HOME  > 学部・大学院 > 研究室一覧 > 薬剤学研究室

研究室一覧

薬剤学研究室

研究テーマ

薬物療法の最適化及び個別化に資する薬物動態研究と新規薬物送達法の開発

 

研究概略

薬物の体内における動きを正確に把握および予測し、さらにその動きを制御することは医薬品の有効性・安全性を高める上で重要です。薬物療法のさらなる向上を目指し、薬物の体内運命に関係する薬物側および生体側の諸要因に関する研究を行っています。

スタッフ

教授 永井 純也 (博士(薬学))

永井 純也 (博士(薬学))

担当科目

生物薬剤学1(2年)、生物薬剤学2(3年)、薬物動態解析学(3年)、
薬物動態学2(3年)、薬物動態学3(4年)、薬剤学実習(3,4年)、
特別演習・実習(5,6年)、臨床・医療薬学特論I,II(大学院)、
薬物生体機能科学特論(大学院)

所属学会
日本薬学会、日本薬剤学会、日本薬物動態学会、日本医療薬学会、日本腎臓学会、日本膜学会、日本薬学教育学会
e-mail

准教授 宮崎 誠 (博士(薬学))

宮崎 誠 (博士(薬学))

担当科目

臨床薬物動態学(6年)、薬剤学実習(3,4年)、
特別演習・実習(5,6年)、薬物生体機能科学特論(大学院)

所属学会
日本薬学会、日本薬物動態学会、日本薬剤学会、日本医療薬学会、日本TDM学会、日本時間生物学会、日本薬学教育学会
e-mail

助教 竹林 裕美子 (博士(薬学))

竹林 裕美子 (博士(薬学))

担当科目
薬剤学実習(3,4年)、特別演習・実習(5,6年)
所属学会
日本薬学会
e-mail

配属学生

【大学院生】   0名
【学部学生】   6年次生:17名、5年次生:14名

キーワード

薬物動態、トランスポーター、代謝酵素、生活習慣病、速度論解析、投与計画、生体リズム、時間治療

研究内容

(1)生活習慣病に伴う薬物動態制御分子の発現および機能変動とその分子機構に関する研究

近年、薬物動態学分野においても、分子生物学的手法が導入され、薬物の吸収、分布、代謝、排泄(ADME)に関与する薬物動態の支配因子(トランスポーターや代謝酵素など)の実体が分子レベルで次々と解明されています。一方、医薬品が投与される環境下、すなわち様々な病態時においては、種々の生理学的な変動によって薬物動態制御分子の機能や発現が変動している可能性が考えられます。研究室では、生活習慣病で見られる脂質異常症、高血糖、高血圧などによる薬物動態制御分子の発現・機能変動を分子レベルで解明し、ひいては病態時における薬物動態あるいは薬効の変動予測へと発展させていきたいと考えています。

画像

(2)PK-PD解析に基づく薬物投与計画の最適化と時間治療への応用

薬物治療には、薬物動態学(PK)と薬力学(PD)との関係が深く関係しています。これまでに糖尿病治療薬や高血圧治療薬、抗不整脈薬などについてPK-PDの関係を明らかにしてきました。血中薬物濃度推移と薬理効果(副作用)推移の定量的な因果関係に基づいた数理的モデリングとシミュレーションから、最適な投与計画を考える際の科学的根拠を導き出すのです。近年は、生活環境と薬物投与時刻に依存したPK-PDの関係に着目しており、光や食事のような何気ない生活環境の変化も複雑にPK-PDの関係に影響し得ることがわかってきました。今後は、生活環境の変化に応じた薬物投与計画の立案を目指します。

画像

画像

代表的論文

2017年

  1. Nishihashi K, Kawashima K, Nomura T, Urakami-Takebayashi Y, Miyazaki M, Takano M, Nagai J:Cobalt chloride induces expression and function of breast cancer resistance protein (BCRP/ABCG2) in human renal proximal tubular epithelial cell line HK-2., Biol. Pharm. Bull., 40:82-87, 2017

2016年

  1. 永井純也: 添付文書に記載されている薬物トランスポーターの基礎知識., 大阪薬科大学紀要 10:87-95, 2016

2015年

  1. Miyazaki M, Kawase T, Nishimura C, Kitamura T, Iwanaga K, Kakemi M: Pharmacokinetics and toxicity of repeated oral etoposide is altered by morphine coadministration in rats., Eur. J. Drug Metab. Pharmacokinet., 40:335-341, 2015
  2. Horibe S, Matsuda A, Tanahashi T, Inoue J, Kawauchi S, Mizuno S, Ueno M, Takahashi K, Maeda Y, Maegouchi T, Murakami Y, Yumoto R, Nagai J, Takano M: Cisplatin resistance in human lung cancer cells is linked with dysregulation of cell cycle associated proteins., Life Sci.124: 31-40, 2015

