キャンパスライフ

HOME  > キャンパスライフ学生・教職員の活躍 > 恩田光子准教授が日本医薬品情報学会の学術誌「医薬品情報学」で最優秀論文賞を受賞

学生・教職員の活躍

恩田光子准教授が日本医薬品情報学会の学術誌「医薬品情報学」で最優秀論文賞を受賞

 日本医薬品情報学会発行の学術誌「医薬品情報学」に掲載された恩田光子准教授の論文「薬剤師の在宅医療サービスによる残薬解消効果」が平成27年度の最優秀論文賞を受賞しました。

受 賞 者 : 恩田 光子 准教授(臨床実践薬学研究室)
論文題目: 薬剤師の在宅医療サービスによる残薬解消効果


ページトップ