講演会・研究会

HOME  > 講演会・研究会生涯学習 > 大阪薬科大学公開教育講座のあゆみ(講師敬称略)

生涯学習

大阪薬科大学公開教育講座のあゆみ(講師敬称略)

平成29年度  公開教育講

受講資料集を発行しています。

第75回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(37)~
開催日: 平成29年5月27日(土)
演題・講師: 「心不全から心臓移植に至るまでの薬剤師の介入ポイント」
国立循環器病研究センター病院 薬剤部 特任副薬剤部長 和田 恭一
「我が国における重症心不全治療、特に心臓移植と補助人工心臓の現状と今後の展望」
国立循環器病研究センター病院 移植部門 移植医療部長 福嶌 教偉
会場: 梅田スカイビル

第76回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(38)~
開催日: 平成29年7月22日(土)
演題・講師: 「多職種協働による在宅支援~地域の中で薬剤師ができること・すべきこと~」
アイビー薬局 取締役・副社長
長崎大学薬学部 客員研究員・非常勤講師 手嶋 無限
「プライマリ・ケアの現場で本当に必要な薬について」
学校法人大阪医科薬科大学 地域総合医療科学寄附講座 特任教授
大阪医科大学附属病院 総合診療科 科長 鈴木 富雄
会場: 梅田スカイビル

平成28年度  公開教育講座

受講資料集を発行しています。

第72回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(34)~
開催日: 平成28年5月28日(土)
演題・講師: 「乳癌に対する薬物療法の現況」
 大阪医科大学 乳腺・内分泌外科 科長 岩本 充彦
「QOL評価の基礎と応用」
 立命館大学 生命科学部生命医科学科 教授 下妻 晃二郎
会場: 梅田スカイビル
第73回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(35)~
開催日: 平成28年7月16日(土)
演題・講師: 「添付文書における相互作用情報の現状と課題」
 大阪薬科大学 薬剤学研究室 教授 永井 純也
「RMPの実践における臨床薬剤師の役割」
 大阪薬科大学 臨床薬学教育研究センター 教授 中村 敏明
会場: 梅田スカイビル

第74回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(36)~
開催日: 平成28年11月19日(土)
演題・講師: 「造血器悪性腫瘍領域における薬剤師の役割」
大阪薬科大学 臨床薬学教育研究センター 講師 内田 まやこ
「進化する造血器悪性腫瘍の治療:リンパ系腫瘍を中心に」
九州大学病院血液腫瘍内科 助教 加藤 光次
会場: 梅田スカイビル

平成27年度  公開教育講座

受講資料集を発行しています。

第69回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(31)~
開催日: 平成27年5月23日(土)
演題・講師: 「歴史・文化史からみた薬と医療の歩み」
 大阪薬科大学 薬物治療学Ⅱ研究室 教授 島本 史夫
「医療現場において薬学・薬剤師の果たすべき役割」
 大阪薬科大学 学長 政田 幹夫
会場: 梅田スカイビル
第70回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(32)~
開催日: 平成27年7月18日(土)
演題・講師: 『肥満を伴う2型糖尿病患者に対する治療戦略』
 聖マリアンナ医科大学 代謝・内分泌内科 教授
 同病院 副院長 田中 逸
『「検体測定室」とは ~生活習慣病早期発見のための新たなリソース~』
 筑波大学 医学医療系 ニュートリゲノミクスリサーチグループ
 内分泌代謝・糖尿病内科 准教授 矢作 直也
会場: 梅田スカイビル
第71回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(33)~
開催日: 平成27年11月21日(土)
演題・講師: 「C型肝炎の最新治療」
 神戸朝日病院 院長補佐・薬剤部長 金 啓二
「NASH/NAFLDについて」
 神戸朝日病院 院長 金 守良
会場: 梅田スカイビル

受講資料集を発行しています。

第66回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(28)~
開催日: 平成26年5月24日(土)
演題・講師: 「薬物治療に活かす薬物動態」
 大阪薬科大学 薬剤学研究室 准教授 宮崎 誠
「医薬品情報から薬物動態を読み解く」
 慶應義塾大学薬学部 大学院薬学研究科 臨床薬学 教授 大谷 壽一
会場: 梅田スカイビル
第67回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(29)~
開催日: 平成26年7月19日(土)
演題・講師: 「最近の薬務行政について」
 厚生労働省 医薬食品局 総務課 蓮見 由佳
「薬剤師が知っておきたい『妊娠とくすり』」
 奈良県立医科大学 産科婦人科学教室 学内講師 産科医長 成瀬 勝彦
「妊婦・授乳婦におけるカウンセリング-情報収集のための基礎知識-」
 奈良県立医科大学附属病院 薬剤部 錦織 芽久美
会場: 梅田スカイビル
第68回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(30)~
開催日: 平成26年11月22日(土)
演題・講師: 「がん疼痛治療におけるオピオイド使用と薬剤師の役割
 ~痛みと副作用の症状マネジメント~」

