドイツ語2」に引き続き、初級から中級程度のテキストの講読に必要な文法知識の習得を目指し、これと並行してドイツ語圏の文化に対する関心を深めてもらう。概要は以下の通り。
(1)発音規則に則り、単語を正しく発音できるように練習する。
(2)中級レベルの文法を習得し、比較的平易なテキストを読む練習をする。
(3)ドイツ語圏の歴史や文化、そして現代ドイツの社会事情を知ることを通じて視野を広げ、物事を複眼的に見る目を養ってもらう。
●一般目標
 「ドイツ語1」「ドイツ語2」と同じ教科書を使って基本的なドイツ語文法を学び、ドイツ文法全体を体系的に理解できるようにする。また、辞書を用いて初級から中級レベルのテキストを読めるようにする。前期に引き続き、ドイツ語圏の文化について理解を深めることも目標とする。
●到達目標
(1)ドイツ語の発音の特徴を理解し、未知の単語も綴りを見て正しく発音できる。
(2)ドイツ語文法の仕組み全体を体系的に理解する。
(3)助動詞・現在完了形・再帰動詞などを使った日常会話の表現を習得する。
授業の方法
教科書を用いて文法事項の解説を行い、適宜補助プリント等も利用しながら練習問題に取り組む。重要な文法事項については小テストを実施する。テーマに応じて課題レポートを出すこともある。また、ビデオ、DVD、CDなどの視聴覚教材や補助プリント等を用いて、ドイツ語圏の文化についての紹介を行う。
●準備学習や授業に対する心構え
授業に必ず出席すること。欠席した場合には、教師・友人に授業の内容や宿題を尋ねるなどして、次の時間までに各自フォローしておくこと。学習の際には復習に力を入れ、宿題・課題(提出期限は厳守)に真剣に取り組むこと。その際に出てきた疑問点は放置せずに、必ず教師に質問するように。尚、配布したプリント類(A4サイズ)はファイリングし、辞書と一緒に毎回持参すること。
●オフィスアワー
月曜日の昼休みに講師室に来て下さい。質問は授業後も受け付けます。相談の内容によっては、上記以外にも別途時間を設けて対応します。
成績評価法
定期試験の成績、出席、授業態度、課題提出、小テストの成績等を総合的に判断して評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『楽しく学ぶドイツ語』[改訂版] 橋本政義、橋本淑恵 三修社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。なお、独和辞典は、新正書法対応のものを購入すること。
授業計画
項目 授業内容
1 「ドイツ語1」、「ドイツ語2」の復習 前期に学習した文法事項の総復習を行う。
2 Lektion 10 現在完了・分詞についての文法説明と練習問題をする。
3 Lektion 10 現在完了・分詞に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
4 Lektion 11 再帰動詞・非人称動詞・比較についての文法説明と練習問題をする。
5 Lektion 11 再帰動詞・非人称動詞・比較に関する発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
6 Lektion 12 関係代名詞についての文法説明と練習問題をする。
7 Lektion 12 関係代名詞についての発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
8 Lektion 13 受動態についての文法説明と練習問題をする。
9 Lektion 13 受動態についての発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
10 Lektion 14 接続法I式・II式についての文法説明と練習問題をする。
11 Lektion 14 接続法についての発展的な問題に取り組み、文法知識の定着を目指す。
12 長文講読(3) これまでの文法の総復習を兼ねて長文問題に取り組む。
13 長文講読(4) これまでの文法の総復習を兼ねて長文問題に取り組む。
▲PAGE TOP

