HOME  > 学部・大学院 > 研究室一覧 > 社会薬学・薬局管理学研究室

研究室一覧

社会薬学・薬局管理学研究室

研究テーマ

薬学の社会への適応

研究概略

薬局が薬学を基礎に地域医療や健康増進に貢献できる場となるために、薬剤師が取り組むべきテーマを問題意識の中心に据え、学際的アプローチによる具体的な仕組みや方法の立案(Plan)、現場での実践(Do)、アウトカムの検証(Check)、仕組みや方法の見直し・改善(Act)を含むPDCAサイクルを活用して研究を展開しています。

スタッフ

教授 恩田 光子(博士(医学))/(博士(国際公共政策))

恩田 光子(博士(医学))/(博士(国際公共政策))

担当科目
薬事関連法・制度(4年)、コミュニティファーマシー(4年)、
医薬品情報評価学(6年)、臨床導入学習1(4年)、
臨床導入学習2(4年)、 病院実務実習(5年)、薬局実務実習(5年)、
特別演習・実習1(5年)、 特別演習・実習2(6年)、
医療薬学総論(大学院)、 医療評価薬学特論I(大学院)、
医療評価薬学特論II(大学院)
所属学会
日本薬学会、日本医療薬学会、日本社会薬学会、日本医薬品情報学会、
日本薬剤疫学会、日本老年薬学会、日本医療・病院管理学会、
日本医療マネジメント学会、日本プライマリ・ケア連合学会、
ISPOR(国際医薬経済・アウトカム研究学会)

e-mail

配属学生

【大学院生】   0名
【学部学生】   6年次生:14名、5年次生:17名 (臨床実践薬学研究室との合計)

 

キーワード

薬局、薬剤師、地域包括ケア、多職種連携、セルフメディケーション、医療経済

研究内容

(1)医師-薬剤師連携による高齢者の薬物療法適正化に関する研究
(2)薬剤師による在宅ケアサービスのアウトカムに関する研究
(3)慢性疾患管理による地域ケアモデルの構築とその臨床・経済的効果に関する研究
(4)健康行動理論に基づく風邪様症状を対象とした面談アルゴリズムの作成と有用性の検証
(5)薬局におけるセルフメディケーション支援サービスの普及に関する研究
(6)薬局を起点とした認知症早期発見体制の構築に関する研究
(7)介護施設における薬物療法上の問題と薬剤師による関与の効果に関する研究
(8)医薬品情報の授受に関するギャップ分析
(9)服薬アドヒアランスへの影響要因に関する研究
(10)諸外国における薬剤使用状況等に関する調査研究

参考論文

  1. 1) Jpn. J. Drug Inform. 15: 155-164, 2014
  2. 2) YAKUGAKU ZASSHI 135: 1057-1067, 2015
  3. 3) Jpn. J. Drug Inform. 17: 21-33,2015
  4. 4) BMJ Open 2015; 5:e007581 doi: 10.1136/bmjopen-2015-007581
  5. 5) Pharmacology & Pharmacy; DOI: 10.4236/pp.2016.73016

代表的論文

2016年

  1. Shoji M, Iwade K, Fujii K, Hirota M, Kanou A, Moriya M, Ishii M, Shimoji S, Onda M, ArakawaY: How Patient-Pharmacist Communication Using the Drug Profile Book Relates to Patients’ Behavior regarding Its Use. YAKUGAKU ZASSHI 136: 1427-1431.
  2. Okada H, Onda M, Shoji M, Kotani K, Nakayama T, Nakagawa Y, Sakane N: Effects of Lifestyle Intervention Performed by Community Pharmacists on Glycemic Control in Patients with Type 2 Diabetes: The Community Pharmacists Assist (Compass) Project, a Pragmatic Cluster Randomized Trial. Pharmacology & Pharmacy 7: 124-132. DOI:10.4236/pp.2016.73016, 2016
  3. Shoji M, Onda M, Arakawa Y: Effect on Patient Safety of Brief Interventions Performed by Pharmacists via Drug Profile Books: VISualization of Treatment Assist by pharmacists (VISTA) Project in Japan. Pharmacology & Pharmacy 7: 176-183.DOI: 10.4326/pp.2016.74023, 2016
  4. 七海陽子,恩田光子,今井博久:在宅訪問業務を実施している薬局の属性と業務内容との関連から見出された今後あるべき薬局像~全国調査による分析的観察研究からの考察~. 日本薬剤師会雑誌 68: 35-39.
  5. 櫻井秀彦,恩田光子,野呂瀬崇彦,柳本ひとみ,古田精一:医薬分業下における外来慢性疾患患者の服薬アドヒアランスと医療サービス評価の関連性:残薬削減とかかりつけ薬局を志向した実証研究. 社会薬学 35: 23-33.
  6. 中雄介,恩田光子,山根有香子,川口祐司,中野翔太,荒川行生:OTC薬購入時における薬剤師・登録販売者に対する生活者の相談意向に影響を与える要因-風邪様症状に着目した検討-. 医薬品情報学 18: 81-86.
  7. 恩田光子,今井博久,正野貴子,高田百合菜,藤井真吾,七海陽子,荒川行生:在宅患者における薬物治療に伴う副作用-全国調査からの考察-. 薬剤疫学 21: 1-11.
  8. Okada H, Onda M, Kamal KM, Pharm M, Tsuyuki RT et al.: Community Pharmacy: An International Comparison (Nova Science Publishers) Chaper 1. Community Pharmacy in Japan.
  9. 宮本法子,福島紀子,諏訪俊男,岸本桂子,鈴木政雄,秋本義雄,鈴木順子,早瀬幸俊,飯田耕太郎,亀井美和子,岡崎光洋,恩田光子,中村武夫:これからの社会薬学[改2版増補](南江堂) p.171-179.
  10. 平井みどり,秋下雅弘,恩田光子,木村丈司,西岡達也,宇田篤,的場俊哉,宮田靖志:薬剤師が解決するポリファーマシー(羊土社) p.164-190.
  11. 北和也,青木拓也,恩田光子,片岡裕貴,矢吹拓,他24名:今日から取り組む 実践! さよならポリファーマシー(じほう) p.12-21.