 大日本住友製薬株式会社 製品企画部 細川 泰博
「在宅緩和ケアの現状」
 関本クリニック 院長 関本 雅子
「薬剤師法改正が求める新薬剤師」
 三輪亮壽法律事務所 所長 三輪 亮壽
会場: 梅田スカイビル
平成26年度第1回サテライトセミナー
開催日: 9月21日(日)、10月19日(日)、11月16日(日)、12月21日(日)
演題・講師: <第1講>平成26年9月21日(日)
講義: 例題提示と副作用の考え方...薬情の意義、重篤副作用疾患別対応マニュアル、バイタルサイン等
演習: バイタルチェック(フィジカルアセスメントモデル等を用いた実習形式)、被疑薬の選別と対処方法・インターネット検索・薬情の作成(SGD*・ロールプレイ形式)

*スモールグループディスカッション


<第2講>平成26年10月19日(日)
講義: 薬物動態の基礎と応用...薬物速度論、薬物血中濃度測定、TDM等
演習: 血中薬物濃度-時間プロファイルの解析と評価(コンピュータシミュレーション・SGD)

<第3講>平成26年11月16日(日)
講義: 薬物動態と効果・副作用の関係...ヒステレシス現象等
演習: 中毒時の薬物動態の評価(SGD)とバイタルチェック(フィジカルアセスメントモデル等を用いた実習形式)等

<第4講>平成26年12月21日(日)
講義: ハルシオン大量服薬事件の解明(SGD)
演習: 総合討論

■講師:大阪薬科大学公開教育講座委員

委員長 教授 松村 人志(薬物治療学研究室)
委員 教授 島本 史夫(薬物治療学Ⅱ研究室)
委員 准教授 井尻 好雄(循環病態治療学研究室)
委員 准教授 西野 隆雄(臨床薬学実務教育研究室)
委員 准教授 宮崎 誠 (薬剤学研究室)
会場: 大阪薬科大学附属薬局

平成25年度  公開教育講座

受講資料集を発行しています。

第63回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(25)~
開催日: 平成25年5月25日(土)
演題・講師: 「動脈硬化とアンチエイジング~最新の薬物療法~」
 大阪薬科大学 循環病態治療学研究室 教授 林 哲也
「虚血性心疾患~急性期治療から二次予防へ~」
 高槻赤十字病院 循環器科部長 大中 玄彦
会場: 梅田スカイビル
第64回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(26)~
開催日: 平成25年7月27日(土)
演題・講師: 「授乳の生理、母乳と薬剤」
 大阪医科大学 小児科 講師(准) 瀧谷 公隆
「小児医療の特性と小児特有の服薬指導について」
 大阪府立急性期・総合医療センター 薬局長 室井 政子
会場: 梅田スカイビル
第65回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(27)~
開催日: 平成25年11月30日(土)
演題・講師: 「アレルギー性鼻炎の臨床ー薬物療法を中心に」
 大阪医科大学 耳鼻咽喉科学教室 教授 河田 了
「製剤設計と剤形の基礎-添付文書中の添加剤を説明できますか?」
 大阪薬科大学 製剤設計学研究室 教授 戸塚 裕一
会場: 梅田スカイビル

平成24年度  公開教育講座

受講資料集を発行しています。

第60回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(22)~
開催日: 平成24年5月19日(土)
演題・講師: 「がん医療におけるコミュニケーションスキル」
 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 精神神経病態学教室 教授 内富 庸介
「乳癌治療の今とこれから」
 大阪府立成人病センター 乳腺・内分泌外科 主任部長 玉木 康博
会場: 梅田スカイビル
第61回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(23)~
開催日: 平成24年7月21日(土)
演題・講師: 「悪性腫瘍に対する新たな挑戦としての免疫・細胞療法臨床研究の現状:自験例を中心に」
 九州大学 生体防御医学研究所 ゲノム病態学分野 教授 谷 憲三朗
「血液内科の今~GCSFがもたらしたもの、外来化学療法、そして新規薬剤~」
 市立豊中病院 血液内科 部長 小杉 智
会場: 梅田スカイビル
第62回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(24)~
開催日: 平成24年11月17日(土)
演題・講師: 「ヘリコバクター・ピロリの基礎と臨牀」
 兵庫医科大学ささやま医療センター 病院長 福田 能啓
「消化器がんの化学療法の進歩」
 大阪医科大学附属病院 化学療法センター  講師 後藤 昌弘
会場: 梅田スカイビル

平成23年度  公開教育講座

受講資料集を発行しています。

第57回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(19)~
開催日: 平成23年5月28日(土)
演題・講師: 「てんかんの治療薬研究」
 渚クリニック院長 広島大学名誉教授 笹 征史
「てんかん、けいれん性疾患の薬物治療と注意すべき副作用」
 京都大学大学院医学研究科 脳病態生理学講座 臨床神経学(神経内科)
 准教授 池田 昭夫
会場: 梅田スカイビル
第58回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(20)~
開催日: 平成23年7月16日(土)
演題・講師: 「アルツハイマー型認知症の薬物療法における薬剤師の役割」
 名古屋大学名誉教授 名城大学薬学部  教授  鍋島 俊隆
「アルツハイマー病の新しい薬剤と認知症の予防」
 大阪大学大学院医学系研究科 精神医学教室 教授 武田 雅俊
会場: 梅田スカイビル
第59回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(21)~
開催日: 平成23年11月19日(土)
演題・講師: 「GLP-1の生理作用とインクレチン関連治療薬up-to-date」
 兵庫医科大学 内科学 糖尿病科 教授 宮川 潤一郎
「糖尿病薬の使い方~医師は何を考えて処方しているのか~」
 大阪医科大学 内科学Ⅰ 教授 花房 俊昭
会場: 梅田スカイビル

