HOME  > 入試情報 > 大学院入試情報 > アドミッション・ポリシー(大学院)

大学院入試情報

アドミッション・ポリシー(大学院)

薬学研究科薬学専攻博士課程(4年制課程)

 本大学院薬学研究科薬学専攻博士課程は、新制度における薬学部薬学科(6年制課程)の卒業生に対し、臨床・医療薬学領域における広い視野と専門性の高い研究能力の涵養を行い、高度な知識と技能をもって国民の健康維持増進並びに疾病の予防及び治療に資する優れた人材を養成する。本博士課程に加えられたがんプロコースでは、高度ながん医療を担うがん専門薬剤師を養成する。また、本大学院薬学研究科薬科学専攻博士前期課程の修了生に対しても、同様の臨床・医療薬学領域における教育・研究の場を提供する。さらに、これらの学生に限定することなく、社会で活躍中の薬剤師や薬系職業人の他、一定以上の教育・研究水準を備えた他分野あるいは他大学の大学院修士課程修了者に対しても、高度で良質な教育と、最新の研究の場を常時提供する。これにより、臨床・医療現場、行政機関、製薬関連企業等における指導者、あるいは研究者・教育者など、その専門的な能力を広く社会に還元することを通じて、国民の健康の維持増進、公衆衛生の向上等に貢献することを志す人材を入学者として求める。   

薬学研究科薬科学専攻博士前期(修士)課程

 本学薬学研究科薬科学専攻博士前期(修士)課程は、生命科学を基盤とする広い教養と先端的薬科学研究を推進できる深い専門知識を身につけ、豊かな創造力と優れた研究能力を備えた21世紀を担う薬学研究者、教育者、高度専門技術者などの人材の養成を目指します。この教育目標を達成する目的で、薬学領域のみならず農学・工学・理学などの他学部において生命科学・化学・物理学の基礎を修得し、薬学関連領域において社会に貢献しようとする意志を持ち、基礎的学力、論理的思考力、問題解決能力などを修得しようとする意欲に富んだ人を幅広く求めます。  

薬学研究科薬科学専攻博士後期課程(3年制課程)

 薬学の根幹をなし、生命科学の応用として展開される創薬科学や関連する研究領域において、新しい視点と独自の発想から課題を的確に把握し、それを解決できる高度な専門知識と技能をもち、さらに指導力とリーダーシップを発揮して薬科学領域の研究の発展に貢献できる人材の育成を目的としています。

 このため、充分な基礎学力を有し、専門分野で自立して研究活動を行う高い志をもった人材を求めます。 

入試情報


ページトップ