2015年

  1. Onda M, Imai H, Takada Y, Fujii S, Shono T, Nanaumi Y: Identification and prevalence of adverse drug events caused by potentially inappropriate medication in homebound elderly patients: a retrospective study using a nationwide survey in Japan. BMJ Open 5, e007581. doi: 10.1136/bmjopen-2015-007581
  2. Nanaumi Y, Onda M, Tsubota K, Tanaka R, Mukai Y, Matoba S, Tanaka Y, Arakawa Y: Effectiveness of Pharmacists’ Comprehensive Assessment of Medication Profiles in Dementia Patients. YAKUGAKU ZASSHI 135, 1057-1067.
  3. 福島修輝,恩田光子,中園満,川口祐司,中野翔太,藤井真吾,田中有香,荒川行生: 一般用医薬品のインターネット販売に対する生活者の意向-テキストマイニングによる検討-. 医薬品情報学 16, 186-192.
  4. 庄司雅紀,恩田光子,岩出賢太郎,荒川行生:降圧剤服用患者におけるお薬手帳の持参割合および手帳シールの貼付割合に影響を及ぼす要因. 医療薬学 41, 139-146.
  5. 恩田光子,今井博久,七海陽子,平野章光,藤井真吾,荒川行生:薬剤師による在宅患者訪問に係る業務量と薬物治療アウトカムの関連. 薬学雑誌 135, 519-527.
  6. 恩田光子,今井博久,春日美香,安田実央,下村真美子,岡本夏実,高田百合菜,七海陽子,田中有香,荒川行生:薬剤師の在宅医療サービスによる残薬解消効果. 医薬品情報学 17, 21-33.(日本医薬品情報学会最優秀論文賞受賞論文)
  7. 恩田光子,亀井美和子,河原敦,木村和子,嶋田修治,白神誠,鈴木順子,中村健,成川衛:薬事法規・制度・倫理マニュアル[改訂12版](南山堂)p.9-12, 97-104, 149-152, 185-187, 193-194, 203-204.
  8. 望月眞弓,山田浩,恩田光子,山本美智子,橋詰勉,他14名:薬学テキストシリーズ 医薬品情報学ワークブック(朝倉書店) p.155-169.

2014年

  1. Tanaka Y, Onda M, Nanaumi Y, Tanaka R, Tsubota K, Matoba S, MukaiY, Arakawa Y: An Attempt at Objective Evaluation of the Current Situation of Concomitant Drug Use for Dementia Outpatients at Community Pharmacies. Japanese Journal of Drug Informatics 15, 155-164.(日本医薬品情報学会最優秀論文賞受賞論文)
  2. Shoji M, Onda M, Okada H, Arakawa Y, Sakane N: A Study about “YARIGAI”: What Makes Work Worth Doing for the Community Pharmacists Who Participated in a Workshop of the COMPASS Project. Japanese Journal of Social Pharmacy33, 2-7.
  3. 庄司雅紀,恩田光子,岡田浩,田村啓,西田桂大,東浦崇光,荒川行生,坂根直樹: 薬局薬剤師が2型糖尿病患者から受ける質問内容に関するテキストアナリシス.日本健康教育学会誌 22, 50-56.
  4. 森弘基, 久保貴弘, 福井慧美, 神山良介, 片岡大亮, 酒井孝征, 今中理沙, 庄司雅紀, 田中成浩, 恩田光子:当院での介護予防教室の取り組みについて-半年後のフォローアップから見えてきたもの-. 理学療法湖都 33, 30-33.
  5. 勝見英正,山本昌,小暮健太朗,濱進,坂根稔康,恩田光子,他114名:注射剤・経口製剤に代わる新しい薬剤投与デバイスの開発(技術情報協会)p.227-232.
  6. 池田俊也,伊勢雄也,上塚芳郎,恩田光子,川渕孝一,他49名:医療経済評価の具体的な活用法(技術情報協会) p.61-66.