平成22年度  公開教育講座

受講資料集を発行しています。

第54回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(16)~
開催日: 平成22年5月15日(土)
演題・講師: 「統合失調症の治療とケアの概要」
 大阪薬科大学 薬物治療学研究室 教授 松村 人志
「臨床・分子遺伝学から見た統合失調症の成因」
 大阪医科大学 総合医学講座 神経精神医学教室 教授 米田 博
会場: 梅田スカイビル

第55回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(17)~

開催日: 平成22年7月3日 (土)
演題・講師: 「小児細菌性髄膜炎と予防-ワクチンの登場-」
 千葉大学医学部小児科 講師 石和田 稔彦
「小児医療における薬剤 現状と課題」
 大阪府立母子保健総合医療センター 新生児科 副部長 臨床試験支援室長 平野 慎也
会場: 梅田スカイビル
第56回大阪薬科大学公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(18)~
開催日: 平成22年11月27日 (土) 
演題・講師: 「心血管病と性差」
 大阪医科大学 内科III 助教 腎臓内科医長 大阪薬科大学 客員研究員 森 龍彦
「レニン・アンジオテンシン系の新展開 降圧と臓器保護」
 大阪大学医学部附属病院 老年・高血圧内科 病院教授 大石 充
会場: 梅田スカイビル

平成21年度 公開教育講座

受講資料集を発行しています。

第51回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(13)~
開催日: 平成21年5月30日(土)
演題・講師: 「眠りの科学」
 大阪薬科大学 生体防御学研究室 講師 藤森 功
「睡眠・覚醒とそれにかかわる薬物」
 滋賀医科大学医学部精神医学講座 講師 今井 眞
会場: 梅田スカイビル
第52回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(14)~
開催日: 平成21年7月4日(土)
演題・講師: 「注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の薬物治療」
 京都大学医学部附属病院 精神科神経科 院内講師 岡田 俊
「大人を困らせる子どもたちーアスペルガー症候群とADHDを中心として」
 大阪医科大学 小児科 鈴木周平
会場: 梅田スカイビル
第53回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(15)~
開催日: 平成21年11月21日(土)
演題・講師: 「セロトニン神経系とうつ病、不安障害治療薬」
 大阪薬科大学 薬品作用解析学研究室 准教授 大野 行弘
「うつ病・不安障害治療と注意すべき副作用」
 大阪医科大学附属病院 精神神経科 医長 堀 貴晴
会場: 梅田スカイビル

平成20年度 公開教育講座

受講資料集を発行しています。

第48回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(10)~
開催日: 平成20年5月17日(土)
演題・講師: 「抗がん剤の分子標的薬」
 中外製薬株式会社 研究本部 創薬企画推進部 部長 岡部 尚文
「消化器がん化学療法-胃・大腸がんを中心に-」
 大阪医科大学 第2内科 助教 後藤  昌弘
会場: 梅田スカイビル
第49回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(11)~
開催日: 平成20年7月19日(土)
演題・講師: 「脳梗塞治療薬の現状と今後」
 田辺三菱製薬株式会社 薬理研究所 主任研究員 幸 敏志
「脳梗塞の薬物治療:急性期から再発予防まで」
 国立循環器病センター 内科脳血管部門 医長 豊田 一則
会場: 梅田スカイビル
第50回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(12)~
開催日: 平成20年11月22日(土)
演題・講師: 「総説:緑内障」
 大阪厚生年金病院 眼科部長 桑山 泰明
「緑内障治療薬の現状と開発状況」
 参天製薬株式会社 研究開発本部 研究開発企画室長 宮脇 宣明
会場: 梅田スカイビル

平成19年度 公開教育講座

受講資料集を発行しています。

第45回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(7)~
開催日: 平成19年5月19日(土)
演題・講師: 「アスベスト吸入による健康障害~肺・胸膜の疾患~」
 国立病院機構 近畿中央胸部疾患センター 院長 坂谷 光則
「肺癌の化学療法と薬剤」
 高槻赤十字病院 副院長/呼吸器外科部長 千葉 渉
会場: 梅田スカイビル
第46回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(8)~
開催日: 平成19年7月14日(土)
演題・講師: 「パーキンソン病治療薬研究の現状と今後」
 大阪薬科大学 薬品作用解析学研究室 准教授 大野 行弘
「パーキンソン病の治療と注意すべき副作用」
 愛媛大学大学院医学系研究科病態治療内科 教授/創薬・育薬センター長 野元 正弘
会場: 梅田スカイビル
第47回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(9)~
開催日: 平成19年12月1日(土)
演題・講師: 「関節リウマチ治療の現状と今後~内科の立場から~」
 大阪医科大学第一内科 講師 武内 徹
「関節リウマチ治療の現状と今後~外科の立場から~」
 大阪医科大学外科学講座 整形外科 准教授 中島 幹雄
会場: 梅田スカイビル