ドイツ語4  [German 4 ]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
教授 加藤 義春    
備考
授業の目的と概要
 ドイツの地理・社会・文化・芸術・歴史にわたって編まれた総合教材を用い、種々のドイツ事情を楽しみながら、中級ドイツ語への橋渡しを目指す。
●一般目標(GIO)
  初級文法の習得を踏まえて、中級程度の平易な文章を読解する力と簡単な日常表現を身につけることを目的とする。
授業の方法
テクストの和訳と文法の反復練習をしながら、確実な読解力を養成する。繰り返し音読することによって、発音を確かなものとする。練習問題を用いて、基本構文からなる簡単な日常表現を身につける。
●準備学習や授業に対する心構え
毎回、テクストの予習と授業内容の復習が、何よりも肝要である。
●オフィス・アワー 
(火)・(木)の12:10〜13:10、不在の場合は(金)の12:10〜13:10、加藤研究室にて
成績評価法
定期試験の成績(80点)と平常点(出席状況と報告=20点)との合計で、総合的に評価する。  
教科書
書名 著者名 出版社名
Wissenswertes ueber Deutschland (ドイツ=カタログ) T.Oshio, G.Greve 朝日出版社
授業計画
項目 授業内容
1 Hobbies 動詞(規則・不規則)の現在人称変化を正しく活用することができる
2 Sport  名詞の性/格/冠詞の変化/等を正しく用いることができる
3 Literatur  定(不定)冠詞類/人称代名詞を正しく用いることができる
4 Geographie  前置詞の格支配/前置詞と定冠詞の融合形/等を正しく理解できる
5 Musik  主な・形容詞の比較変化/諸用法/形容詞の名詞化を理解できる
6 Schule,Ausbildung,Beruf  主な・再帰動詞(代名詞)/非人称のes/熟語的表現/zu不定詞を理解できる
7 Sprachgeschichte  動詞の過去人称変化/3基本形/重要な不規則変化動詞を正しく用いることができる
8 (Sprachgeschichte)  能動文と受動文/状態受動/等を正しく用いることができる
9 Neue deutsche Geschichte   分離(非分離)動詞/副文(構造)を正しく用いることができる
10 Politik 話法の助動詞とその現在人称変化を正しく用いることができる
11 (Politik) 話法の助動詞の3基本形を理解し、未来の助動詞を正しく用いることができる
12 Religion 完了形(sein支配とhaben支配)を正しく用い、現在完了と過去について理解できる
13 Wirtschaft  関係代名詞と疑問代名詞(それらの構文)を正しく用いることができる
14 Anhang 接続法とその変化語尾を理解できる
▲PAGE TOP

ドイツ語4  [German 4 ]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 中村 惠    
備考
授業の目的と概要
 日本の薬学発展に深く関わりのあるドイツ語という外国語を学ぶことで、異なった考え方、異なった生活様式、異なった文化と出逢い、そのことを通して各自の心のキャパシティを拡げてもらいたい。
●一般目標(GIO)
 様々なトピックを盛り込んだ、初級文法終了者向けに書かれた、比較的容易なテキストを題材に、読む・書く・聴く・話す、四つの能力のレベルアップを目指す。文法知識の復習も随時行い、使える文法の習得を図る。またテキストの内容に関連して、ドイツの歴史・文化にも興味をもってもらいたい。
授業の方法
教科書を用いて、講義プラス演習形式で授業を行う。毎回担当者(3〜4名)を決め、発表してもらい、その内容はレポートとして提出してもらう。視聴覚教材を通して、ドイツの実状・文化も紹介する。
●準備学習や授業に対する心構え
予習・復習は必須。また授業中や復習時には、恥ずかしがらずに大きな声で音読ないし口頭練習をすること。重要な文は時を移さず暗記し、単語を変えて自分の表現として使えるようにすること。提出物は必ず期日までに出すこと。
●オフィス・アワー 
基本的に、月曜・木曜・金曜の昼休み(12:10〜13:10)に、講師室にて。
成績評価法
概ね、定期試験70%、平常点(発表内容、レポート、授業態度など)20%、出席状況10%で評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
『CD付き 楽しく学ぼうドイツとドイツ語−文法+読み物+表現トレーニング』 橋本政義、Bernhard Neuberger、橋本淑恵 三修社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に随時紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 Lektion1 動詞の現在人称変化に注目しつつ、なぜドイツ語を学ぶのか、テキストを参考にしつつ、自分の答を表現できる。
2 Lektion2 名詞の性と格に注目しつつ、ドイツの教育制度について書かれたテキストを読み、日本の場合をドイツ語で表現できる。
3 Lektion3 幹母音が変化する動詞の人称変化に注目しつつ、食事について書かれたテキストを読み、日本の食生活をドイツ語で表現できる。
4 Lektion4 前置詞の復習をしつつ、休暇についてのドイツ語文を読み、日本人の休暇の過ごし方をドイツ語で表現できる。
5 Lektion5 形容詞の付加語的用法を復習しながら、パソコンについてのドイツ語文を読み、自分の場合をドイツ語で表現できる。
6 Lektion6 話法助動詞の復習をしつつ、失業問題について書かれたドイツ語文を読み、日本の場合をドイツ語で表現できる。
7 Lektion7 従属の接続詞について復習しながら、環境問題をテーマとしたドイツ語文を読み、日本の場合をドイツ語で表現できる。
8 Lektion8 再帰表現に注目しつつ、余暇をテーマとしたドイツ語文を読み、自分の場合をドイツ語で表現できる。
9 Lektion9 動詞の三基本形を復習しつつ、Eメールをテーマとしたドイツ語文を読み、自分の場合をドイツ語で表現できる。
10 Lektion10 受動文の復習を行いつつ、大学入試をテーマとしたドイツ語文を読み、また日本の場合についてドイツ語で表現できる。
11 Lektion11 関係代名詞の復習を行いつつ、宗教について書かれたドイツ語文を読み、日本の場合をドイツ語で表現してみる。
12 Lektion12 接続法の復習を行いつつ、ドイツ語学習継続のモティベーションをテーマとしたドイツ語文を読み、自分の場合をドイツ語で表現できる。
13 まとめ 今までのまとめと復習を行い、自由テーマで短いドイツ語文を書いてみる。
▲PAGE TOP

