キャンパスライフ

HOME  > キャンパスライフ > 学生生活支援 > 気象警報発令・交通機関不通の場合の授業および試験について

学生生活支援

気象警報発令・交通機関不通の場合の授業および試験について

気象警報発令の場合の授業および試験について

 大阪府または京都府南部に「暴風警報」または「特別警報」(種類は問わない)が発令されている場合

  1. 午前7時までに警報が解除された場合
    ・平常どおり授業を行う
    ・予定どおり試験を行う
  2. 午前10時までに警報が解除された場合
    ・午前中の授業は休講とし、午後からの授業は行う
    ・午前中に予定されている試験は中止し、午後からの試験は予定どおり行う
     なお、中止となった試験は、翌日以降に振り替えて実施する
  3. 午前10時を過ぎても警報が解除されない場合
    ・すべての授業は休講とする
    ・予定されているすべての試験は中止し、翌日以降に振り替えて実施する

(備考)
・自宅や通学中の学生で、「特別警報」が発表された地域にいる場合は、自身の判断により命を守るために最善と思われる行動をとってください。大学構内にいる学生は、大学の指示に従って行動してください。すでに実施中あるいは開始直前の授業については、警報の緊急性などを考慮のうえで、大学がその中止を判断します。

交通機関不通の場合の授業および試験について

  1. JR西日本および関西大手私鉄(阪急、阪神、京阪、近鉄、南海)のいずれか1線、または高槻市営バスがストライキにより止まった場合
    (1)午前7時までにストライキが解決された場合
    (2)午前10時までにストライキが解決された場合
    (3)午前10時を過ぎてもストライキが解決されない場合
    (1)、(2)、(3)の措置は、それぞれ気象警報発令の場合の措置に準じる。
  2. JR京都線および阪急京都線、または高槻市営バスが運行不能となっている場合
    (1)午前7時までに運行が可能となった場合
    (2)午前10時までに運行が可能となった場合
    (3)午前10時を過ぎても運行不能となっている場合
    (1)、(2)、(3)の措置は、それぞれ気象警報発令の場合の措置に準じる。

 


ページトップ