平成18年度 公開教育講座

受講資料集を発行しています。

第42回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(4)~
開催日: 平成18年5月20日(土)
演題・講師: 「糖尿病と高血圧症の接点~グルコース・ストレスと高血圧~」
 大阪薬科大学薬物治療学研究室教授 田中 孝生
「糖尿病の治療薬と副作用~患者の常識・非常識~」
 大阪市立大学総合医療センター 栄養部部長/代謝内分泌内科副部長 細井 雅之
会場: 梅田スカイビル
第43回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(5)~
開催日: 平成18年7月15日(土)
演題・講師: 「冠動脈疾患の治療」
 大阪医科大学第三内科学講師 河野 龍而
重大な副作用回避のために~循環器領域における服薬説明の問題点を中心として~」
 大阪薬科大学臨床薬剤学教室助教授 井尻 好雄
会場: 梅田スカイビル
第44回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(6)~
開催日: 平成18年11月25日(土)
演題・講師: 「高脂血症治療薬の体内動態と薬物相互作用」
 東京大学大学院情報学環・学際情報学府/
 東京大学大学院薬学系研究科医薬品情報学講座教授  澤田 康文
「高脂血症・動脈硬化の治療薬と副作用」
 大阪市立大学大学院医学研究科代謝内分泌病態内科学講師  庄司 哲雄
会場: 梅田スカイビル

平成17年度 公開教育講座

受講資料集を発行しています。

第39回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(1)~
開催日: 平成17年5月21日(土)
演題・講師: 「薬による腎障害を減らすためにできること」
 浜松医科大学第一内科教授 菱田 明
「生体リズムと薬の作用・副作用」
 自治医科大学薬理学教授 藤村 昭夫
会場: 梅田スカイビル
第40回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(2)~
開催日: 平成17年7月16日(土)
演題・講師: 「薬物による心臓毒性」
 山梨大学大学院医学工学総合研究部薬理学教授 橋本 敬太郎
「くすりの代謝の個人差と安全な使用」
 東北大学大学院薬学研究科教授 山添 康
会場: 梅田スカイビル
第41回公開教育講座
くすりの作用と副作用~薬物治療における安全管理のために(3)~
開催日: 平成17年11月26日(土)
演題・講師: 「くすりと薬剤性血液障害の発生機序~血液毒性の理解のために~」
 国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター毒性部 室長 平林 容子
「小児科領域におけるくすりの副作用~効果との対比で考える~」
 高槻赤十字病院 医師 小児科部長 林 敬次
会場: 梅田スカイビル

平成16年度 公開教育講座

講演集を発行しています。

第37回公開教育講座
医療制度の変革(1)
開催日: 平成16年7月24日(土)
演題・講師: 「薬剤師をめぐる環境の変化 ~6年制時における薬学教育をとおして~」
 北海道薬科大学社会薬学分野教授 早瀬 幸俊
「医療・薬事制度と社会~将来の薬局像(一考察)~」
 大阪府健康福祉部薬務課長 織田 美夫
会場: 梅田スカイビル
第38回公開教育講座
医療制度の変革(2)
開催日: 平成16年11月20日(土)
演題・講師: 「薬剤師の過去、現在、未来」
 (社)大阪府薬剤師会会長 児玉 孝
「諸外国における医療教育・制度と薬剤師 ~ヨーロッパの薬剤師を中心に~」
 名城大学薬剤学部薬学教育開発部門講師 飯田 耕太郎
会場: 梅田スカイビル

平成15年度 公開教育講座

講演集を発行しています。

第34回公開教育講座
高齢化社会における医療と薬学・薬剤師(1)
開催日: 平成15年6月21日(土)
演題・講師: 「高齢者と病気」
 堺市立八田荘老人ホーム・健康管理医 神木 照雄
「高齢者への薬物療法」
 大阪市立大学医学部附属病院薬剤部・副部長 小川 雅史
会場: 梅田スカイビル
第35回公開教育講座
高齢化社会における医療と薬学・薬剤師(2)
開催日: 平成15年9月27日(土)
演題・講師: 「高齢者の介護と介護保険」
 大阪府健康福祉部高齢介護室参事 福島 雅也
「高齢者医療における薬剤師の仕事~薬剤師不要論との戦い~」
 薬局セブンファーマシー薬局長 七海 陽子
会場: 梅田スカイビル
第36回公開教育講座
高齢化社会における医療と薬学・薬剤師(3)
開催日: 平成16年2月28日(土)
演題・講師: 「グローバルな観点から見た開発から市販後までのくすりの安全性」
 日本イーライリリー株式会社医薬情報部長・市販後調査管理責任者 多良 寛雅
「高齢者の立場から-医療制度、社会保障制度、環境およびその問題点-」
 前高槻市長 江村 利雄
会場: 梅田スカイビル