ドイツ語4  [German 4 ]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 長谷川 健一    
備考
授業の目的と概要
1)既習のドイツ語文法の復習と補完をする。 
2)ドイツ語の文法を駆使して、正確に初級のドイツ語文を読む練習をする。
3)ドイツの歴史や文化・現代ドイツの歴史や社会事情を知ってもらう。異文化に接することによって、視野を広げてもらう。
●一般目標
 薬学と関係の深いドイツ語を学ぶことによって、ドイツの歴史や文化に触れ、日本の歴史や文化との相違点・共通点を探し出し、幅広い思考力を養ってほしい。
授業の方法
1)テキストの講読を行う。その際ドイツ語の正しい発音と読み方の練習をし、1年次に習得した文法の復習と補完をする。
2)各学生にはあらかじめテキストの一分を分担して、授業中に発表してもらい、発表後、その内容をレポートとして提出してもらう。
3)重要な文法事項ならびに単語・表現等についての小テストを適宜、実施する。
4)適時、視聴覚資料や補助プリントを用いて、ドイツの文化・歴史や現代の社会事情などを知ってもらう。
●準備学習や授業に対する心構え
@ 授業にはできるだけ出席する。
A 提出物は期限を守る。
B 授業には必ず長文テキストの予習をして臨むこと。
●オフィスアワー
木曜日の昼休みに講師室に来て下さい。質問は授業後も受け付けます。相談の内容によっては、上記以外にも別途時間を設けて対応します。
成績評価法
定期試験の成績、出席状況、授業における発表とレポート提出、小テスト、授業態度などを総合的に判断して評価する。なお授業時間中の発表は平常点として成績に加味するので、必ず行うこと。
教科書
書名 著者名 出版社名
『Deutschland: Land und Leute 異文化としてのドイツ』 岩村偉史、岩村玉慶 白水社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に、随時紹介する。
授業計画
項目 授業内容
1 イントロダクション 発音規則ならびに重要な文法事項についての総復習を行う。
2 Lektion 1 「ドイツと日本」をテーマにした長文を読み、文法事項については、動詞の人称変化と語順を中心に復習する。
3 Lektion 2 「ドイツの連邦制」をテーマにした長文を読み、文法事項については、名詞と冠詞を中心に復習する。
4 Lektion 3 「青少年」をテーマにした長文を読み、文法事項については、前置詞と人称・疑問代名詞を中心に復習する。
5 Lektion 4 「大学制度」をテーマにした長文を読み、文法事項については、定冠詞類・不定冠詞類と複数形を中心に復習する。
6 Lektion 5 「職業と社会構造」をテーマにした長文を読み、文法事項については、形容詞の格変化を中心に復習する。
7 Lektion 6 「経済システムと消費生活」をテーマにした長文を読み、文法事項については形容詞・副詞の比較変化を中心に復習する。
8 Lektion 7 「都市と交通」をテーマにした長文を読み、文法事項については、分離動詞、Zu不定詞、副文を復習する。
9 Lektion 8 「住宅事情」をテーマにした長文を読み、文法事項については、再帰表現・命令形の復習をする。
10 Lektion 9 「文化施設と余暇活動」をテーマにした長文を読み、文法事項については話法の助動詞を中心に復習する。
11 Lektion 10 「外国人労働者とドイツ系移民」をテーマにした長文を読み、文法事項については動詞の三基本形と過去形の復習をする。
12 Lektion 11 「欧州連合( EU )とドイツ」をテーマにした長文を読み、文法事項については現在完了形を中心に復習する。
13 Lektion 12 「暮らしの中のお祭り」をテーマにした長文を読み、文法事項については受動態・関係代名詞を中心に復習する。
▲PAGE TOP