2014年

  1. Nagai J, Yamamoto A, Katagiri Y, Yumoto R, Takano M: Fatty acid-bearing albumin but not fatty acid-depleted albumin induces HIF-1 activation in human renal proximal tubular epithelial cell line HK-2., Biochem. Biophys. Res. Commun.450: 476-481, 2014
  2. Nagai J, Takano M: Entry of aminoglycosides into renal tubular epithelial cells via endocytosis-dependent and endocytosis-independent pathways., Biochem. Pharmacol.90:331-337, 2014
  3. Takano M, Kakizoe S, Kawami M, Nagai J, Patanasethanont D, Sripanidkulchai B, Yumoto R: 
    Modulation of P-glycoprotein function and multidrug resistance in cancer cells by Thai plant extracts., Pharmazie69: 823-828, 2014
  4. Miyazaki M, Nishimura C, Minamida M, Iwanaga K, Kakemi M: Pharmacokinetic assessment of absorptive interaction of oral etoposide and morphine in rats., Biol. Pharm. Bull.37:371-377, 2014
  5. Iwanaga K, Kawabata Y, Miyazaki M, Kakemi M: Quantitative analysis of the effect of triglyceride alkyl-chain length on the partitioning of highly lipophilic compounds to the mesenteric lymph in intestinal cells., Arch. Pharm. Res., 37:937-946, 2014

2013年

  1. Nagai J, Yamamoto A, Yumoto R, Takano, M: Albumin overload induces expression of hypoxia-inducible factor 1 alpha and its target genes in HK-2 human renal proximal tubular cell line., Biochem. Biophys. Res. Commun., 434:670-675, 2013
  2. Nagai J, Komeda T, Katagiri Y, Yumoto R, Takano M: Characterization of protamine uptake by opossum kidney epithelial cells., Biol. Pharm. Bull., 36:1942-1949, 2013
  3.  Nagai J, Komeda T, Yumoto R, Takano M: Effect of protamine on gentamicin accumulation in opossum kidney epithelial cells., J. Pharm. Pharmacol., 65:441-446, 2013
  4. Mimaki S, Nagai J, Yumoto R, Takano M: Pharmacokinetics of FITC-labeled immunoglobulin G in normal mice and mice with cisplatin-induced acute kidney injury., Current Topics in Pharmacology, 17:25-32, 2013
  5. Nagai J, Kimura M, Okada Y, Yumoto R, Takano M: Effect of gadolinium on endocytic uptake of albumin in cultured human renal proximal tubular epithelial cells., Current Topics in Pharmacology, 17:33-44, 2013
  6. Iwanaga K, Kato S, Miyazaki M, Kakemi M: Enhancing the intestinal absorption of poorly water-soluble weak-acidic compound by controlling local pH., Drug Dev. Ind. Pharm., 39:1887–1894, 2013
  7. Iwanaga K, Honjo T, Miyazaki M, Kakemi M: Time-dependent changes in hepatic and intestinal induction of cytochrome P450 3A after administration of dexamethasone to rats., 
    Xenobiotica,
     43:765–773, 2013
  8. Nagai J, Takano M: Gp60-mediated transport of albumin in endothelial and non-endothelial cells In "HUMAN SERUM ALBUMIN", ed. by Otagiri M, Sojo University, Japan, pp.123-135, 2013
2012年
  1. Sawada T, Nagai J, Okada Y, Yumoto R, Takano M: Gadolinium modulates gentamicin uptake via an endocytosis-independent pathway in HK-2 human renal proximal tubular cell line., Eur. J. Pharmacol., 684:146-153, 2012
  2. Ohno H, Nagai J, Kurokawa T, Sonoda M, Yumoto R, Takano M: Effect of aqueous extract from the root cortex of Aralia elata on intestinal α-glucosidases and postprandial glycemic response in mice., International Journal of Phytomedicine, 4:567-572, 2012
  3. Iwanaga K, Arimune K, Miyazaki M, Shibano M, Taniguchi M, Baba K, Kakemi M: Effects of furanocoumarins in Kampo extract medicines on rat intestinal absorption of CYP3A and P-glycoprotein substrate drugs in vivo., Arch. Pharm. Res., 35:1055-1064, 2012
  4. Shimizu R, Miyazaki M, Iwanaga K, Kakemi M: The pharmacokinetic-pharmacodynamic assessment of the hypotensive effect after coadministration of losartan and hydrochlorothiazide in spontaneously hypertensive rats., Drug Metab. Pharmacokinet., 27:207-215, 2012
  5. Iwanaga K, Kawai M, Miyazaki M, Kakemi M: Application of organogels as oral controlled release formulations of hydrophilic drugs., Int. J. Pharm., 436:869-872, 2012
  6. 釘山直子,岩永一範,宮崎 誠,掛見正郎: 抗リウマチ薬の関節内投与のための最適製剤設計に関する基本的検討., 大阪薬科大学紀要, 6:51-60, 2012


ページトップ