平成14年度 公開教育講座

講演集を発行しています。

第31回公開教育講座
遺伝子治療をめぐる最近の話題
開催日: 平成14年6月22日(土)
演題・講師: 「遺伝子治療と核酸化学」
 大阪薬科大学機能分子創製化学研究室講師 浦田 秀仁
「創薬としての遺伝子治療:ポストゲノム時代の薬物療法」
 大阪大学大学院医学系研究科遺伝子治療学助教授 森下 竜一
会場: 大阪薬科大学
第32回公開教育講座
がんをめぐる最近の話題
開催日: 平成14年9月28日(土)
演題・講師: 「漢方薬はがんの転移に効果があるか?」
 富山医科薬科大学和漢薬研究所教授 済木 育夫
「がん診療におけるアウトカム評価-がん征圧の臨床科学基盤-」
 京都大学大学院医学研究科教授 福島 雅典
会場: 大阪薬科大学
第33回公開教育講座
臨床検査をめぐる最近の話題
開催日: 平成15年2月22日(土)
演題・講師: 「検査値、読み方のカンどころと健診のススメ」
 大阪薬科大学 助教授 藤田 芳一
「高感度免疫測定法が拓く循環器疾患診療の新たな展開」
 関西医科大学 教授 高橋 伯夫
会場: 大阪薬科大学

平成13年度 公開教育講座

講演集を発行しています。

第28回公開教育講座
メディカル・リスク・マネージメント
開催日: 平成13年5月19日(土)
演題・講師: 「ナースの立場から」
 医療法人徳洲会八尾徳洲会総合病院 看護部長 高橋 昭美
「医師の立場から」
 老人保健施設八尾徳洲苑 施設長 酒井 敬
「薬剤師の立場から」
 医療法人徳洲会八尾徳洲会総合病院 事務部長 尾崎 勝彦
会場: 大阪薬科大学
第29回公開教育講座
感染症をめぐる最近の話題
開催日: 平成13年12月1日(土)
演題・講師: 「食品をめぐる新興・再興感染症 -サルモネラ感染症の実情と対策および基礎研究の動向-」
 大阪薬科大学衛生化学教室教授 天野 富美夫
「強酸性電解水を用いた集中治療病棟における感染対策」
 国立函館病院副院長 公文 啓二
会場: 大阪薬科大学
第30回公開教育講座
臨床診断法をめぐる最近の話題
開催日: 平成14年2月23日(土)
演題・講師: 「画像診断法の進歩と薬学」
 大阪薬科大学生体機能診断学研究室助教授 大桃 善朗
「検査値の読み方:一般検査値より炎症を読む」
 大阪医科大学第一内科講師 槙野 茂樹
会場: 大阪薬科大学

平成12年度 公開教育講座

講演集を発行しています。

第24回公開教育講座
心臓移植の最前線
開催日: 平成12年5月13日(土)
演題・講師: 「心臓移植 -医師の立場から-」
 国立循環器病センター研究所部長 中谷 武嗣
「心臓移植 -薬剤師の立場から-」
 国立循環器病センター薬剤部主任 上野 和行
会場: 大阪薬科大学
第25回公開教育講座
在宅医療の現在
開催日: 平成12年7月23日(土)
演題・講師: 「在宅ケアの実践 -在宅ホスピスケアを中心として-」
 出水クリニック院長 出水 明
「薬局・薬剤師の転換期 -薬剤師としての介護保険と医療保険へのかかわり-」
 奈良県薬剤師会理事 七海 朗
会場: 大阪薬科大学
第26回公開教育講座
EBM -Evidence Based Medicine-
開催日: 平成12年11月18日(土)
演題・講師: 「EBM:チーム医療の中での薬剤師の役割」
 福井医科大学医学部附属病院薬剤部長 政田 幹夫
「誰でも出来るEBM:僻地診療の現場から」
 作手村国民健康保険診療所 名郷 直樹
会場: 大阪薬科大学
第27回公開教育講座
医療経済
開催日: 平成13年2月17日(土)
演題・講師: 「今医薬品の流通に何がおきてるか」
 クレコンリサーチ&コンサルティング株式会社 代表取締役 木村 文治
「医療保険制度と薬剤支出」
 京都大学大学院経済学研究科 教授 西村 周三
会場: 大阪薬科大学

平成11年度 公開教育講座

講演集を発行しています。

第20回公開教育講座
「高度医療社会での薬剤師の役割(7)」糖尿病とその治療の最前線
開催日: 平成11年5月22日(土)
演題・講師: 「生活習慣病と食生活-糖尿病の食事療法を中心に-」
 前兵庫医科大学病院栄養部長 田辺 節子
「糖尿病の病態と治療をめぐる最近の進歩」
 京都大学大学院医学研究科教授 清野 裕
会場: 大阪薬科大学
第21回公開教育講座
「高度医療社会での薬剤師の役割(8)」ターミナルケアの最前線
開催日: 平成11年7月17日(土)
演題・講師: 「ホスピスの現場から見た終末期医療」
 淀川キリスト教病院ホスピス副医長 池永 昌之
「おうじょうしまっせ-緩和医療」
 京都桂病院薬剤科 中西 弘和
会場: 大阪薬科大学
第22回公開教育講座
「高度医療社会での薬剤師の役割(9)」自己免疫疾患とその治療の最前線
開催日: 平成11年10月23日(土)
演題・講師: 「リウマチ・膠原病の病態と治療戦略」
 京都大学大学院医学研究科講師 尾崎 承一
「バセドウ病と橋本病:薬物治療と副作用の対策」
 神甲会隈病院 深田 修司
会場: 大阪薬科大学
第23回公開教育講座
「高度医療社会での薬剤師の役割(10)」透析医療の最前線
開催日: 平成12年2月19日(土)
演題・講師: 「透析療法の基礎と現況」
 大阪薬科大学教授 田中 一彦
「透析患者の薬物投与設計」
 特定医療法人仁真会白鷺病院薬剤科長 平田 純生
会場: 大阪薬科大学