フランス語1  [French 1]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 谷口 智美    
備考
授業の目的と概要
 自己紹介から普段の会話へと、ごく身近なことを表現するために必要なスキルを身につけることを目標とします。そのためには文法事項や語彙などを学習しますが、特に重点を置きたいのは発話行為です。できるだけ発話する機会を増やし、まずはフランス語に慣れることもこの授業の目的です。 
●一般目標(GIO)
 自分について話すことができる。
●到達目標(SBOs)
 ゆっくりよく考えながら自分について話すことができるようになる。
 何度か繰り返してもらいながらでも、相手の言うことが理解できるようになる。
授業の方法
発音、会話を中心とした語学学習。
●準備学習や授業に対する心構え
予習よりも復習をするよう心がけてください。
●オフィス・アワー
成績評価法
出席、授業中に行われる課題や宿題などによる評価40%とし、定期試験を60%の割合で総合判断する。
教科書
書名 著者名 出版社名
Salut, tout facile! 田辺保子 他 駿河台出版社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に適宜指示します。また皆さんの要望があれば、それにこたえられるような参考書を紹介します。
授業計画
項目 授業内容
1 自分について イントロダクション 挨拶、名前を言う
2 自分について 自分の年齢を言う
3 自分について 家族を紹介する
4 自分のまわりについて 家族・友人を紹介する
5 自分のまわりについて 普段の食生活について話す
6 普段の生活の状況について 天候について話す
7 普段の生活の状況について 普段の行動について話す
8 普段の生活の状況について 天気について話す
9 普段の生活の状況について 普段の生活について語る
10 普段の生活の状況について 道案内をする
11 自分の過去について語る 週末にしたことを語る
12 自分の過去について語る 子供時代のことについて語る
13 まとめ 前期のまとめ
▲PAGE TOP

フランス語2  [French 2]

開講情報
1年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 谷口 智美    
備考
授業の目的と概要
 「フランス語1」に引き続き、自分の趣味や家族など身の回りのことについて話すために学習を進めます。また短い文章でバースデイカードを書いたり、広告などを見て情報を収集したりなど学びます。
●一般目標(GIO)
 自分にかかわりのある身近な情報を理解できる。
●到達目標(SBOs)
 短い文章を理解し、必要な情報を取り出す。
授業の方法
発音や会話、短い文章を書く練習を加えた学習。
●準備学習や授業に対する心構え
予習よりも復習をすることを心がけてください。
●オフィス・アワー    
成績評価法
出席点、普段の宿題の点数と、学期末に提出するレポートで評価する。
教科書
書名 著者名 出版社名
Salut, tout facile ! 田辺保子 他 駿河台出版社
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に適宜指示します。また皆さんの要望があれば、それにこたえられるような参考書を紹介します。
授業計画
項目 授業内容
1 自分について 自分の職業、住所が言える
2 自分について 自分の好きなもの、嫌いなものを話す
3 自分について 友人を紹介する
4 自分のまわりについて 家族・友人を紹介する
5 自分のまわりについて 普段の食生活について話す
6 普段の生活の状況について 時間についての表現を学ぶ
7 普段の生活の状況について 普段の行動について話す
8 普段の生活の状況について 時間の表現を使って毎日の生活習慣について話す
9 普段の生活の状況について 普段の生活習慣について話す
10 普段の生活の状況について 道案内をする
11 自分の過去について語る 昔の思い出(中学・高校)を語る
12 自分の過去について語る 新聞記事を読む
13 まとめ 前期のまとめ
▲PAGE TOP

フランス語3  [French 3]

