キャンパスライフ

HOME  > キャンパスライフ学生・教職員の活躍 > 日本医薬品情報学会平成25年度最優秀論文賞を受賞

学生・教職員の活躍

日本医薬品情報学会平成25年度最優秀論文賞を受賞

 臨床実践薬学研究室・田中有香元助手を筆頭著者(以下、荒川行生教授、恩田光子准教授他6名)とする論文が日本医薬品情報学会の平成25年度最優秀論文賞を受賞しました。

論文題目: An Attempt at Objective Evaluation of the Current Situation of Concomitant Drug Use for Dementia Outpatients at Community Pharmacies


ページトップ