平成10年度 公開教育講座

講演集を発行しています。

第16回公開教育講座
「高度医療社会での薬剤師の役割(3)」循環器疾患とその治療の最前線
開催日: 平成10年5月16日
演題・講師: 高血圧症の成因と薬物療法
 香川医科大学教授 安部 陽一
脳血管障害の病態と治療
 国立大阪病院総合内科部長 今泉 昌利
会場: 大阪薬科大学
第17回公開教育講座
「高度医療社会での薬剤師の役割(4)」腎疾患とその治療の最前線
開催日: 平成10年7月18日(土)
演題・講師: 腎のはたらきとその異常
 浜松医科大学助教授 菱田 明
糖尿病性腎症の病態と薬物療法
 大阪市立医療センター 内科・透析部副部長 今西 政仁
会場: 大阪薬科大学
第18回公開教育講座
「高度医療社会での薬剤師の役割(5)」新しい概念に基づいた薬の開発とその評価
開催日: 平成10年10月17日(土)
演題・講師: 新しい薬物療法として期待されるドラッグデリバリーシステム
 武田薬品工業株式会社 DDS研究所長 小川 泰亮
医薬品情報の収集と評価---患者志向の医療を求めて---
 東京都立府中療育センター副所長 別府 宏圀
会場: 大阪薬科大学
第19回公開教育講座「高度医療社会での薬剤師の役割(6)」
アレルギー疾患とその治療の最前線
開催日: 平成11年2月20日(土)
演題・講師: 「花粉症は増えているか---実態と対策---」
 大阪医科大学教授 耳鼻咽喉科学 竹中 洋
「笑うカイチュウ---寄生虫はアレルギーを抑えるか---」
 東京医科歯科大学医学部教授 医動物学 藤田 紘一郎
会場: 大阪薬科大学

平成9年度 公開教育講座

第15回公開教育講座
「高度医療社会での薬剤師の役割(2)」
開催日: 平成9年10月11日(土),18日(土),25日(土)
演題・講師: 気分と脳科学
 関西医科大学教授 玄番 央恵
パーキンソン病の病態と薬物療法
 清恵会病院副院長 木村 文治
インフォームドコンセント・・・日本に馴染む六つの提言
 京都大学名誉教授(医学部) 星野 一正
今回の薬事法等の改正と薬剤師の法的責任
 三輪亮寿法律事務所 弁護士 三輪 亮寿
アルツハイマー病の病態と治療薬の開発
 名古屋大学教授 鍋島 俊隆
薬剤疫学による医薬品臨床評価と副作用モニター
 東京大学助教授 久保田 潔
会場: 大阪薬科大学

平成8年度 公開教育講座

第14回公開教育講座
「高度医療社会での薬剤師の役割(1)」
開催日: 平成8年10月12日(土),19日(土),26日(土)
演題・講師: レセプター占有理論に基づいた副作用の予測
 九州大学薬学部教授 澤田 康文
高齢者疾患とくすり
 大阪市立弘済院附属病院内科副部長 揖場 和子
最近の脂質検査の動向
 国立循環器病センター臨床検査部技師長 片山 善章
不随意運動と薬剤
 京都大学教授 大学院医学研究科 柴崎 浩
遺伝子治療そして細胞性製剤への道
 大阪大学薬学部教授 真弓 忠範
人薬物代謝個体差と薬物相互作用
 東北大学薬学部教授 山添 康
会場: 大阪薬科大学

平成7年度 公開教育講座

第13回公開教育講座
「新しい医療とこれからの薬剤師(4)」
開催日: 平成7年10月14日,21日,28日
演題・講師: 医療薬学教育の行方と薬剤師国家試験
 神戸大学医学部教授・附属病院薬剤部長 奥村 勝彦
点眼剤 ---最近の進歩---
 近畿大学医学部教授 大鳥 利文
高血圧治療薬の最近の進歩とその将来
 大阪薬科大学助教授 松村 靖夫
医薬品の安全かつ適正な使用と患者への情報提供
 阪南中央病院内科科長 浜 六郎
現代医療と漢方医学
 富山医科薬科大学医学部教授 寺澤 捷年
C型慢性肝炎の病態と治療
 大阪市立大学医学部教授・医学部長 門奈 丈之
会場: 大阪薬科大学

平成6年度 公開教育講座

第12回公開教育講座
「新しい医療とこれからの薬剤師(3)」
開催日: 平成6年10月15日,22日,29日
演題・講師: ファーマシューティカルケアの確立に向けて
 日本薬剤師会副会長 日本病院薬剤師会専務理事 高橋 則行
漢方医学における病気治療の考え方
 近畿大学東洋医学研究所教授 阿部 博子
日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師制度について
 大阪府薬剤師会
新しい製剤(DDS)の医療における役割
 大阪薬科大学助教授 森本 一洋
医療薬学の現状とその将来
 昭和薬科大学教授 田代 眞一
高脂血症と動脈硬化--その病態に基づく治療--
 京都大学医学部教授 北 徹
心身症と心身医学--心療内科医からみた病気--
 京都大学医学部教授 中井 吉英
会場: 大阪薬科大学

