HOME  > 学部・大学院 > 研究室一覧 > 薬物治療学研究室

研究室一覧

薬物治療学研究室

研究テーマ

脳と精神と行動に関する障害の治療法および酸化ストレス疾患の病態解明に関する研究

研究概略

 脳と精神と行動に関するさまざまな障害の原因・予防・治療・ケア等について、臨床医学・薬物治療学的観点からの臨床研究と、ラット等を用いた神経科学的研究を、並行して行っている。現在取り組んでいるのは、睡眠及び依存に関する神経科学的研究、抗精神病薬に関する臨床研究である。また、当研究室では、肥満・糖尿病合併症を含め種々の酸化ストレス疾患の病態解明ならびに予防法の確立を目指している。

スタッフ

教授 松村 人志(医学博士)

松村 人志(医学博士)

担当科目
病態・薬物治療学演習(6年)、薬物治療学3(4年)、薬物治療学4(3年)、薬学入門(1年)、人体の構造と病態1(1年)、早期体験学習2(1年)、臨床・医療薬学特論Ⅰ(大学院)、臨床連携治療演習(大学院)、病態評価演習(大学院)、特別演習PBL(大学院)
所属学会
日本精神神経学会、日本臨床精神神経薬理学会、日本睡眠学会、アルコール・薬物依存関連学会
e-mail

准教授 幸田 祐佳(博士 (薬学))

幸田  祐佳(博士 (薬学))

担当科目
病態・薬物治療学演習(6年)、薬物治療学3(4年)、薬学英語(4年)、人体の構造と病態1(1年)、早期体験学習2(1年)、病態評価演習(大学院)、特別演習PBL(大学院)
所属学会
日本薬理学会、日本毒性学会、日本腎臓学会、日本薬学会、日本ビタミン学会、日本酸化ストレス学会、日本循環器学会、日本肥満学会
e-mail

助教 田中 早織(博士(薬科学))

田中  早織(修士(薬学))

担当科目
早期体験学習2(1年)
所属学会
日本薬学会、日本生理学会、日本潰瘍学会、日本薬学教育学会
e-mail

配属学生

【大学院生】   0名
【学部学生】   6年次生:17名、5年次生:17名

研究内容

(1)脳機能を維持するための体内機序、特に睡眠の調節系とその役割に関する研究
(2)精神疾患に関する臨床研究及び基礎研究
(3)耐糖能異常と酸化ストレス疾患の発症・進展機序に関する研究
(4)生体防御の視点からみた上皮膜機能に関する研究

代表的論文

2016年

  1. Kohda Y, Minamigawa C, Matsuo M, Matsumura H: Streptozotocin-induced diabetic state triggers glucose-dependent insulinotropic polypeptide (GIP) expression in the rat liver., Fund. Toxicol. Sci., 3:291-296, 2016

  2. Tanaka S, Hosogi S, Sawabe Y, Shimamoto C, Matsumura H, Inui T, Marunaka Y, Nakahari T: PPARα induced NOS1 phosphorylation via PI3K/Akt in guinea pig antral mucous cells., NO-enhancement in Ca2+-regulated exocytosis., Biomedical Research, 37:167-178, 2016

  3. 幸田祐佳, 松村人志: チアミン誘導体AThTPは酸化ストレスを修飾する.フリーラジカル-腎疾患との新たな関わり., 腎と透析81., 東京医学社, p. 1003-1006, 2016

2015年

  1. Y. Kohda, K. Iwatate, T. Tanaka, H. Matsumura Metabolic fate of excessive glucose in fibroblast cells in a diabetic setting., Fund. Toxicol. Sci., 2:55-60, 2015

  2. 田中早織、中張隆司: 胃幽門腺粘液開口放出のアラキドン酸/PPARαによる増強.,膜(MEMBRANE), 40:272-277, 2015

2014年

  1. Tanaka S, Sugiyama N, Takahashi Y, Mantoku D, Sawabe Y, Kuwabara H, Nakano T, Shimamoto C, Matsumura H, Marunaka Y, Nakahari T: PPARα autocrine regulation of Ca2+-regulated exocytosis in guinea pig antral mucous cells: NO and cGMP accumulation., Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol., 307:G1169-G1179, 2014

2013年

  1. Tanaka S, Tanaka R, Harada S, Kohda Y, Matsumura H, Shimamoto C, Sawabe Y, Marunaka Y, Kuwabara H, Takahashi Y, Ito S, Nakahari T: A PKG inhibitor increases Ca2+-regulated exocytosis in guinea pig antral mucous cells: cAMP accumulation via PDE2A inhibition., Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol., 304:G773-G780, 2013

  2. Harada S, Tanaka S, Takahashi Y, Matsumura H, Shimamoto C, Nakano T, Kuwabara H, Sawabe Y, Nakahari T: Inhibition of Ca2+-regulated exocytosis by levetiracetam, a ligand for SV2A, in antral mucous cells of guinea pigs., Eur J Pharmacol., 721:185-192, 2013

2012年

  1. Kohda Y, Tanaka T, Matsumura H: Effect of thiamine repletion on cardiac fibrosis and protein O-glycosylation in diabetic cardiomyopathy., Journal of Diabetes & Metabolism S7:001, 2012

  2. Kohda Y, Tanaka T, Matsumura H: Role of thiamine in obesity-related diabetes: Modification of the gene expression., Food and Nutritional Components in Focus, The Royal Society of Chemistry., 580-591, 2012


ページトップ