HOME  > 学部・大学院 > 学部案内 > 薬学部案内 平成29(2017)年度入学生まで

学部案内

薬学部案内 平成29(2017)年度入学生まで

教育理念

 進取の精神に立って知の創造に努め、地域に根ざした大学として、医療を通じて豊かで健康的な社会の実現に貢献する。 

大学の目的

 広く知識を授けると共に深く薬学に関する教育研究を行い、有為な人材を育成し、人類の福祉と文化の向上に寄与することを目的とする。 

学部の目的

 豊かな教養と薬学及び生命科学の深奥なる知識を身に付けさせるとともに、高い人権意識と深い人間愛を併せ持つ人材を育成する。 

段階的に基礎から応用へ確実に学ぶ

 「基礎教育科目」「基礎薬学科目」「応用薬学科目」そして「医療薬学科目」へとステップアップして、 薬学の基礎知識をしっかり学んだ上で、社会に貢献できる薬剤師および薬学スペシャリストを養成します。

薬学部

 薬学部には、「薬学科」と「薬科学科」の2学科を設けていますが、入学時には学科の区別を行いません。薬学の知識や技能を発揮できるフィールドは実に多彩です。個々の指向や能力に合う分野を、薬学の基礎、応用をしっかりと学ぶ1〜3年次で見極め、4年次の進級時にどちらかの学科を選択し、将来的に必要な専門知識や技術を効果的に修得します。

将来設計に合わせて選べる2学科を用意

 医療現場で求められる即戦力の薬剤師を目指す6年制課程と、研究職をはじめ様々な薬学関連分野での活躍を見据え大学院薬科学専攻博士前期課程と一体化して薬学スペシャリストを目指す4年制課程。
どちらも基礎教育から応用教育へとステップアップしながら、将来目標とする進路に応じた知識や能力を着実に磨きます。

学びの流れ


学びの流れ

薬学部 薬学科

社会に貢献できる実力ある薬剤師を養成します。

薬学部 薬学科は、薬を主体として生体との関わりにおいて薬が及ぼす諸現象を総合的に科学する学科と位置づけ、薬と生体との関連を有機的・体系的に教育するカリキュラムを採用しています。医薬品の使い方と効かせ方、医薬品管理と医薬品情報など、薬剤師として必要な専門知識を基礎から理解できるようにします。5年次、6年次では高度医療に対応できる薬剤師育成のための実践的なプログラムが用意されており、高い実践能力と倫理観、使命感を併せ持つ質の高い薬剤師を育成します。

目的

 薬学科は、薬に対する幅広い知識を持つとともに、医療人に相応しい、高い実践能力と研究力、倫理観と使命感を併せ持つ、社会に貢献できる質の高い薬剤師の養成を目的とする。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 薬学科において、必要な所定の単位を修得し、以下の資質と能力を有した学生に対して卒業を認定し、「学士(薬学)」を授与します。


  1. 医療人として相応しい倫理観と社会性を有していること。
  2. 国際化に対応できる基礎的な語学力を有していること。
  3. 薬の専門家として必要な幅広い科学的知識・技能・態度を有していること。
  4. 薬剤師として医療に関わるための基本的知識・技能・態度を有していること。
  5. チーム医療や薬物療法に必要な専門的知識・技能・態度を有していること。
  6. 薬の専門家に必要なコミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力を有していること。
  7. 地域における必要な情報を適切に発信し、人々の健康増進、公衆衛生の向上に貢献する能力を有していること。
  8. 薬学・医療の進歩に対応するために自己研鑽し、次なる人材を育成する意欲と態度を有していること。
  9. 薬学・医療の進歩と改善に役立てる研究を遂行する意欲と科学的根拠・研究に基づく問題発見・解決能力を有していること。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

薬学科では、薬に対する幅広い知識を持つとともに、医療人に相応しい、高い実践能力と研究力、倫理観と使命感を併せ持つ、社会に貢献できる質の高い薬剤師の養成を目的とし、以下のカリキュラムを編成しています。

1.基礎教育・ヒューマニズム教育

   薬学を学ぶ上での基礎学力の養成と医療人に相応しい倫理観と社会性、及びコミュニケーション能力の基本を身に付けます。


2.語学教育

   国際化に対応できる語学力を養います。


3.薬学専門教育

   「薬学教育モデル・コアカリキュラム」を基本とした、薬物に関する幅広い科学的知識を修得します。


4.医療薬学教育

   薬の専門家として患者や医療チームから信頼される薬剤師を養成します。また、薬剤師として必要な知識・技能及び態度を修得するために、病院と薬局において参加型実務実習を行い、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力及び生涯にわたる自己研鑽力と次世代を担う人材を育成する意欲と態度の必要性を体得します。さらに、地域における人々の健康増進、公衆衛生の向上に貢献する能力を養います。


5.実習科目

   講義で得た知識に基づいて、研究活動に必要な技能・態度を身に付けます。さらに、問題発見・解決能力を醸成するために、4年次から研究室に所属し卒業研究を行います。

 

 

薬学部 薬科学科(平成30年度から募集停止)

社会に貢献できる実力ある薬学スペシャリストを養成します。

カリキュラム

薬科学科は、薬を生命現象の解明や制御するためのツールととらえ、生体との関わりを通して薬が及ぼす機能・作用を解析し、薬の物性、構造、反応等について総合的に科学する学科と位置づけ、薬物と生体との関連を有機的・体系的に教育するカリキュラムを採用しています。大学院薬科学専攻博士前期課程と一体化して、人が健康で快適・安全に生活するために必要な医薬品の開発その他薬学を基盤とする多様な分野が求める薬学スペシャリストを育成します。


目的

 薬科学科は、健康、生命に関する有機的・総合的な知識を持つとともに、応用力、研究力を身に付けた薬学を基盤とする多様な分野で活躍できる人材の養成を目的とする。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

 薬科学科において、必要な所定の単位を修得し、以下の資質と能力を有した学生に対して卒業を認定し、「学士(薬科学)」を授与します。

  1. 医療に関わるために必要な倫理性と社会性を身に付けていること。
  2. 国際化に対応できる基礎的な語学力を有していること。
  3. 創薬研究などに必要な基礎的知識と技能・態度を有していること。
  4. 科学的な課題を探求し、解決する能力を有していること。
  5. 研究者に必要なコミュニケーション能力及びプレゼンテーション能力を有していること。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 薬科学科では、健康、生命に関する有機的・総合的な知識を持つとともに、応用力、研究力を身に付けた薬学を基盤とする多様な分野で活躍できる人材の養成を目的とし、以下のカリキュラムを編成しています。

1.基礎教育・ヒューマニズム教育

   薬学を学ぶ上での基礎学力の養成と、医療の担い手に相応しい倫理性と社会性、及びコミュニケーション能力の基本を身に付けます。


2.語学教育

   国際化に対応できる語学力を養います。


3.薬学専門教育

   薬学の基礎知識及び薬の物性と構造、反応などの知識について体系的に修得します。


4.実習科目

   講義で得た知識に基づき、研究活動に必要な技能・態度を身に付けます。さらに、問題発見・解決能力を醸成するために研究室に所属し卒業研究を行います。

 

 


ページトップ