平成5年度 公開教育講座

第11回公開教育講座
「新しい医療とこれからの薬剤師(2)」
開催日: 平成5年10月16日,23日,30日
演題・講師: 薬務行政をめぐる最近の話題
 厚生省薬務局企画課長補佐 安倍 道治
アレルギー疾患と東西医学のアプローチ
 大阪市立大学医学部講師 塚本 祐壮
オーダーリングシステムを利用した病院の医薬品管理
 富山医科薬科大学教授・附属病院薬剤部長 堀越 勇
糖尿病の治療をめぐって
 大阪大学医学部講師 河盛 隆造
薬効の速度論的な見方と最適投与計画
 大阪薬科大学教授 掛見 正郎
服薬指導と医薬情報
 帝京大学薬学部  堀 美智子
会場: 大阪薬科大学

平成4年度 公開教育講座

第10回公開教育講座
「新しい医療とこれからの薬剤師」
開催日: 平成4年10月17日,24日,31日
演題・講師: 日本薬剤師研修センター設立の目的と意義
 日本薬剤師研修センター理事長 村田 敏郎
気管支喘息--治療方針の移り変わり--
 京都大学胸部疾患研究所助教授 川合 満
がんと微量元素
 大阪薬科大学教授 千熊 正彦
心臓血管病--基礎と臨床--
 大阪大学医学部教授 多田 道彦
薬剤師に期待される臨床薬剤業務の実践
 北里大学薬学部助教授 小宮山 貴子
バイオ・エシックスの話
 大阪薬科大学教授 森下 利明
会場: 大阪薬科大学

平成3年度 公開教育講座

第9回公開教育講座
開催日: 平成3年8月24日,31日,9月7日
演題・講師: 21世紀を見つめた医薬品研究
 武田薬品株式会社研究開発副本部長 西川 正夫
免疫抑制剤FK506の発見と開発
 藤沢薬品株式会社探索研究所 田中 洋和
医薬品の開発を目指したカテプシンb阻害剤のデザイン
 大阪薬科大学教授 石田 寿昌
ウイルス病の話
 シオノギ医科学研究所長 日沼 頼夫
海からの贈り物
 大阪大学薬学部教授 北川 勲
微生物産生物質の構造と活性
 大阪薬科大学教授 稲森 善彦
角膜移植と eye-bank
 大阪大学名誉教授 水川 孝
わが国の臓器移植の現状--腎移植を中心として--
 大阪大学医学部教授 園田 孝夫
会場: 大阪薬科大学

平成2年度 公開教育講座

第8回公開教育講座
開催日: 平成2年8月18日,25日,9月1日,8日
演題・講師: ウイルス病からの回復のしくみ
 大阪薬科大学教授 保坂 康弘
がん遺伝子,劣勢がん遺伝子(がん抑制遺伝子)とは何か
 大阪大学微生物病研究所教授 豊島 久真男
HVJの融合活性を担うF蛋白質の活性化から理解されてきた外膜ウイルスの強毒性,弱毒性を決定する分子機構
 大阪大学細胞工学センター教授 岡田 善雄
“ペプチド”生体機能物質から医薬品へ
 大阪大学医学部教授・附属病院薬剤部長 矢内原 千鶴子
生体における情報伝達の仕組み
 神戸大学医学部教授 西塚 泰美
レニン・アンジオテンシン系の薬理
 大阪市立大学医学部教授 山本 研二郎
レニン・アンジオテンシン系の薬理
 大阪市立大学医学部教授 玄番 宗一
天然物と免疫抑制
 京都大学薬学部教授 藤多 哲朗
会場: 大阪薬科大学

平成元年度 公開教育講座

第7回公開教育講座
開催日: 平成元年8月19日,26日,9月2日,9日
演題・講師: 微生物のリスクアセスメント
 大阪大学薬学部教授 西原 力
心臓移植の背景と現況
 大阪大学医学部教授 川島 康生
病院薬剤師業務へのコンピューターの導入
 高知医科大学附属病院薬剤部長 西岡 豊
生薬・薬用植物~最近の研究から~
 大阪薬科大学教授 小澤 貢
AIDS~その治療・予防と問題点~
 大阪大学微生物病研究所教授 上田 重晴
全身用貼付剤の展望と経皮吸収の将来
 大阪薬科大学教授 酒井 清
血液をとりまく最近の話題
 前南大阪赤十字血液センター所長 田辺 香苗
セロトニンと精神機能
 広島大学医学部教授 瀬川 富郎
会場: 大阪科学技術センター

昭和63年度 公開教育講座

第6回公開教育講座
開催日: 昭和63年8月20日,27日,9月3日,10日
演題・講師: X線構造解析法とコンピューターグラフィックスによって分子を見る
 大阪薬科大学教授 井上 正敏
生薬学領域の最近の進歩
 九州大学薬学部教授 西岡 五夫
抗癌剤の現状と将来
 帝京大学生物工学研究センター教授 千原 呉郎
神経難病の現状
 国立療養所宇多野病院長 西谷 裕
医薬品に関する製薬業者の製造物責任
 大日本製薬株式会社 足立 勝
脳の情報伝達及び制御の障害と薬
 近畿大学薬学部教授 高木 博司
医薬品の進歩とDrug Delivery Ssystem (DDS)
 神戸大学医学部教授・附属病院薬剤部長 奥村 勝彦
血液浄化と尿毒症物質
 大阪薬科大学教授 小延 鑑一
会場: 大阪科学技術センター