2013年

  1. Onda M, Imai H, KataokaY, Takamatsu M, Tanaka M, Tanaka H, Nanaumi Y, Arakawa Y: A Preliminary Study about the Relationship between Workload and the Outcomes of Community Pharmacists’ Home Visiting Service. Japanese Journal of Social Pharmacy 32, 2-7.
  2. 川祥彦,恩田光子,岡本昌樹,藤井睦子,的場俊哉,三原愛,荒川行生:咳に対する生活者のOTC医薬品購入の実態と薬剤師の課題. Clinical Pharmacist  5, 102-104.
  3. 櫻井秀彦, 恩田光子, 中川明子, 藤本佳乃子, 奥田勅子,岡山浩之, 荒川行生, 早瀬幸俊: 保険薬局における調剤ミス要因の定量的分析. 医薬品情報学 15, 118-123.
  4. 庄司雅紀,恩田光子,岡田浩,大久保賢人,小田智晴,加藤紗希,坂根直樹:保険薬局来局患者の経口血糖降下薬の服薬条件とアドヒアランスの関連について.くすりと糖尿 2, 104-108.
  5. 泉澤恵,恩田光子,亀井美和子,木村和子,嶋田修治,白神誠,鈴木順子,中村健,成川衛: 薬事法規・制度・倫理マニュアル[改訂11版](南山堂) p.51-58, 100-103, 135-139, 172-176.
  6. 宮本法子,福島紀子,諏訪俊男,岸本桂子,鈴木政雄,秋本義雄,鈴木順子,早瀬幸俊,飯田耕太郎,亀井美和子,岡崎光洋,恩田光子,中村武夫:これからの社会薬学[改2版](南江堂) p.161-168.
  7. 中村健,白神誠,岡部陽二,亀井美和子,浦谷久美子,成川衛,恩田光子:諸外国の薬剤給付制度と動向[改訂版](薬事日報社)p.159-241.
  8. 恩田光子,砂川雅之,森脇健介,柳澤振一郎:詳説 薬剤経済学[改訂2版](京都廣川書店) p.1-21.

2012年

  1. Nanaumi Y, Onda M, Mukai Y, Tanaka R, Tubota K, Matoba S, Tanaka Y, Arakawa Y: Factors Related to Medication Adherence of Cognitively Impaired Patients in Community Pharmacies. Pharmacology & Pharmacy3, 368-380.DOI:10.4236/pp.2012.33050 ,2012
  2. Sugimoto K, Onda M, Hashimoto S, Matsumura Y, Zhang Q, Fujino Y, Tomono K, Awakawa Y: Factors Affecting the Effect of Treatment of VCM Based on the Quantity of MRSA for Hospital-Acquired Pneumonia. Japanese Journal of Drug Informatics 14, 105-109.
  3. 七海陽子,的場俊哉,恩田光子,田中理恵,坪田賢一,向井裕亮,櫻井秀彦,早瀬幸俊,荒川行生:訪問薬剤管理指導を受けている認知症治療薬服用患者の属性および服薬アドヒアランスとの関連要因に関する予備的研究. 薬学雑誌 132, 387-393.
  4. 廣谷芳彦,八十永理,的場俊哉,池田賢二,恩田光子,川瀬雅也,明徳倫明:保険薬局における在宅医療への実施状況と薬剤師の意識・意見に関する調査研究. 医療薬学 38, 371-378.
  5. 廣谷芳彦,八十永理,川瀬雅也,恩田光子,三田康子,池田賢二,名徳倫明:平成22年度調剤報酬改定後における後発医薬品の使用状況と薬剤師の意識に関する調査.ジェネリック研究 6, 13-19.
  6. 的場俊哉,恩田光子,三原 愛,岡本昌樹,藤井睦子,森川祥彦,荒川行生:セルフメディケーションにおける、咳・痰の症状に対する生活者の知識及びOTC薬選択との関連要因に関する調査研究. 社会薬学 31, 36-40.
  7. 石津隆,恩田光子,神村英利,木方正,小竹武,佐藤拓夫,田中大三,早瀬幸俊,丸山徳見,八木直美,安田一郎:わかりやすい薬事関係法規・制度[第2版](廣川書店) p.311-321.


ページトップ