HOME  > 学部・大学院 > 研究室一覧 > 臨床実践薬学研究室

研究室一覧

臨床実践薬学研究室

研究テーマ

 基礎から応用的なものまで、広く臨床現場にテーマを求め、薬学的アプローチによりこれらの解析を行っています。また、これら研究を通し、医療およびその担い手について考えます。

研究概略

 ●病院感染原因菌の薬剤抵抗性

 ●ペプチド・タンパク質の微量測定法

スタッフ

教授 荒川 行生 (博士(医学))

荒川  行生 (博士(医学))

担当科目
臨床導入学習1(4年)、臨床導入学習2(4年)、 病院実務実習(5年)、
薬局実務実習(5年)、特別演習・実習(4年~6年)、
医療薬学総論(大学院)、臨床連携治療演習(大学院)、
臨床・医療薬学特論I(大学院)、臨床・医療薬学特論II(大学院)、
病態評価演習(大学院)
所属学会
および
社会活動
日本化学療法学会、日本農芸化学会、日本細菌学会、
日本微生物生態学会、日本薬学会(近畿支部委員)、夏休み子ども大学

  e-mail

配属学生

【大学院生】   0名
【学部学生】   6年次生:17名、5年次生:15名、4年生:13名

キーワード

病院感染、抗菌薬耐性菌、細菌バイオフィルム、感染制御チーム、ペプチドホルモン

研究内容

 病院日和見感染症および器具関連感染症の原因菌について、抗菌薬抵抗性とそのバイオフィルム形成能との関連、および感染治療の可能性を研究する。

代表的論文

2016年

  1. Masaki Shoji, Kentaro Iwade, Keiko Fujii, Miyuki Hirota, Akira Kanou, Mami Moriya, Masaki Ishii, Shizuka Shimoji, Mitsuko Onda, Yukio Arakawa: How Patient-Pharmacist Communication Using the Drug Profile Book Relates to Patient’s Behavior regarding Its Use., YAKUGAKU ZASSHI, 136: 1427-1431, 2016.
  2. Masaki Shoji, Mitsuko Onda, Yukio Arakawa: Effect on Patient Safety of Brief Interventions Performed by Pharmacists via Drug Profile Books: VISualization of Treatment Assist by pharmacists (VISTA) Project in Japan., Pharmacology & Pharmacy, 176-183 DOI: 10.4326/pp.2016.74023, 2016.

2015年

  1. Yoko NANAUMI, Mitsuko ONDA, Kenichi TSUBOTA, Rie TANAKA, Yusuke MUKAI, Syunya MATOBA, Yuka TANAKA, Yukio ARAKAWA: Effectiveness of Pharmacists’ Comprehensive Assessment of Medication Profiles in Dementia Patients., YAKUGAKU ZASSHI, 135: 1057-1067, 2015.

2014年

  1. Yuka TANAKA, Mitsuko ONDA, Yoko NANAUMI, RIE TANAKA, Kenichi TSUBOTA, Syunya MATOBA, Yusuke MUKAI, Yukio ARAKAWA: An Attempt at Objective Evaluation of the Current Situation of Concomitant Drug Use for Dementia Outpatients at Community Pharmacies. Jpn. J. Drug Inform., 15: 155-164, 2014.

  2. Masaki SHOJI, Mitsuko ONDA, Hiroshi OKADA, Yukio ARAKAWA, Naoki SAKANE: A Study about “YARIGAI”: What Makes Work Worth Doing for the Community Pharmacists Who Participated in a Workshop of the COMPASS Project., Jpn. J. Soc. Pharm., 33: 2-7, 2014.

2013年

  1. Mitsuko ONDA, Hirohisa IMAI, Yuta KATAOKA, Makoto TAKAMATSU, Masako TANAKA, Hidekazu TANAKA, Yoko NANAUMI, Yukio ARAKAWA: Preliminary Study about the Relationship between Workload and the Outcomes of Community Pharmacists’ Home Visiting Service., Jpn. J. Soc. Pharm., 32: 2-7 , 2013.

2012年

  1. Yoko NANAUMI, Mitsuko ONDA, Yusuke MUKAI, Rie TANAKA, Kenichi TSUBOTA, Syunya MATOBA, Yuka TANAKA, Yukio ARAKAWA: Factors Related to Medication Adherence of Cognitively Impaired Patients in Community Pharmacy., Pharmacology & Pharmacy, 3: 376-388, 2012.

  2. Kayo SUGIMOTO, Mitsuko ONDA, Shoji HASHIMOTO, Yasushi MATSUMURA, Qiyan ZHANG, Yuji FUJINO, Kazunori TOMONO, Yukio ARAKAWA: Factors Affecting the Effect of Treatment of VCM Based on the Quantity of MRSA for Hospital-Acquired Pneumonia., Jpn. J. Drug Inform., 14: 94-100, 2012.


ページトップ