昭和62年度 公開教育講座

第5回公開教育講座
開催日: 昭和62年8月22日,29日,9月5日,12日
演題・講師: バイオテクノロジーの進歩と医薬品
 武田薬品株式会社 大村 栄之助
分子レベルで見る癌
 国立がんセンター研究所 口野 嘉幸
薬局経営の将来像についての一考察
 大阪薬科大学非常勤講師 飯島 幸二
がん温熱療法の開発と展望
 京都大学名誉教授 菅原 努
調剤のゼロデフェクトに挑む
 神戸大学医学部教授・附属病院薬剤部長 黒田 耕司
放射性医薬品の最近の進歩
 大阪薬科大学教授 田中 千秋
有機化学の移り変り--立体化学を中心として--
 大阪薬科大学教授 山口 秀夫
最近の医用・薬用高分子材料
 京都大学医用高分子研究センター教授 筏 義人
会場: 大阪薬科大学

昭和61年度 公開教育講座

第4回公開教育講座
開催日: 昭和61年8月30日,31日,9月6日,7日
演題・講師: ジョギングと脳
 京都大学霊長類研究所教授 久保田 競
有機合成--その最近の話題--
 大阪薬科大学教授 栗原 拓史
臓器移植
 国立循環器病センター総長 曲直部 壽夫
“からだ”のなかの情報伝達と“くすり”
 徳島大学医学部教授 岡 源郎
肝臓病と超音波診断
 大阪教育大学教授 朝井 均
光分析法の高感度化について
 大阪薬科大学教授 森 逸男
“科学捜査”の想い出
 大阪府警科学捜査研究所  米田 米吉
会場: 大阪薬科大学

昭和60年度 公開教育講座

第3回公開教育講座
開催日: 昭和60年8月31日,9月1日,7日,8日
演題・講師: 癌の疫学--日本における癌発生と将来--
 名古屋大学医学部教授 青木 国雄
タンパク質・酵素の構造と機能--研究の現状と将来への展望--
 大阪薬科大学教授 池田 潔
癌化学療法における前臨床研究
 癌研究会化学療法センター 塚越 茂
自然界に存在する生理活性物質--抗腫瘍物質、フェロモンなどを中心として--
 大阪薬科大学教授 沼田 敦
薬事法周辺の諸問題と21世紀元の心構え
 東京医薬品工業協会 常務理事 豊田 勤治
癌とBRM--現状と将来--
 帝京大学医学部教授 古江 尚
癌化学療法における臨床試験の進め方と評価
 日本医科大学教授 仁井谷 久暢
バイオテクノロジーの新しい展開
 京都大学化学研究所教授 左右田 健次
会場: 大阪薬科大学

昭和59年度 公開教育講座

第2回公開教育講座
開催日: 昭和59年8月25日,26日,9月1日,2日,8日
演題・講師: 癌の特性--それは生体にとって異物であろうか--
 大阪市立大学医学部教授 藤本 輝夫
食品中の重金属の存在意義
 大阪府立公衆衛生研究所 田中 凉一
抗生物質投与法(量)の問題点--臨床薬理学的、臨床検査学的視点より--
 北野病院臨床検査部長 植手 鉄男
最近の中国における数種生薬
 大阪薬科大学教授 太田 長世
β-ラクタム抗生物質の過去と現在
 塩野義製薬株式会社研究所 永田 亘
リンパ球由来因子と修飾因子--その医療への応用--
 岡山大学薬学部教授 山本 格
ビタミンB1について--その歴史と最近の話題--
 大阪薬科大学教授 平野 弘
義歯の汚れと洗浄剤(デンチャープラークコントロール)
 大阪大学歯学部教授 奥野 善彦
植物組織培養の薬学的応用
 京都大学薬学部教授 田端 守
最近の合成洗剤
 P&Gファーイースト 山地 安夫
会場: 大阪科学技術センター

昭和58年度 公開教育講座

第1回公開教育講座
開催日: 昭和58年8月6日,7日,27日,28日,9月17日,18日
演題・講師: 薬の体の中での動き
 大阪薬科大学教授 森坂 勝昭
心とからだ
 神戸大学中央市民病院長 岡本 道雄
免疫学における最近の進歩
 大阪市立大学医学部教授 森沢 成司
血圧の管理の重要性と高血圧治療の進歩
 大阪市立大学医学部教授 武田 忠直
薬物療法と剤形
 京都大学薬学部教授 瀬崎 仁
なぜ今,健康食品なのか
 大阪薬科大学教授 藤田 直
精神薬理学の最近の進歩
 京都大学医学部教授 高折 修二
室内空気の汚染
 大阪薬科大学教授 水谷 泰久
中年の「うつ病」とその治療
 名古屋大学医学部教授 笠原 嘉
現代医療の中の漢方
 富山医科薬科大学医学部助教授 寺沢 捷年
浮腫の治療薬
 大阪薬科大学教授 森本 史郎
会場: 大阪薬科大学


ページトップ