HOME  > 学部・大学院 > 研究室一覧 > 環境医療学グループ

研究室一覧

環境医療学グループ

研究テーマ

[阪本恭子教授]

 「子ども」に関する生命医療倫理的視座からの研究


[当麻成人准教授]

 水球競技のトレーニング方法の開発研究および
 高齢者の健康づくりのための研究

研究概略

[阪本恭子教授]

 胎児、新生児、青少年など多種多様な「子ども」に関する諸問題を、生命医療倫理的視座から検討して、今後の課題と対策を提示する。


[当麻成人准教授]

 水球競技は近年益々スピード化、近代化しています。このような条件下で勝利するための技術練習方法、指導方法ならびに普及のための研究。効率的、効果的に相手チームを上回るために必要なゲーム分析、組織的攻防において重要となるチームワーク、コミュニケーションに関する研究などに取り組んでいます。また、高齢者の健康保持増進のための研究にも取り組んでいます。

スタッフ

教授 阪本 恭子 (博士(文学))

阪本 恭子(博士(文学))

担当科目
生命医療倫理(4年)、倫理と社会(1・2年)、薬学入門(1年)、
ドイツ語1・2(1年)
所属学会
および
社会活動
日本道徳教育学会、日本医学哲学・倫理学会、日本生命倫理学会、
日本子ども虐待防止学会、
国立循環器病研究センター治験審査委員会ならびに特定認定再生医療委員会委員、先端医療センター倫理審査委員会委員
e-mail

准教授 当麻 成人 (体育学修士)

当麻 成人(体育学修士)

担当科目
身体運動科学(1年)、コーチング論(1,2年)、
スポーツ・運動実習1(1年)、スポーツ・運動実習2(1,2年)
所属学会
および
社会活動
日本体育学会、日本体力医学会、体育測定評価学会、日本教育医学会、
大阪水泳協会評議員、大阪府水球競技国体監督、
愛媛県水球競技アドバイザー、青森県アスリートネットワーク理事、
茨木高校水球部監督
e-mail

代表的論文

[阪本恭子教授]

2017年
  1. 阪本恭子,西川隆義:医療人と「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」,大阪薬科大学紀要Vol.11,大阪薬科大学,pp.39- 46, 2017
2015年
  1. 阪本恭子:赤ちゃんポストの今後のあり方を見直す―日独の現状を比較しながら., 生命倫理 通巻26号., 日本生命倫理学会, pp.78-86, 2015
2014年
  1. 阪本恭子:医療教育におけるヒューマニズムの原点―ニーチェの教育観と人間観を手がかりにして., 大阪薬科大学紀要 Vol.8, 大阪薬科大学, pp.75-86, 2014
2012年以前
  1. 阪本恭子:これからの家族と介護の関わり―ドイツ家族介護期間法., 医療・生命と倫理・社会 第11号, 大阪大学医学系研究科・医の倫理, pp. P.102-110, 2012
  2. Sakamoto K: Baby-Post in Japan and Related Issues to be Solved., Journal of Philosophy and Ethics in Health Care and Medicine No.4, Japanese Association for Philosophical and Ethical Researches in Medicine, pp.55-68, 2010

[当麻成人准教授]

2015年
  1. 当麻成人:-市民講座- 健康寿命について考える.. 大阪薬科大学紀要Vol.9.大阪薬科大学,pp.35-41,2015
2014年
  1. 当麻成人他:在宅医療の充実に向けて-地域医療での薬剤師の新たな役割を考える-..大阪薬科大学紀要Vol.8,大阪薬科大学,pp91-93,2014
2012年以前
  1. 当麻成人他:高齢者におけるフットタッピング動作による測定屈および足背屈最大筋力簡易推定法の提案..神奈川体育学会..体育研究46号,pp.24-29,2012
  2. 当麻成人:水球競技の初心者指導2..大阪薬科大学紀要Vol.3,大阪薬科大学,pp.31-36,2009
  3. 当麻成人他:運動継続のための新たな運動処方..松山大学論集第20巻2号,pp.243-259,2009


ページトップ