開講情報
1年次 後期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 鶴 真一    
備考
授業の目的と概要
 この授業は、フランス語の基礎文法(「フランス語1」「フランス語2」)で学んだことを踏まえて、基礎文法の復習・定着と新たな文法項目を学ぶことを目的とします。日本語や英語との対比を通じてフランス語の感覚を学ぶと同時に、発音の練習と文法の定着に重点を置き、まとまった文章を読むための基礎を習得することを目ざします。
●一般目標(GIO)
 薬学を中心とした自然科学分野で必要とされるフランス語の基礎力を身につけるために、「読む」「書く」「聞く」「話す」に関する基本的知識と技能を習得する。
●到達目標(SBOs)
 フランス語の理解に最低限必要な基礎文法を習得するとともに、フランス語を正しく発音できることを目標とする。
授業の方法
毎回プリントを配布し、それに基づいて授業を進めていきます。
●準備学習や授業に対する心構え
予習の必要はありませんが、毎回宿題を出すので、それを通してしっかりと復習を行って下さい。詳細は、第一回目の授業でお伝えします。
●オフィス・アワー 
講師室(A棟1階)
成績評価法
「出席」、「課題提出状況」、「定期テスト」の三つを総合的に考慮して評価します。第一回目の授業で詳しく説明しますので、必ず出席して下さい。
教科書
書名 著者名 出版社名
なし
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に適宜指示します。
授業計画
項目 授業内容
1 ガイダンス
第一回:日本語になったフランス語
授業の進め方に関する案内
フランス語の発音の法則を知る
2 第一回:日本語になったフランス語(つづき) フランス語の発音の法則を知る
3 第二回:発音のルール フランス語を正しく発音できるようにする
4 第三回:名詞と冠詞 名詞の性数と冠詞の役割を理解し、正しく使用できるようにする
5 第四回:形容詞 形容詞の性数一致を理解し、正しく使用できるようにする
6 第五回:動詞の整理(1) 基本動詞の直接法現在形の活用ができるようにする
7 第六回:動詞の整理(2) 基本動詞および代名動詞の直接法現在形の活用ができるようにする
8 活用の練習 代表的な動詞の活用の定着を図る
9 第七回:文の構造 文型を理解し、否定文・疑問文を表現できるようにする
10 第八回:時制の整理 複合形と単純形の違いを理解し、過去・未来を表す時制を正しく使用できるようにする
11 第九回:代名詞 代名詞の役割を理解し、正しく使用できるようにする
12 第十回:特殊構文と関係代名詞 比較表現と関係代名詞について理解し、正しく使用できるようにする
13 基礎文法のまとめ これまで学習したことを総括する
▲PAGE TOP

フランス語4  [French 4]

開講情報
2年次 前期 1単位 選択必修
担当教員
非常勤講師 鶴 真一    
備考
授業の目的と概要
 この授業は、フランス語の基礎文法を学んだ人を対象に、ある程度まとまった文章を読むことを目的としています。基礎文法の確認と講読の準備授業という性格をもつ授業です。
● 一般目標(GIO)
 薬学を中心とした自然科学分野で必要とされるフランス語の基礎力を身につけるために、「読む」「書く」「聞く」「話す」に関する基本的知識と技能を習得する。
● 到達目標(SBOs)
 フランスの歴史、文化、社会について書かれた文章を読むことで、フランスに関する知識を深めるとともに、フランス語の発音と和訳の技法を身につけることを目標とする。
授業の方法
フランス語のテキストを読んでいきます。受講者にはそれぞれ担当箇所を割り当てて、授業中に和訳を発表してもらいます。
● 準備学習や授業に対する心構え
発表担当者は自分の担当箇所を十分に予習しておいて下さい。
● オフィス・アワー
講師室(A棟1階)
成績評価法
「出席」、「課題提出状況」、「試験」の三つを総合的に考慮して評価します。第一回目の授業で詳しく説明しますので、必ず出席して下さい。
教科書
書名 著者名 出版社名
『現代フランスの基礎知識(改訂版)』 ドラ・トーザン著/三浦信孝編 白水社、2004年
参考書
書名 著者名 出版社名
授業中に適宜指示します。
授業計画
項目 授業内容
1 ガイダンス 授業方針の案内
2 1. GEOGRAPHIE ET POPULATION 担当者による和訳と講師による解説
3 2. L'HISTOIRE DE FRANCE (1) 担当者による和訳と講師による解説
4 3. L'HISTOIRE DE FRANCE (2) 担当者による和訳と講師による解説
5 調製回 担当者による和訳と講師による解説
6 4. LE SYSTEME POLITIQUE FRANÇAIS  担当者による和訳と講師による解説
7 5. LE SYSTEME D'ENSEIGNEMENT EN FRANCE 担当者による和訳と講師による解説
8 6. L'ECONOMIE FRANÇAISE  担当者による和訳と講師による解説
9 調製回 担当者による和訳と講師による解説
10 7. BEAUX-ARTS ET LITTERATURE 担当者による和訳と講師による解説
11 8. LA SOCIETE FRANÇAISE 担当者による和訳と講師による解説
12 9.LE MODE DE VIE DES FRANÇAIS  担当者による和訳と講師による解説
13 10. LA PLACE DE LA FRANCE DANS LE MONDE 担当者による和訳と講師による解説
▲PAGE TOP